FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
64

風の向こうへ(5)




お蕎麦屋さんで、お昼を済ませ外に出ると、容赦無く降り注ぐ強烈な日差し。

一向に涼しさを感じられないが、暫く走れば山である。

もう少しの辛抱。


夏は、どちらかと言えば、山派。

長野県は、日本アルプスが連なる名峰揃い。

山好きにとっては、憧れの地。

どこにでも山はあるが、県により、様々な山の表情が見られる。

例えば、群馬県は、ゴツゴツとした山が多い。

その形状が、蒟蒻芋の栽培に適しているという。

山の恵み。



国道142(254)号線を走ると、すうっと涼しい風が頬を撫でた。


IMG_2268.jpg


川のせせらぎ。

水のあるところには、風が立つ。

爽やかな風が、元気を運んで来てくれた。

絶景が待っていると思うと、自然にスロットルを握る手に力が入る。


県道40号線。諏訪白樺湖小諸線」という長い別称が付いてる。



IMG_2270.jpg


爽快感MAX!

思わず停まりたくなる絶景。

IMG_2273.jpg


道の反対側から、白樺林を撮影。



そこに、白バイが通り過ぎていく。

同じ白バイでも、都会を走る白バイと、絶景を走る白バイではストレス度が違うはず。

誰もが、絶景の道を走る方が良いに決まっている。

都会の白バイには「ストレス手当」など、付けてあげては如何?

どう考えても、不公平だ…。


同じ1日なのに、同じ日本なのに、気温も道路状況も正反対。

気温25度。

午前中、暑さに辟易していたのが噓のような快適さである。

なだらかな上り坂が、延々と続く。


「アイアンくんと山登り!」の始まり。




IMG_2277.jpg

この辺りからは、観光スポットだらけ。

雨境峠。

ここには5~6世紀頃の遺跡群があり、古東山道を通行する旅人の安全を祈り祭をしたとか。

昔の人は、峠を歩いて超えたんだね。しかも草履で…。

次の機会に、ゆっくりと見て周りたいと思う。




IMG_2281.jpg


蓼科牧場に放牧された馬。

先が見えない程の、広大な敷地で生活出来る馬は幸せ。

乗馬クラブで生きる馬たちは、狭い敷地内を、メリーゴーランドのように回る。

悲しそうな目をした馬たちの姿が、脳裏をよぎる。




続く。



スポンサーサイト



2

Comment

  1. こてつぱん

    こてつぱん

    2013-09-07 (Sat) 17:41

    長野に住んでいた事が以前あったけど、冬が辛かったな~
    冬どこか行こうと思うと峠を超えなければならない。
    春から秋まではバイク乗りは楽しめるけどネ・・・
    青空が綺麗です。白樺林とアイアンくんはgoodですネ!


  2. <span class=さくら" title="Re: こてつぱんさん" />

    さくら

    2013-09-07 (Sat) 19:33

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントを有難うございます(*^^)v

    おー!長野での生活経験がおありで!?
    羨ましいですが、確かに冬は過酷でしょうね…。
    そうそう!峠を越えなければ、どこへも行かれない(笑)
    夏の良い時期だけ楽しむ旅行者とは違い、土地の人の大変さはあると思います。
    あるライダーは、北海道が大好きで、暇さえあれば北海道に通うほど。
    いっその事、住んでしまえ!と移住したのは良いのですが、冬の寒さに耐え切れず
    3年で、戻って来てしまったそうです。
    やはり、旅人であるのが良いですね。

    夏の空は、真っ青で綺麗ですね!
    有難うございます。鉄製なのに、自然に溶け込むのは不思議。


Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop