FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
36

人間らしくあるために

カシス

最近ハマっているドリンク。

カシスシロップに炭酸水を混ぜたカシスジュース。

シロップの量を好みで調節出来るので、GOOD!

ラッフルズHOTELで飲んだ、カクテル「シンガポール・スリング」。

材料は違うけれど、シンガポールを思い出す味。

アジア圏に居る限り、蒸し暑さからは逃れられない。

赤道直下の国、シンガポールの蒸し暑さを思うと日本の夏は、未だまし。

過酷な状況を体感すると、人間は強くなれるものだ。



大型教習を受たのは、夏。

日陰の無い、アスファルトの敷地内で、ストップ&ゴーを繰りかえす。

長袖に、ヘルメット。

地熱の照り返しと、エンジンの暑さで、止めどなく汗が出る。

たまにスピードを出しても、せいぜい40キロ。

しかも一瞬の事なので、涼しいと感じる間も無く終わってしまう。

「風を感じる」バイカーとは、程遠い走り。


教習中は、緊張の連続であるので、

さほどの暑さは感じないが、終了後の大汗が過酷さを物語っていた。

毎回、着替え持参。汗拭き用ウェットティッシュは欠かせず。

教習所でシャワー室完備などという所は無いものね。


東京の不味い水でさえ、美味しく感じられた。




暑いから、汗をかかないようにする。

何となく、水分を摂る。

時間が来たから、食事をする。


当たり前の現象が、当たり前で無くなっていた生活。
何か違う。

惰性的な生活を、不自然なものだと教えてくれたのがバイク。


暑いから、汗をかく。

喉が渇いたから、水を飲む。

お腹が空いたから、食事をする。


夏は暑く、冬は寒いもの。

これからも、バイクに跨り四季を感じ続けよう。


人間が、人間らしくあるために…。



120526_0840~01


スポンサーサイト



4

Comment

  1. ライ

    ライ

    2013-07-12 (Fri) 20:29

    >これからも、バイクに跨り四季を感じ続けよう。
    >人間が、人間らしくあるために…。
    すばらしい!その通り!・・^o^/

    さくらさん、こんばんは~^^

    確かにクルマと違ってバイクはより「感じる」ことが出来る乗り物ですよね。
    さしずめ・・☆自然を五感で感じながら、風と対話し共に走る☆・。みたいな・・(笑)
    それが自由人さくらさんのバイカーとしての想いかな・・^^;

    私の場合は、そんなカッコイイものではなく・・
    「バイクに乗ることで、脳を活性化させ、いつまでも気持ちを若く持って、ボケ防止に努めるため」です~・・(笑)

    jお互いこれからもバイクに跨り季節感を味わいながら楽しみましょう^^/
  2. <span class=さくら" title="Re: ライさん" />

    さくら

    2013-07-12 (Fri) 21:18

    こんばんは*\(^o^)/*いつもご訪問&コメントを有難うございます。

    さくらの気持ちを代弁してくださいましたね!
    仰る通りです。
    五感をフル活用するバイクは、車では味わえない楽しさがありますね。
    カッコいい事を書いていますが、あくまでも文章にするための手段。
    もっと単純な理由です^^;

    猛暑に負けず、お互い頑張りましょう?

  3. きりぎりす

    きりぎりす

    2013-07-16 (Tue) 09:58

    25年ほど前 一時ショベルに 乗ってましたが

    その時は まだその良さが分からなく

    今になって 乗り続けてたら と後悔し

    3年前 キャブ車のツインカムを購入

    老体ながら 年に2度は長旅に出かけます

    もちろんキャンプでの独り旅

    お互い 安全で楽しいバイクライフを

    出来るだけ長く楽しみたいですね

    では!
  4. <span class=さくら" title="Re: きりぎりすさん" />

    さくら

    2013-07-16 (Tue) 10:13

    初めまして!ご訪問&コメントを有難うございます(^o^)

    年に2度の長旅、良いですね。
    一度は降りたバイクに再び乗ろうと思わせる
    ハーレーの魅力には、驚くばかり。
    荷物を山積みにした後ろ姿は、更にカッコ良いです。
    キャンプが似合いますよね(^^)
    出発時は1人でも、現地には沢山の仲間が待っています。
    ハーレーがもたらす縁は、計り知れません。

    有難うございます。
    無事故が前提のバイクの楽しさだと思うので、安全走行を心がけます。
    きりぎりすさんもお気をつけて!


Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop