FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
168

時の彼方へ(その5)



同じ運転士でも、地下鉄の運転士は、つまらないと思う。

毎日、暗闇の中を走っているわけで。

天気も分からず、季節感も無く、ブラックホールに吸い込まれるかのように

暗闇に向かっていく。

疲れ切った乗客が出す、マイナーな気を車両一杯に詰めて

毎日、どんよりと運行。


「あ〜ぁ。今日も仕事かあ」。





その点、SLの機関士は、いつも誇らし気。

何処を走っても、注目の的。

白い蒸気を吐けば、大きな歓声!

黒い煙とともに、汽笛を鳴らせば、感動の渦。

山間部の鉄橋を走るSLや、真っ白な雪の中を走るSL。

動画で観るだけでも感動で、ウルウルしてしまうのに、

実際に走る姿を見たとしたら、感極まって泣くに違い無い!

音楽ライブで、ファンが感動して泣いている姿を見るけれど、あれと同じ感覚。


SLには、自然が似合う。




201407141603096a0.jpg


益子駅改札口を出ると、大きな益子焼の壺がある。

赤いポストもレトロです。

エンジニアブーツを履いて歩く日は、いつも過酷。

というか、バイクに乗る時は殆どエンジニアブーツ。

履き替え用の靴があるのに、何故、過酷になるのかを検証してみる。


「少しだから大丈夫だろう」


という油断。

近場だと思っていたのが意外に遠かったとか、道に迷ったとか、

予想している徒歩時間と大きくズレる事が多いのだ。

しかも炎天下だったり。

そんなわけで、今回も、思いのほか歩かされたのです。

駅から、繁華街までは結構遠かった。

しかも坂道で、足場悪し。


ポツポツと、陶器のお店が出てきた所に、お肉屋さんを発見!


揚げたてのコロッケや焼き鳥などを店頭で販売中。

親切にベンチまである。

これはきっと「神の救い!」

とばかりに、コロッケひとつと、麦酒を呑みたいのを我慢し、清涼飲料水を購入。

いやー!

コロッケの美味しかったこと。

お肉屋さんのコロッケで揚げたてだもの。美味しいはず!

そして、お肉屋さんには、ふくよかな人が、ピッタリなのです。

さらに、美味しそうに見えるのよね。


続く。


20140720142241528.jpg


スポンサーサイト



2

Comment

  1. とだ

    とだ

    2014-07-21 (Mon) 05:59

    おはようございます
    確かにSLの機関士さんはカッコいいですもんね
    ですが機関助士の投炭する姿も
    これまたカッコいいですよ
    (*´ω`*)

    あの沿線に繁華街などで存在していたのてすか?
    ヘ(゜ο°;)ノ
    真岡駅が一番の都会かと思ってました
    そぉいや確かに益子には降り立った事は無いですねぇ
    私の場合は『焼き物』は
    肉以外にあまり興味が無いもんで

    そらにしても
    さくらさんの場合は
    0時を過ぎる鐘が鳴り
    慌てて走って帰宅しても
    ガラスの靴が脱げ落ちてしまう心配は
    無さそうですね
    ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ
  2. <span class=さくら" title="Re: とださん" />

    さくら

    2014-07-21 (Mon) 10:23

    おはようございます!
    早々にご訪問&コメントを有難うございます(^o^)/

    あー!機関士さんでした。記事を訂正しないと。
    いつも有難うございます(^o^)/
    投炭する所は、出発時にちょっと見た事があるだけで
    実際に走っている時は、無いのですよ。
    かっこ良いでしょうねー!
    想像するだけで、浮かれてしまいます(笑)

    駅前は、閑散としているのですが、陶器街があって
    休日ともなると賑やかです。
    ちょっとしたお祭りのようですよ。
    わはは!そう来ましたか。
    いつも楽しいコメントを有難うございます。

    ですねぇ。
    何せ、鉄入りの靴ですから可愛気のかけらも
    ありゃしません(;^_^A

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop