FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
73

風の向こうへ(14)



くじけそうになりながらも、何とか、いろは坂を抜け無事「平湯」に到着。


IMG_2369.jpg


とりあえず、写真を撮ったのは良いが、指も一緒に入ってしまった。

疲れていたからねぇ…。

奥飛騨温泉郷、平湯温泉は、湯量は豊富。

下水に温泉が流れるほどで、あちらこちらから湯気が出ている。

また、上高地への入り口としても有名。

そして駅前の蕎麦屋が絶品!


『平湯温泉旅館協同組合』


何度か来た事はあるが、まさかバイクで来ることになるとは想像もして居なかったこと。

バイクを降りると一気に疲れが襲ってくる。


峠を走りきったアイアンくんを休ませる為にも、少しのんびりしようと周辺を散策。


IMG_2371.jpg


各旅館や、お店の前にあるもの。温泉が湧き出ている。

美味しいラーメン屋さんが、駅近くにあるのを思い出し、行ってみるも準備中。

まだ11時前だったので、仕方が無い…。


IMG_2372.jpg


温泉で作る、温泉卵。ひとつ50円。

お店の人が見当たらず、勝手に一つ取り出して店内に持って行く。

お湯が熱く、素手では無理だった為、近くにあったボールに入れ持参。


さ 「あのー。温泉卵、ひとつください」

店 「はい。あれ?それどこから取りました?」

さ 「外にあったので…。」

店の人、不機嫌そうに、一緒に外に出る。

店 「それは未だ、生ですから!?そこに戻しておいて!」


さ 「すみません…」


他にも数人、食べている人が居たので、自分で取ってお金を払う方式かと勘違い。

勝手に取って悪かったけれど、何もそんな言い方しなくてもなー。


IMG_2373.jpg


塩を振ってイタダキマス。半熟卵が苦手な人は食べられないかも。

食べ終わり、別のお店に移動すると…。



IMG_2374.jpg


美味しそうな桃がプカプカ浮いていた。

桃をひとつ、手に取り

「桃ひとつください!」

と、お店の人に声をかける。

ここでは、自分で取って良かったみたい。

皮ごと、かぶりつき、口からペッと皮を出す!


食べ終わった時に、来た母娘。

娘 「桃美味しそうだね!食べたいけれど皮ごと食べるのかな?」

母 「皮ごと食べられる桃なんじゃない?」


包丁が無くても、果物は食べられるのにね。


こんなワイルドさも、キャンプで培ったもの。

さくらも以前は、こんな母娘のようだったので無理も無い。



困難な峠を抜け、何とか岐阜県まで来た。

正直、飛騨牛も高山ラーメンも、もう…どうでも良かった。



山は涼しいけれど、街はどこへ行っても暑い。


季節が夏というだけで、春や秋とは違い、大きな疲労をもたらす。


いっそのこと、平湯温泉に一泊し、長野県へ戻る?


でも、あと少し走れば、高山市。


どうする?アイアンくん…。


どうする!?さくら…。






行くぜ!高山市!!




。。。



どこまでも懲りない、ヒトとバイクである。





続く。





スポンサーサイト



2

Comment

  1. こてつぱん

    こてつぱん

    2013-09-24 (Tue) 20:26

    ずっと前に名古屋に住んでいました。
    実家の新潟にバイクで下道で帰ります。
    一日で約500kmくらい走行しました・・・
    さくらさんは凄いね!下道ライダー( ゚ー゚)ノ)"ガンバレ!!
  2. <span class=さくら" title="Re: こてつぱんさん" />

    さくら

    2013-09-24 (Tue) 20:41

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントを有難うございます(^^)

    名古屋にも居らっしゃったのですか?確か長野にもお住まいだったとか…。
    羨ましいです。
    1日500キロは凄い!そして、やはり下道なのですね!

    新潟、良いですよね!美味しいものが沢山(^O^)
    新潟に行ったら、へぎ蕎麦は絶対食べたいです。
    バイクに跨ると、つい走りすぎてしまうので困ります。
    降りた時に、疲れがどっと出るという状態ですからね^^;

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop