FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
5

知らぬが仏 出会い編


先日のキャンプミーティングでの事。

翌朝、水場へ行った所

「マムシに注意」

との、看板を見つけた。


えっ!?ちょっと待って…。
あの、ニョロっとした奴よね?マムシって毒があるよね?

テントを張ったのは、草むら。
マムシが隠れるには絶好の場所。

そう言えば、夜に聞きなれない音がしていた。
何の虫だろう?なんて思っていたけれど、もしやマムシ!?

いや、きっと違う。違うに違いない。。

あれ?動揺して変な言葉になっているぞ。
(と言いつつ、そんなの想定内だけど)


まさに「知らぬが仏」。


しかしながら、世の中、「知らぬが仏」が幸いする事も多々あり。
何を隠そう、そのお陰でアイアンくんと出会い、数々の歴史(というほどでも無いけど)を作ってきた。


教習所に通いながら、探し続けたバイク。いや…通う前から探し続けた。
あらゆる情報を駆使しつつも、実際にエンジン音を聞き、跨ってみなければと思っていた。
ネットで探し、見た目だけで購入する人も意外と多いようだけど、それなりに高価な買い物。
実際に見ずして購入するなど、出来る勇気は無かった。
一生を共にするであろう相棒を、安易に選べるものでも無いし。

先ずは、正規店の試乗会。
二度ほど行ったが、コレ!というものが無かった。

「見た目は良さそうだけど、操作性が悪そう」

だとか

「排気音が静かすぎる」

だとか…。

「今は、かなり静かになっていますよ~」

という説明。

ハーレーを販売しているのに、本当のハーレーの良さを分かって無いのでは?
とも思える発言。

太い低音で、力強く響き渡るあの音が魅力なのに。

因みに英語では「potato-potato-potato」と擬声語化するらしい。

都心を走るため、大きさも重要。
渋滞が日常化しているので、すり抜けるには、コンパクトさも外せない。

都内はもとより、神奈川、群馬まで出かけた。
当時は週末と言えば、バイクショップ巡り。

大体のショップは国道沿いにあり、車で寄るのには便利な場所にある。
ということは、電車利用者にとっては、不便なところ。

真夏日は、大汗をかきながら駅からトボトボと歩いて回った。

しかも、エンジニアブーツで!?

バイクに乗らずして、気持ちはすでにバイク乗り。

どうも形から入るタイプ。

お陰で、バイクに乗る頃にはエンジニアブーツがしっかり馴染んでいた(笑)


友人の紹介もあった。
883の100週年記念モデル。

ハーレーオレンジで乗りやすそう。
自動車工場オーナーが数台所有の中から、誰かに譲りたいと思っていた。
日頃のメンテはバッチリ!

普通であれば、即決だろう。
でも、何かが違う。

綺麗すぎた。

元来、古いもの好き。
アンティーク家具や、古着、アンティーク時計、アンティークジュエリー等々。

人間は新しいのに(ウソ)モノに関しては古いものが好き。

せっかくの、紹介であったが丁重にお断りすることに。

その後、数ヶ月。


いつものようにネット検索しつつ、とあるバイクに目を奪われた。

見た目は、コンパクトでデザインもまぁまぁ。
早速、電話をかけ翌日出かける。

今回もやはり駅から遠い。
しかもバスは無し。


やっとこさ着いた小さな修理工場。

並行輸入で、日本に入って来たばかり。
まだ組み上げの途中で、タンクも着いて居なかった。

エンジン音が、聞きたいと要望すると簡易的にタンクをつけ
エンジンを掛けてくれた。

変な、息切れも無く良好。

音の聴き取りに関しては、楽器をやっているので結構自信あり。
(ちょっとした自慢か)


跨った感じもかなり良い。
ハンドル位置もバッチリで、カスタムせずに乗れる。

ただ、ココの店。国産車しか扱っておらず、ハーレーに関しては詳しくない。
要するに、売りっぱなしの販売店であった。


そこをどう捉えるか?

「修理なら他にショップがあるし、気に入った車両はそう出会うものではない」。

と考え、翌日即決!


しかもローンの取り扱いが無く、キャッシュ!
(お金も無いのに)

アイアンくんの為に、かき集めたさー!
(後先考えず)

こうして、70年XLCHと出会ったのでした。


続く…。



KC3I0111.jpg

スポンサーサイト



2

Comment

  1. -

    2013-05-16 (Thu) 20:16

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2. <span class=さくら" title="Re: 鍵コメさん" />

    さくら

    2013-05-18 (Sat) 08:36

    おはようございます!いつも閲覧有難うございます(^^)
    エンジニアブーツ、思いですものね。何せ、鉄板入りですから…。
    頑張って履いた甲斐があり、かなり足に馴染みましたし重さも感じなくなりました!
    ちょっとした筋トレ感覚でしょうか(笑)
    革製品は使い込むほど味が出てきます。自分色に染まってくるのが魅力。
    エンジニアは頑丈な作りだとしみじみ…。
    大雨のなか一日中走って、靴の仲間でビショビショになっても乾かせば元通り。
    普通の革靴であれば、そうは行かないです。
    一生ものですねー。

    有難うございます!
    バイクに乗ると、手はオイルだらけ。顔はススだらけ。
    髪の毛なんかもボサボサで化粧っ気ひとつ無くて、性別不肖(笑)
    ちょっとした所で、女性ライダーである事を主張しています(*^_^*)
    写真は、飛騨高山で撮りました。良い所です。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop