FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
105

謎のバイク




先日、ある雑誌を購入。

zazhi.jpg


「世界の絶版車」完全保存版

ひと通り目を通すと、国産、外車問わず掲載されており興味深い。

自宅に戻り、丁寧に読み進める。

「おっ!101」

「あれ?○○さんだ」

意外に知っているバイク、人が載っている。


雑誌中程まで行くと

「Masterpiece Museum」というコーナー。

「世界各国の絶版名車を心ゆくまで、鑑賞して欲しい」とある。

うーん。楽しみだ!

先ずは国産車。

MEGURO 1924年創業。加工技術の高さで知られた。

66年K2 58年Z7

KAWASAKI 言わずと知れた「男のカワサキ」からは

73年Z1  77年Z1-R 74年750RS 他3ページ使用。

お次は、HONDA

63年CB72 60年スーパーカブ 等々、やはり3ページ使用。

そしてYAMAHA。


zassh.jpg


72年XS650E

1980年にRZ250の兄貴分として登場したスポーツネイキッド。
350ccに排気量アップされたエンジンは   ~中略~
日本ではナナハンキラー、北米ではロケットポケットの異名で親しまれた。


「ナナハンキラー」かあ。650ccで、ナナハンよりも早かったという事ね。

でも「350ccに排気量アップされた…」って、元が650じゃないの?


疑問を持ちながら次のページをめくる。


zassshJPG.jpg


81年RZ350

80年にRZ250の兄貴分として登場した。350CCにアップされたエンジンは
750ccをしのぐ馬力をマーク。 ~中略~
日本ではナナハンキラー、北米ではロケットポケットの異名を持つ。


(別冊LightningVol.133号より一部抜粋)


ん??ん???うーん???


説明が同じような…。


もう一度、読み返してみるもやっぱり同じ。


せっかく気合を入れて、ワクワクしながら読んで居たのに一気に気分が萎える。



完全保存版


と、表紙に書いてあるよねー。


こんな間違いが載っている雑誌が、完全保存版に出来る?

出来ないでしょー!


とかく活字は信頼性が高いイメージがあるが、そんなイメージを見事に打ち砕く


がっかりな出来事。



国産車の名車が乗って居て勉強になったけど、結局「72年XS650E」って





どんなバイク?




スポンサーサイト



4

Comment

  1. こてつぱん

    こてつぱん

    2013-11-26 (Tue) 15:37

    本屋で立ち読みしましたが・・
    ご指摘の内容は明らかに誤記ですね!

    YAMAHA XS-1だと思いますが・・
    XS-1⇒XS-650E⇒⇒TX650⇒XS650スペシャルと・・進化?かな。
    E⇒前輪ディスクブレーキ等の最新?モデルかな。
    同じ650ccのKAWASAKI-W1に比べると垢抜けてスマートなバイクです。
    貴婦人などとも呼ばれていますネ。(蒸気機関車のC57も貴婦人です)
    70年代のバイクは各社それぞれの個性があって楽しい(^_-)v
  2. とだ

    とだ

    2013-11-26 (Tue) 18:11

    こんばんゎ
    (*^ー^)ノ

    完全保存版
    物は考えようですね
    例えば……
    間違って印刷された紙幣や切手は
    後に正常な印刷物よりも価値が付いたりします
    本も第2版3版と増版されるときに
    誤植は更正されます
    誤植版は後々価値が出るので
    そぉいった意味で『完全保存』?

    でもこの雑誌でそれは無さそうですね
    ヾ(´ー`)ノ
  3. <span class=さくら" title="Re: こてつぱんさん" />

    さくら

    2013-11-26 (Tue) 19:38

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントをありがとうございますヽ(^o^)丿

    立ち読みでも良かったかも^^;なんて思いました。
    YAMAHAのバイクはデザイン性が良く女性ライダーからも好まれると
    聞いたことがあります。
    どうしてもピアノのイメージが強いです。HONDAなどは元々自転車屋さんで
    バイクに行くのは分かりますがYAMAHAは元オルガン屋さんです。
    どこからバイクに繋がるのかさっぱりです^^;

    貴婦人とも呼ばれていたのですねー!
    70年代は個性的なもので溢れていた時代ですね(^o^)
    今は新しいものも出尽くしてる感じ。

  4. <span class=さくら" title="Re: とださん" />

    さくら

    2013-11-26 (Tue) 19:46

    こんばんは!
    いつもご訪問&コメントをありがとうございます(^o^)

    確かにそういった考えもありますが、仰る通りこの雑誌は
    当てはまらないでしょうね^^;
    趣味の雑誌は、増版するほど売れないのでは?と思います。
    確か、拘りの逸品を紹介するような雑誌だというイメージが
    あったので、がっかりしました。
    拘りもこの程度?みたいな(笑)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

津軽のいま
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Return to Pagetop