FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. こてつぱん

    こてつぱん

    2014-04-29 (Tue) 23:02

    WATさんのご冥福をお祈りいたします。
    バイク乗りでいられた事に満足して逝ったと思います。
    きっと向こうの世界でもSHOTTの革ジャンで走れるはずです・・
  2. <span class=さくら" title="Re: こてつぱんさん" />

    さくら

    2014-04-30 (Wed) 17:34

    こんにちは。
    いつもご訪問&コメントを有難うございます。
    また、今回は個人的な記事にコメントを有難うございましたm(__)m

    WAT先輩も、きっと喜んでくれていると思います。
    大らかで、マイペースだけど、見るところはきちんと見ていてくれた。
    そんな先輩でした。
    いつかまた天国で、一緒に走れるといいな。。
  3. mr.boldor

    mr.boldor

    2014-05-01 (Thu) 10:00

    さくらさんが、これからも乗り続けることをWAT先輩は一番望んでいると思う。

    俺も失った仲間の分も乗り続けるつもりです。
  4. <span class=さくら" title="Re: mr.boldorさん" />

    さくら

    2014-05-01 (Thu) 17:03

    こんにちは!初めまして。
    ご訪問&初コメントを有難うございます^ ^

    バイクが繋いだ縁でしたが、先輩に出会えて良かったです。
    いつまでも悲しんでいたら叱られそうなので、先輩の分まで
    走り続けます。
    これからもずっと、心の中で先輩は生き続けますからね!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

156

WAT先輩に捧ぐ



20140428152847fc0.jpg



普段、高速を使わない、さくらは勿論「MY WAY」。



「何、乗ってるの?」



呑み会の初めての席。隅っこに居たさくらに対して、先輩はこう話しかけてくれた。

バイクに乗りたてのさくらに対して、分かりやすく、特徴を説明してくれた。

聞くこと何もかもが、新鮮だった。



「火を見ていると落ち着くんだよね」



キャンプ場では、輪から離れてひっそりと。

ビール片手に、燃えあがる炎をいつまでも眺めていたっけ。

旧車の世界では、若いアイアンシャベル。

何と無く、引け目を感じ、いつも隅っこにいたさくらを

「何、遠慮してるんだよー。もっと堂々と中央に出てこい!」

と、無理やり中央に誘導。

砂利道が恐かった、ひよっこライダー時代、

バイクを補助してくれた事もありました…。



「バイクで命を落とした友人を何人も見てきた。楽しいけど危険なものだから気をつけろよ」



自らも、高速で大型トレーラーに飛ばされ、瀕死の重傷を負いながらも生還した経験を持つ。

もう乗らないと思いつつ、やっぱりバイクを買ってしまったとか。

奥さんに黙って。しかも保険金で。



いつも大らかでマイペース。先輩の優しさに、どれだけ救われたことか。




そんなWAT先輩が、突然、逝ってしまった。




先輩!早すぎやしませんか?


思いを伝える機会も無く突然、逝ってしまうなんて、あんまりじゃないですか。



寂しいです。

悲しいです。


最期は、SHOTTの革ジャン姿だったとか。


キメすぎです!


命を落とすほど、病んでいたなんて。


もう、先輩に会うことが叶わないなんて。



何故、良い人ばかりが逝ってしまうのだろう。


どうでも良い人ばかりが生き残り、良い人ばかりが先に逝く。


人生とは「苦」を背負って生きていく道だというから、

良い人は、「苦」から開放してあげようという事なのか?



短い間でしたが、先輩に出会えて幸せでした。

プライベートは、殆ど知らなかったけれど、先輩と過ごした時間は

心の宝石箱に、収めています。

バイク乗りでなければ、先輩と出会う事など無かった。

バイクに、沢山の事を教えられたように、先輩からも沢山のプレゼントを

貰ったように思います。




ありがとう。

本当に、ありがとうございました。





遅くなってしまったけれど、感謝の気持ちが天まで届きますように…。


昔の仲間と、あの世で走り回れますね。



大好きなWAT先輩へ。


どうか安らかに、お眠りください。


そしていつか、会える日まで



さようなら。




20140428171538fe4.jpg




スポンサーサイト
4

Comment

  1. こてつぱん

    こてつぱん

    2014-04-29 (Tue) 23:02

    WATさんのご冥福をお祈りいたします。
    バイク乗りでいられた事に満足して逝ったと思います。
    きっと向こうの世界でもSHOTTの革ジャンで走れるはずです・・
  2. <span class=さくら" title="Re: こてつぱんさん" />

    さくら

    2014-04-30 (Wed) 17:34

    こんにちは。
    いつもご訪問&コメントを有難うございます。
    また、今回は個人的な記事にコメントを有難うございましたm(__)m

    WAT先輩も、きっと喜んでくれていると思います。
    大らかで、マイペースだけど、見るところはきちんと見ていてくれた。
    そんな先輩でした。
    いつかまた天国で、一緒に走れるといいな。。
  3. mr.boldor

    mr.boldor

    2014-05-01 (Thu) 10:00

    さくらさんが、これからも乗り続けることをWAT先輩は一番望んでいると思う。

    俺も失った仲間の分も乗り続けるつもりです。
  4. <span class=さくら" title="Re: mr.boldorさん" />

    さくら

    2014-05-01 (Thu) 17:03

    こんにちは!初めまして。
    ご訪問&初コメントを有難うございます^ ^

    バイクが繋いだ縁でしたが、先輩に出会えて良かったです。
    いつまでも悲しんでいたら叱られそうなので、先輩の分まで
    走り続けます。
    これからもずっと、心の中で先輩は生き続けますからね!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。