FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
39

出会いは必然



「走る、曲がる、止まる」

車の三原則ともいえる、三つの動作。

当たり前の事ですが。

愛車の最高の状態を知っておくのも、大切なこと。

知らなければ、悪い所があっても、「こんなもの?」で済ませてしまう。

アイアンくんの最高の状態を知ったことにより、悪かった所を知る。


例えば、虫歯。

ひとつ虫歯が出来れば、もう片方の歯ばかりを使うようになり結果、大きな負担をかける。

バランスを崩さない為にも、早めに治療すべき。


色々なキャンプに参加して思うのは、地方の旧車乗りは、立派だということ。

全国にバイクショップは数あれど、相性の良いショップとなると、そうは見つからないもの。

下手なショップにお願いすれば、お金を払って壊されることも。

身をもって体験している。


「下手なショップに出す位なら、自分で何とかせにゃ!」

と、ハングリー精神を持つのは、地方の旧車乗りに多い気がします。




幸いさくらの場合、紆余曲折を経て、リトルウィングさんに辿り着いたのですが

代表の大平さんは、尊敬する人のひとり。

バイクに対する思いには共感するし、人間的にも懐の広い人。

何よりも、バイクが好きだという心が、言わずとも伝わってきます。

先日、サドルバッグを修理していただいた亀屋さんのおじいちゃん然り。

「モノ」に対する愛情がある人は、良い仕事をする。

お客さんのモノでも、自分のモノのように大切に扱ってくれる。

そんな風に思います。



旧車のハーレー乗りならご存知、伝説の「アーリー・ライダース」というバイクショップ。

非常に高い技術を持ち合わせ、それまでには無かった内燃機系も手掛けるショップでした。

この店から独立出来たのはたったの4人。

その中のひとりが「リトルウィングエンジニアリング」の大平さんです。



ショップとの出会い。

バイク仲間との出会い。

出会いは必然。



アイアンくんがもたらしてくれた、かけがえの無いもの。


PAP_0205.jpg

スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop