FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
21

モーターサイクル



先日行った、ブルスカ駐車場での出来事。

会場を出るべく駐車場に向かうと、シャベルのTシャツを着た小柄の男性が
アイアンくんを眺めていた。(仮にシャベルさんとしておく)
白髪交じりの長髪を束ねた、バイ○ス風の旧車乗り。
正規店のイベントで旧車は、数少ない。

こういった場面では、なかなか戻りづらいものがあり、
様子を見つつ、アイアンくんに近づく。

ヘルメットを被り、出発の準備をしていると
シャベルさんが、再度近寄って来て

「これ1974年?」

と聞いてきた。ちょっとした上から目線。

「いや…1970年です」

と、応える。

引き続きシャベルさん。

「何年乗ってるの?」

と…。


初バイクで云々との答えを聞くと、横浜ナンバーのシャベルさんは、
自身のシャベルに跨り去っていった。

シャベルエンジンがデザインされたTシャツを着て、シャベルに乗る。
かなりのシャベルファンなのであろう。

初対面の人にそんな事を聞かれたのは、初めてのこと。

シャベルさんとの会話はたった、ふた言。


ふと、思う…。

「何年乗っている」という事に、どんな意味があるのだろうか?




「バイク歴が何年であろうとも、路上に出れば、みな一緒」。


ある先輩の言葉が、脳裏をよぎる。




バイクの楽しみ方は人、それぞれ。


カスタム、修理が好き、コレクションが楽しい、走りが好き。

確かに、維持管理の面で考えれば、何十年という歳月は、価値のあるもの。
乗らずに放置ならともかく、頻繁に乗れば、不具合は出てくる。
乗りながらの維持管理は、経済的にも大変。




バイク歴が何年であろうとも、「走り方」ではないか?


毎週末に必ず乗る人。月に一度しか乗らない人。

それでも同じバイク歴1年。

仮に年に数回しか乗らなくても、バイク歴1年と答えるであろう。


走ってこそ…のバイク。

走らないバイクなど、魂の抜けた、タダの鉄クズ。

走ってあげることで息を吹き返し、輝きを放つのだ。


それがモーターサイクル。


果たして、ショベルさんはどんな意図で、質問してきたのか?

どこかで再会する機会があったなら、聞いてみたいと思っている。




110718_0536~01



スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop