FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
24

雨のお守り



気持ちが良いほど?雨が降り続いております。
バイカーにとっては、迎えざる客。

冬の雨はどこまでも寒く、梅雨の雨は蒸し暑く。

中には、

「合羽を着るなんてヘタレバイカーだ!!」

という方も居らっしゃるようですが

ここは素直に、合羽を着ましょうよ。。

と思うのです。

雨に濡れれば、体温は下がり、体力を奪われることは間違い無く
体力勝負のバイカーには、過酷極まりない状態を、自ら作ることに。


まだ、走り初めの頃、雨に遭遇。
出発時からの雨と違い、途中からの雨はさほど気にならない。

というか、走るしか無いので諦めがつくもの。

晴れ女といえども、数年に一度位はパワーが弱まる事を知りました。


それまでは、絶対に降らないという確信を基に走るので、
合羽など持って居ない。買おうともしなかった。


降りだした頃は未だ山梨県。コンビニで買った雨合羽を着て走るも

ブーツの中はびしょ濡れ、下半身もずぶ濡れ…。

胴体は、何とか濡れなかったものの、袖から入る雨が時間とともに
冷やされ、身体中の体温を奪って行きました。

シールド未装着で、顔に当たる雨の痛いこと。。

雨が凶器になり、容赦なく顔面を刺してくるのです。


それに、輪をかけたのがフェンダーレス。

まるで、噴水のように泥水を巻き上げてくる。


フェンダーの重要性に気付くも、時すでに遅し。


「踏んだり蹴ったりとは、こういう事か…」。


と、思いつつ。


「雨のバカヤロー!」と天に向かって叫ぶのでした。


途中、GASスタンドで給油し、ポケットから取り出したお札は

びしょ濡れ。思わずオジサン、苦笑い。

あまりにも寒くなり、休憩しようとファミレスに入ったものの

「海から上がって来たのか?」

と思われるような状態…。

今思えば、よくもまぁ入れたものだと思うほど。

入店拒否もされずに済みました。



そんなこんなで、12時間。

すっかり日も暮れ、終日止むことの無かった雨の中、無事に帰宅出来た事を

アイアンくんに感謝したのです。



その後、フェンダーレスで大変な思いをしたにも関わらず
装着するつもりは、ありません。


やはり、見た目重視でしょ!


(いやいやいや、ここは素直にフェンダーを付けるべき?)



ただ、合羽はいつも持ち歩くようになりました。


これが功を奏しているのか、お守り代わりにもなっている様で、出番無し。


残念だわぁ (*´艸`*)


PAP_0135.jpg


スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop