FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
180

タイムトリップ

『秋深し』の続編が滞っております。

そろそろ冬に突入だなあ…。




先日観た映画『ジャージーボーイズ』が、思いの外、感動したので少しご紹介しようかと。

監督は、クリントイーストウッド。

俳優としても好きだし、監督としての作品も好き。

タイトル「ジャージーボーイズ」の「ジャージー」とはニュージャージー州のこと。


『シェリー』、『君の瞳に恋してる』等々。

ビートルズ以前に世界を圧巻し、音楽界に不滅の伝説を打ち立てただけでなく

ロックの殿堂入りを果たし、今もなお世界中で愛され続ける名曲を生み出した

「ザ・フォー・シーズンズ」の栄光までの軌跡と挫折、再生を描いた実話。


ブロードウェイでは、2005年に初演されていたミュージカル作品であったが

監督が作品に惚れ込み、是非、映画にしたいと思ったそう。


どうしてもミュージカル作品が映画になると、平面的になりがち。

(レ・ミゼラブルなど、大絶賛の映画だったが個人的には、本場のミュージカルの迫力が全く伝わらなかった)

ミュージカル作品だという先入観が、どうしても払拭出来ず、映画として見られない。

だが、そこはイーストウッド監督がメガホンを握れば、見事な映画作品として生まれ変わる。


1951年、ニュージャージー州ベルヴィル。当時、イタリア移民が集まる貧しい街で彼らは育った。


「この街から抜け出せる方法は3つ、軍隊に入るか、マフィアになるか、有名になるか。

俺たちに残されているのは、あと2つさ」。


すでにケチな犯罪に手を染めていたバンドメンバーに残された道は、2つ。

街を仕切っていたマフィアのボスも、フランキーヴァリ(ボーカル)のファン。

理髪店の見習いとして働いていたヴァリに対して

「お前は必ず、有名な歌手になる」と天性の歌声を絶賛していた。

後も、このボスが良い味を出している。


紆余曲折を経て、有名になるもヴァリはバンドリーダーが作った莫大な借金を背負うと申し出る。

「これがジャージー流さ」。

リーダーに拾われたお陰で今がある。

同郷者同士や家族との絆を大切にしてきた彼等にとっては当然の事だった。



「自分には、ここまで親身に考えてくれる友達は居るだろうか?」

そう、考えさせられたシーン。


6、70年代の車も素晴らしい。


ある映画評論家が、映画の印象をまとめた文章を抜粋する。




とても乗り心地の良い大型車で、1950年代と60年代をクルーズしているような気がする。

エンジンの回転が遅いというより、トルクの大きな車だ。

走りに余裕があり、悪路や急坂に遭遇してもステアリングを取られたり

息切れしたりすることはない。




うーん。良い表現だと、感心してしまう。

当時の衣装も忠実に再現。

衣装デザイナーは徹底的なリサーチを敢行し、当時のTV番組やコンサート、雑誌、

彼らのオリジナルアルバムを全て購入したとか。



オジさんも号泣!



タイムマシンには乗れないけれど、134分のタイムトリップ。


良い映画とは、こういうもの。





201411101756559bb.jpg









スポンサーサイト



8

Comment

  1. とだ

    とだ

    2014-11-11 (Tue) 16:20

    『ジャージー』といえば
    ジャージー乳しか思い浮かびません
    (´ー`)フッ

    英国から米国を経て日本国内で有名になるも
    乳量が多いホルスタイン種に押されて激減する
    「これがジャージー乳さ」
    ってな感じですかね?
    ( ̄▼ ̄*)ニヤッ
  2. こてつぱん

    こてつぱん

    2014-11-11 (Tue) 22:03

    中学校の時に毎週映画館に通っていました。
    (ロードショーが終わった古い映画を二本立で・・)
    料金が安く、映画館の名前はライフと言います。
    今はなくなってしまいましたネ。

    その頃の一番の印象深い映画はなにかな?
    明日に向かって撃て かな??
    いい映画の出会いは財産になります。
    洋画も邦画も・・イイね!^^v
  3. <span class=さくら" title="Re: とださん" />

    さくら

    2014-11-12 (Wed) 20:02

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントを有難うございます( ´ ▽ ` )ノ

    ジャージー牛乳。そんな名前の牛乳がありましたね。
    ジャージーという牛の品種なのでしょうか?
    って、今回は牛の話題ではありません!
    うーん、クリントイーストウッドの話題になるかと期待していたのですが。
    ウッドさんと言えば銃 o(`ω´ )o
    スカウトさんにピッタリ(笑)
  4. <span class=さくら" title="Re:こてつぱんさん" />

    さくら

    2014-11-12 (Wed) 20:12

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントを有難うございます♪( ´▽`)

    いわゆる名画座でしょうか?
    学生時代、授業をサボって名画座に通っていたという作家さんが
    いました。仰る通り、昔は所々にそんな映画館があったようですね。
    経営が成り立たないのか数年前も銀座の有名な映画館が閉館し、
    最終日には多くの集客があったようです。
    時代の流れとはいえ、寂しいですね。

    『明日に向かって撃て』も名画ですね。
    良い映画は心の栄養です(^ ^)

  5. とだ

    とだ

    2014-11-12 (Wed) 22:28

    イーストウッド=銃
    ということはダーティーハリーですかね?

    私にとっては
    イーストウッド=手紙ですかね
    だって私のいた現場に撮影に来ていたんですもん
    ( ´∀`)
    渡邉謙さんやら
    中村獅童さんも見かけましたよ
    (^_^)v

    ところで
    もしやスカウトさんがソロソロデビューなのですか?
    それは期待できますねぇ~
    いろんな意味で
    (。-∀-)
  6. <span class=さくら" title="Re: とださん" />

    さくら

    2014-11-12 (Wed) 22:57

    と、いうことは本物のウッドさんを見た⁉️
    うわー‼️‼️良いなあ。羨ましい。。
    立ち姿だけでも絵になりますからね〜。さぞかし渋かったことでしょう。
    中村獅童は、どうでも(笑)

    天気が良ければ今月中にデビューです(^ ^)
    いやー待ちましたよ。
  7. とだ

    とだ

    2014-11-13 (Thu) 23:23

    うぉっ!!
    ついにスカウトさんが納車になりますか
    にしても天候に左右される納車日ってのも
    (。-∀-)

    実に辛抱強く待ちましたね
    そんなあなたはスナイパーの素質ありですね
    ( ̄▽ ̄)b
    お湯入れて3分待てずに
    バリバリいいながら食べてしまう
    あたしにゃ出来ませんです
    f(^ー^;
  8. <span class=さくら" title="Re: とださん" />

    さくら

    2014-11-16 (Sun) 21:12

    お陰様で、納車になりました〜。
    天候に左右される納車。確かに普通じゃないかも。

    そうそう!スナイパーはじっと獲物を待つ。
    一発で仕留めるには大切な事です(笑)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop