FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
71

風の向こうへ(12)

リトル


Iron夜


秋を感じつつも、突如、夏が逆戻りした或る日のこと。

日頃お世話になっているショップに、アイアンくんのチェーン交換に行った。

今までは、普通のチェーンだったが、今回はOリング付きのもの。

値段は多少、高くつくが長持ちするらしい。

アイアンくんのチェーンは長く、その長さはインディアン並。

チェーンを交換後、試乗を終えて戻って来たKさん。

「いやあ~!こんな調子の良いアイアンは、他に無いですよ」。


はるばる、アリゾナ州からやって来たアイアンくん。

エンジンは、まだ開けたことが無い。



36度にもなる猛暑の中、何日走っても、何百キロ走ってもトラブル無し。

そうでしょ!そうでしょ!

「こんな調子の良いアイアンは、他に無い」。

心からそう思います。



と、相棒の自慢をし、本題!



翌朝、甲州街道から、国道19号線を走る。

長野県の道は、どこを走っても山が見えて気持が良い。

立ち止まり、ぐるりと一周回って、景色を見渡すと、見渡す限りの山々。


IMG_2348.jpg


今日も、清々しい!


県道25号線を走ると


IMG_2455.jpg


『日本アルプス サラダ街道

なるものが出現!

サラダ街道」だなんて、オサレな感じだ。

地方の農道には、色々な名称が付いている。

サラダ野菜を、作っているところからの名であろうが、

「サラダ」と付くだけで、オサレな感じになるのは何故だろう。

これが、「かぼちゃ街道」だったり「大根街道」なんて名称であったなら

さほど、惹かれない。


やるな!長野県。


どこまでも続く道を、どこまでも走る。

登ったり、下ったり、視界は広く、遠く先の道までが見える。


山に入ると、やはり肌寒い。

山深くなる前に、一枚羽織ろうと道の駅に停まる。


IMG_2361.jpg


道の駅『風穴の里』


到着したのは午前8時頃。残念ながら開店前。

数えきれないほどのトンボに驚き、写真を撮るも映らず。

アミですくったなら一気に、何十匹も採れるだろうという感じである。

ここからまた、峠越え。

長いトンネルをいくつも越える。

山が大きいだけに、トンネルも長く、どれだけ走るのだろう?と

不安になるほど。

トンネルを、夜に通過するライダーは怖く無いのだろうか?

辺りはぼやけ、空気は淀み、まるで霊界への入り口…。


うぎゃああああああ!!!



何度も何度も、トンネルと峠を走るとダムに出た。

大きく「東京電力」との文字。


今年の異常な暑さで、連夜、エアコンはつけ放し。

電気代の値上げも影響し、電気代が跳ね上がった。。


使わないわけには行かないし、文句はあれど、どうにもならない。

などと思いつつ通り過ぎる。


もうすぐ、平湯!

その時である。

「安房峠道路」が立ちふさがった。


ここを、通過すれば一直線で平湯に出る。

しかし…


が、しかしっ!


立派な、有料道路なのである。



迷う…。かなり迷う。


下道に拘り走っているさくら。

料金を払う道は、下道だろうか。


すでに半日近く、峠を走っている。帰りのことも考えれば少しでも

楽な道を選ぶべきではないか?


迷う、迷えば、迷うとき…。


迷った挙句、選んだのは国道158号線、野麦街道。


「魔の野麦街道」



敢えて、こう呼ぼう。



もう…




泣きたいよおおおおお!!!!

(TOT)(TOT)(TOT)


続く。






スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop