FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
3

東北のエルメス

修理に出していたサドルバックが仕上がった!

修理6


旧車は、出会い。
このサドルバッグとも良く出会えたと、今更ながら運命に感謝している。

古いものとの出会いは、そうあるものでは無いから。

バイクを購入してから、納車まで一ヶ月。
サドルバッグを付けたくて、旧車に合いそうなものを探していた。

バイクショップや、ネット検索するも、どうしてもイメージ通りのものが見つからない。
或る日のこと、行きつけの古着屋さんで何気なく飾ってあったバッグに目がいった。

どう見ても、ショップの飾り付け用。
暫く眺めながら、イメージを膨らませる。

「大きさも古めかしいイメージもピッタリ!」

「これ以上の物は見つからないかも知れない。いや、絶対に見つからない!!」

そう思うと、何としても欲しくなった。


無理を言って譲ってもらい、無事アイアンくんに装着。


その後、推定1960年代の馬具ということが判明!
乗馬経験もあるので、馬具という事は分かっていたが、
まさかそんな貴重なものだったとは…。


ネットで調べると、やっとのこと情報が出てきた。

4315.jpg


将校さんが鞍の前に付けていた「アンノウ」という馬具。
鞍の前に付いている小さなバッグの部分。


元々、バイク用では無い上に
雨に打たれ、炎天下にさらされ、強風に煽られながら振動にも耐え、
頑張って来たものの
約二年間の過酷な状況下で、さすがに所々がほつれてきた。

そう…。ほつれてきただけ。
50年以上の月日が経っているのに、革はなんとも無い。
(バイクで削ってしまったけど)
昔の物は、頑丈に出来ているものだとつくづく感心する。

修理4
修理5


さて、これほど貴重なものを、何処へ修理に出して良いのやら…。

と考えた時に、真っ先に浮かんだのが青森県弘前市にある『亀屋革具店』。

大正4年(1915年)創業の革製馬具店として創業し、現在はバッグや小物類を
販売しているお店。
革のなめしから、縫製まですべての工程が手作り。

初めて訪れたのは、弘前城の桜を見に行ったとき。

弘前市は城下町。昔は馬具店が数店あったようだが、現在では亀屋さんのみ。

その技術の高さから「東北のエルメス」と言われている。

その証明となるのが、お店に飾られている約80年前のバッグ。
兵士が戦地で使用していたもの。バッグに亀屋さんの名前が入っていたため
巡り巡って、戻ってきたのだ。

留め金は一部修理したようだが、縫製や革は無傷。
全くもって信じられないが、実際に見ているので信じざるを得ない。


現在、職人のおじいさんは88歳と8ヶ月。
出会った頃は、多分85歳位だろうか。

アンノウの話をしたところ、目を輝かせて嬉しそうに…。
その時、もしもほつれが出てきたら、修理をお願いしようと心に決めていた。

心底、革が好きで、生粋の職人。
おじいさんの人柄に惹かれたのだ。


そして、その時がやってきた。
大切なサドルバッグなので、直接会って相談したい。
桜の時期には、少し早いけれどバッグを持って弘前へ。


東京の桜はとっくに終わっているのに、弘前の桜はまだこれから。
小雨が降り、東京でいえば2月並の寒さ。

毎年会っているけれど、おじいさんは少しも変わって居ない。
修理箇所の打ち合わせをし、帰京した。

待つこと二週間と少し。
ハンドバッグが2年待ちだというので、もう少し時間がかかると
覚悟していたが、急いでくれたよう。

修理7
修理2


取れた革を縫いつけて、付いていた革は、再度縫い直し。
蓋の部分は、革で補強。

写真では分かりづらいが、本体は厚みがあるので大変だったと思う。

「馬具の技術があれば、恐いものは無い」


さすが!東北のエルメス。

メイド・イン・ジャパン!


修理8




おまけ


ついでに注文したもの。

パスケース2
パスケース

パスケース。
リング部分をオーダーしました!
色の変化が、楽しめます (*´艸`*)

スポンサーサイト



2

Comment

  1. canary

    canary

    2013-05-11 (Sat) 15:57

    いいバッグとの出会いも素敵だし、いい職人さんに会えて良かったですね!
    職人さんって生涯現役でイキイキしている方を見るとホントに素晴らしいと感動しますよね(^^)

    おまけもさすが!
    日常に使うものにこだわりあるものを取り入れるとすごく満足度高いですよね!
    いい生き方だなぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
  2. <span class=さくら" title="Re: canaryさん" />

    さくら

    2013-05-11 (Sat) 16:23

    こんにちは!記念すべきコメント第一号ありがとうございます(≧∇≦)
    出会いは、必然だからこそ大切にしたいです。
    昔ながらの職人さんは、妥協はしない。頑固親父ですが(笑)それこそが職人さんの姿だと思っています。

    現在はハンドバッグが中心ですが、小物類も少しあります。全てが手作りの割にはお値段もそこそこ。
    職人さんが引退してしまい廃番となったキーホルダーも持っています。
    たかがパスケースと思うなかれ。分厚くて頑丈な作りは半世紀は余裕ですね^^;
    商売として考えれば、あまり長持ちするのもどうかと思いますけど。
    人生は一度きり、お互い後悔のない生き方をしたいですね(^ ^)
    何度もお越し下さり感謝です!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop