FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
171

時の彼方へ(最終章)

先に行くべきか 戻るべきかそれが問題だ。by さくらピア益子へ来て、益子焼など、ろくに見もせずコロッケを食べたり、アンティークショップを覗いたり。益子で無くても良いんじゃ?と思いつつ。もう少し先に行けば、さらに繁華街。益子焼のお店が、軒を連ねているのですが、始めに言ったとおり益子焼には、興味がありません。これを読んだ益子焼ファンならきっと、益子町への冒涜だ!!などとお思いでしょうが、人間、正直に生... <br /><br /><br />先に行くべきか 戻るべきか<br /><br /><br />それが問題だ。<br /><br /><br />by さくらピア<br /><br /><br /><br />益子へ来て、益子焼など、ろくに見もせず<br /><br />コロッケを食べたり、アンティークショップを覗いたり。<br /><br />益子で無くても良いんじゃ?と思いつつ。<br /><br />もう少し先に行けば、さらに繁華街。<br /><br />益子焼のお店が、軒を連ねているのですが、始めに言ったとおり<br /><br />益子焼には、興味がありません。<br /><br />これを読んだ益子焼ファンならきっと、<br /><br /><br /><i>益子町への冒涜だ!!</i><br /><br /><br />などとお思いでしょうが、人間、正直に生きたいものです。<br /><br />ホント、すみません。<br /><br /><br />時計を見ると、14時。<br /><br />帰りの事もあるので、駅に戻る事にしました。<br /><br />帰りは、電車。<br /><br />SLに乗った後には、いつも感じるのですが<br /><br /><br />電車は、速い!<br /><br /><br />車窓の風景が、次々と流れていきます。<br /><br />SLでは、人の顔さえもはっきり分かるのに。<br /><br /><br />そして、乗客の殆どの人が、益子焼を買ったであろう袋を<br /><br />大事そうに抱えています。<br /><br />反して、さくらの抱えていた袋は、お菓子の袋。<br /><br /><br />🎵 そうさ〜 いつものことよぉ!<br /><br /><br />と、ミュージカル風に言ってみる。<br /><br /><br />時間があれば、途中下車したかった『真岡駅』。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140721171232ffe.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140721171232ffes.jpg" alt="20140721171232ffe.jpg" border="0" width="300" height="209" /></a><br /><br /><br />真岡駅は、栃木県真岡市にある真岡鐵道真岡線の駅。「SLもおか」停車駅。<br />本社と車両基地があり、蒸気機関車の形を模した駅舎がある。 ウィキペディアより<br /><br /><br />次回の楽しみに、とっておこうと思います。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140714160408645.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140714160408645s.jpg" alt="20140714160408645.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />無事、下館駅に到着。<br /><br /><br />「シュッポくん」と「ポッポちゃん」の吐く煙は、さくら色。<br /><br /><br />Ladyアイアンの待つ駐車場へ行くと、木の実や、葉が沢山落ちていました。<br /><br /><br /><br />ほんの数時間だった筈なのに、とても長い時が流れていたような。<br /><br /><br />SLに乗って、時の旅をしたのかも知れないな。<br /><br /><br />そう<br /><br /><br />『時の彼方へ』。<br /><br /><br /><br />完。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
170

時の彼方へ(その6)

SL絡みのアニメで先ず思い浮かぶのは『銀河鉄道999』。作者の松本零士さんが、漫画家を目指し夜行列車(SL)で上京した時の状況を元に描いたものらしい。星野鉄郎の良さが、イマイチ分からなかったが、メーテルの美しさには憧れたものだ。一度だけ、「メーテルに似ているね」と言われた事がありそれはそれは、嬉しかった記憶がある。冷静に考えれば、髪の毛が長いので、それだけのイメージだろうけど。さてと、本題。揚げたてコロ... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2014072013470793c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/2014072013470793cs.jpg" alt="2014072013470793c.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />SL絡みのアニメで先ず思い浮かぶのは『銀河鉄道999』。<br /><br />作者の松本零士さんが、漫画家を目指し夜行列車(SL)で上京した時の状況を<br /><br />元に描いたものらしい。<br /><br /><br />星野鉄郎の良さが、イマイチ分からなかったが、メーテルの美しさには<br /><br />憧れたものだ。<br /><br />一度だけ、「メーテルに似ているね」と言われた事があり<br /><br />それはそれは、嬉しかった記憶がある。<br /><br />冷静に考えれば、髪の毛が長いので、それだけのイメージだろうけど。<br /><br /><br /><br />さてと、本題。<br /><br /><br />揚げたてコロッケで、エネルギーを復活させ、また歩き出す。<br /><br />人間も、燃料が必要ですから。<br /><br />すでに、繁華街に近づいていたので、数分ほどの所に気になるお店を発見!<br /><br /><br />洋風に言えばアンティークショップですが、ガラクタ屋です。<br /><br />家具や、小物など古い物を見るのは大好き。<br /><br />暫く、古いトランクを探していたので、迷わず入店。<br /><br /><br />所狭しと置かれた、古いものたち。<br /><br />独特の古い香りが漂う店内。<br /><br />狭いスペースなので、ぶつからないように気を配る。<br /><br /><br />実は、過去に一度だけ、ガラスのスプーンを落として弁償させられた事がある。<br /><br />割ってしまったのは申し訳なかったけれど、明らかに陳列に問題があった。<br /><br />ガラスなのに、ガラス棚の上に重ねられていたので滑ったのだ。<br /><br />「うん!あれはきっと罠だったに違いない」<br /><br />と思う事にした。<br /><br />そして、西荻窪の○○には、二度と行くまいと、心に誓う。<br /><br /><br />600円程度だったから良かったけれど、高価なものだとしたら<br /><br />弁償するにも、大変。<br /><br />もっとも、そんなお店は入らないけれど。<br /><br /><br />トランクはいくつかあったのだけど、探していたサイズでは無かったので<br /><br />買わずに店を出る。<br /><br />ここは妥協せず、根気良く探す事が、良いものと出会えるコツ。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407141604020e8.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407141604020e8s.jpg" alt="201407141604020e8.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />向かいにあったお店。<br /><br />古い建物を活かし、喫茶店と小物を売っている。<br /><br />最近、何処へ行ってもこんなお店を見かける。<br /><br />特徴としては、スタッフが皆、若いこと。<br /><br /><br />新しいモノが出尽くして、過去に戻っているのかな。<br /><br />古いモノが、かえって新鮮に映るのだ。<br /><br />壊すのは一瞬だけど、残すのは大変なこと。<br /><br /><br /><br /><br />本当に大切なモノは、失って始めて気づく。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
169

時の彼方へ(番外編)

物産展で購入した、新潟のわっぱめしを、車内で食べてみる。新潟コシヒカリ、津南豚を使用。おのずと期待感は高まる。割り箸を、パキッ!と割く。最近の割り箸は、よく出来ていて、綺麗に割ける。片方どちらかが、大きく割けると気分もイマイチ。割り箸で、ちょっとした「運試し」というところか。さて、どちらから食べようか?卵そぼろか、肉そぼろ。こんな時は、好きな方に軍配が上がるもの。卵そぼろから、ひと口いただく。ふわ... <br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140721141406cc1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140721141406cc1s.jpg" alt="20140721141406cc1.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />物産展で購入した、新潟のわっぱめしを、車内で食べてみる。<br /><br />新潟コシヒカリ、津南豚を使用。<br /><br />おのずと期待感は高まる。<br /><br />割り箸を、パキッ!と割く。<br /><br />最近の割り箸は、よく出来ていて、綺麗に割ける。<br /><br />片方どちらかが、大きく割けると気分もイマイチ。<br /><br />割り箸で、ちょっとした「運試し」というところか。<br /><br />さて、どちらから食べようか?<br /><br />卵そぼろか、肉そぼろ。<br /><br />こんな時は、好きな方に軍配が上がるもの。<br /><br />卵そぼろから、ひと口いただく。<br /><br />ふわっとした卵そぼろは、ほんのり甘く、好みの味。<br /><br />お次は、肉そぼろ。<br /><br />醤油が滲みており、肉も柔らかい。<br /><br />粗めの挽肉のせいだろうか?<br /><br />よくあるそぼろとは、違う食感だ。<br /><br />椎茸も、香りがよく、付け合わせの生姜も美味しい。<br /><br />が…。<br /><br />ご飯が柔らかすぎる。<br /><br />新潟コシヒカリが不味いわけが無いのに<br /><br />何かが違う。<br /><br />ひとつひとつは、良い味であるのに、何故?<br /><br /><br /><br />その理由は、容器にあった。<br /><br />お気に入りの崎陽軒のシウマイ弁当の容器は、紙。<br /><br />蓋に、経木(薄い木の皮)が使われている。<br /><br />ご飯の余分な湿気を吸収するために、おひつのご飯のような<br /><br />丁度良い固さを保っている。<br /><br />対して、プラスチック容器では、湿気が逃げる所が無く<br /><br />余程、計算された炊き方で無いと、ご飯に湿気が溜まってしまうのだ。<br /><br />これでは、どんなに美味しいお米を使用しても台無しなのです。<br /><br /><br />駅弁評論家(いつからそうなった?)としては、経木を使っていない駅弁は<br /><br />問題外!<br /><br /><br /><br /><i><span style="font-size:large;">しかしっ!!!</span><br /></i><br /><br /><br />最近は、コストを考えてか、環境への配慮か(そんなわけ無いけど)<br /><br />プラスチック容器の駅弁の多いこと。<br /><br />旅の楽しみを、奪ってくれるなよ!<br /><br />と、声を大にして叫びたいところ。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>駅弁には、経木を使用すること</strong><br /></span><br /><br /><br />こんな、法律が出来ないかしらん。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />※ 前回の続きのつもりでしたが、脱線しまくったので、番外編としました(汗)<br /><br /><br />
168

時の彼方へ(その5)

同じ運転士でも、地下鉄の運転士は、つまらないと思う。毎日、暗闇の中を走っているわけで。天気も分からず、季節感も無く、ブラックホールに吸い込まれるかのように暗闇に向かっていく。疲れ切った乗客が出す、マイナーな気を車両一杯に詰めて毎日、どんよりと運行。「あ〜ぁ。今日も仕事かあ」。その点、SLの機関士は、いつも誇らし気。何処を走っても、注目の的。白い蒸気を吐けば、大きな歓声!黒い煙とともに、汽笛を鳴らせば... <br /><br />同じ運転士でも、地下鉄の運転士は、つまらないと思う。<br /><br />毎日、暗闇の中を走っているわけで。<br /><br />天気も分からず、季節感も無く、ブラックホールに吸い込まれるかのように<br /><br />暗闇に向かっていく。<br /><br />疲れ切った乗客が出す、マイナーな気を車両一杯に詰めて<br /><br />毎日、どんよりと運行。<br /><br /><br />「あ〜ぁ。今日も仕事かあ」。<br /><br /><br /><br /><br /><br />その点、SLの機関士は、いつも誇らし気。<br /><br />何処を走っても、注目の的。<br /><br />白い蒸気を吐けば、大きな歓声!<br /><br />黒い煙とともに、汽笛を鳴らせば、感動の渦。<br /><br />山間部の鉄橋を走るSLや、真っ白な雪の中を走るSL。<br /><br />動画で観るだけでも感動で、ウルウルしてしまうのに、<br /><br />実際に走る姿を見たとしたら、感極まって泣くに違い無い!<br /><br />音楽ライブで、ファンが感動して泣いている姿を見るけれど、あれと同じ感覚。<br /><br /><br />SLには、自然が似合う。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407141603096a0.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407141603096a0s.jpg" alt="201407141603096a0.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />益子駅改札口を出ると、大きな益子焼の壺がある。<br /><br />赤いポストもレトロです。<br /><br />エンジニアブーツを履いて歩く日は、いつも過酷。<br /><br />というか、バイクに乗る時は殆どエンジニアブーツ。<br /><br />履き替え用の靴があるのに、何故、過酷になるのかを検証してみる。<br /><br /><br />「少しだから大丈夫だろう」<br /><br /><br />という油断。<br /><br />近場だと思っていたのが意外に遠かったとか、道に迷ったとか、<br /><br />予想している徒歩時間と大きくズレる事が多いのだ。<br /><br />しかも炎天下だったり。<br /><br />そんなわけで、今回も、思いのほか歩かされたのです。<br /><br />駅から、繁華街までは結構遠かった。<br /><br />しかも坂道で、足場悪し。<br /><br /><br />ポツポツと、陶器のお店が出てきた所に、お肉屋さんを発見!<br /><br /><br />揚げたてのコロッケや焼き鳥などを店頭で販売中。<br /><br />親切にベンチまである。<br /><br />これはきっと「神の救い!」<br /><br />とばかりに、コロッケひとつと、麦酒を呑みたいのを我慢し、清涼飲料水を購入。<br /><br /><i>いやー!</i><br /><br />コロッケの美味しかったこと。<br /><br />お肉屋さんのコロッケで揚げたてだもの。美味しいはず!<br /><br />そして、お肉屋さんには、ふくよかな人が、ピッタリなのです。<br /><br />さらに、美味しそうに見えるのよね。<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140720142241528.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140720142241528s.jpg" alt="20140720142241528.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />
167

時の彼方へ(その4)

先日、Ladyアイアンは、日本語でいうと『鐡子』なのでは?とのご指摘を受けた事で、日本で走っている事ですし「鐡子」の方が、しっくり来るような気がしましたがタイトルも変えなければならないし、何かと面倒なのでLadyアイアンで行くことにします。特に、皆様には関係の無いことなのですが、どうでも良い事にも拘ったりすると、人生が楽しくなりますよ(笑)Ladyアイアン!激しい振動で、手が痺れる程ですが、その楽しさは乗って... 先日、Ladyアイアンは、日本語でいうと<br /><br />『鐡子』<br /><br />なのでは?とのご指摘を受けた事で、日本で走っている事ですし<br /><br />「鐡子」の方が、しっくり来るような気がしましたが<br /><br />タイトルも変えなければならないし、何かと面倒なので<br /><br />Ladyアイアンで行くことにします。<br /><br />特に、皆様には関係の無いことなのですが、<br /><br />どうでも良い事にも拘ったりすると、人生が楽しくなりますよ(笑)<br /><br /><br />Ladyアイアン!<br /><br />激しい振動で、手が痺れる程ですが、その楽しさは<br /><br />乗ってみて初めてわかるもの。<br /><br />基本、運転は自分のペースで走らないと疲れます。<br /><br />普段、街を歩いている時も同様ですが、自分のペースを阻むものは<br /><br />追い越したいわけで。<br /><br />そんな時、Ladyアイアンの加速感が、ものをいいます。<br /><br />瞬時に加速し、一気に追い越す。<br /><br />それはそれは、気持ちの良いものです。<br /><br />追い抜いた後は、またマイペースでノンビリと。<br /><br />直線だけでは無い、Ladyアイアン。<br /><br />峠だって、おてのもの。(国産バイクには叶いませんが)<br /><br />何せ、教習所ではスポーツスター(Ladyアイアンもスポーツスター)で<br /><br />クランクやS字を、やりましたからね。<br /><br />今、振り返ると良くやったなと我ながら思うのです。<br /><br />ニーグリップなど、出来やしない。<br /><br />乗る程に楽しくなるバイク。それがLadyアイアン!<br /><br /><br />と、またもや前置きが長くなってしまいました。<br /><br /><br />あれはどうした?<br /><br />そう。<br /><br />これ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407141601246e7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407141601246e7s.jpg" alt="201407141601246e7.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><span style="font-size:large;"><i>ジャーン!</i></span><br /><br />開けてびっくり玉手箱ならぬ、益子釜飯は、具が盛り沢山。<br /><br />こちらでは、釜飯と言ったら横川の『峠の釜飯』が有名なのですが<br /><br />お値段は、益子釜飯の方が多少安い。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407181008204b7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407181008204b7.jpg" alt="201407181008204b7.jpg" border="0" width="212" height="150" /></a><br /><br /><br />因みに、横川の釜飯はこんな感じ。<br /><br />わさび漬けが付いていたり、杏が入っている所もポイント高し。<br /><br />器は、益子焼。<br /><br />そう、益子で作っているのです。<br /><br /><br />益子は陶器の町。<br /><br />陶器好きな人にとっては、興味の尽きない町です。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140714160308c98.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140714160308c98s.jpg" alt="20140714160308c98.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />駅には、益子の作家さんの陶器が飾られています。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140718093045d27.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140718093045d27s.jpg" alt="20140718093045d27.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />駅舎も、雰囲気があります。<br /><br />特段、陶器に興味があるわけでは無く、益子を訪れたのは初めて。<br /><br />近場なら、益子焼よりも笠間焼の方が好き。<br /><br />尚更、益子には興味がありません。<br /><br />では何故、益子に?<br /><br />SLの停車駅の中で、益子以外に、これと言った駅が無かったから(汗)<br /><br />興味が無かったとはいえ、運賃を払って来ているので、駅弁を食べるだけで<br /><br />帰るなんて、それも勿体無い話。<br /><br />駅から、てくてくと、歩いていったとさ。<br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong><i>エンジニアブーツで!!</i></strong></span><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
165

時の彼方へ(その3)

レディアイアンの最高速度。試した事は無いけれど、調べた所によると180キロは出るらしい。1970年当時の性能ですから、それはもう良くできたバイクなのだとつくづく思うのです。ちなみに70年の日本の出来事。日本万国博覧会(大阪万博)が開催。よど号ハイジャック事件。トミーがトミカ発売。アメリカンクラッカーが大流行。ビートルズ解散。70年代に流行したファッション。サファリジャケットとんぼメガネベルボトムアンノン族浜... <br />レディアイアンの最高速度。<br /><br />試した事は無いけれど、調べた所によると180キロは出るらしい。<br /><br />1970年当時の性能ですから、それはもう良くできたバイクなのだと<br /><br />つくづく思うのです。<br /><br /><br />ちなみに70年の日本の出来事。<br /><br />日本万国博覧会(大阪万博)が開催。<br />よど号ハイジャック事件。<br />トミーがトミカ発売。<br />アメリカンクラッカーが大流行。<br />ビートルズ解散。<br /><br />70年代に流行したファッション。<br /><br />サファリジャケット<br />とんぼメガネ<br />ベルボトム<br />アンノン族<br />浜トラ、ニュートラ<br />ヘビーデューティ<br /><br /><br />70年代の国産名車。<br /><br /><br />トヨタ セリカ1600GT<br />三菱 ギャランGTO<br />日産 スカイラインGT-R<br />ホンダ 1300クーペ<br />日産 フェアレディ240Z<br />トヨタ ランドクルーザー 等々。<br /><br />70年代にヒットした音楽…。<br /><br />などとやっていると、キリが無いのでこの辺で。<br /><br />とにかく、日本もアメリカも元気のある時代だったわけです。<br /><br /><br />すっかり、前置きが長くなってしまいましたが、前回の続き。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407141535150b6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407141535150b6s.jpg" alt="201407141535150b6.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />C11の20周年記念号。<br /><br />発車を知らせる汽笛を聞きながら、急いで乗車。<br /><br /><br />一度は、運転席に乗ってみたい。<br /><br />運転は無理だとしても、せめて燃料係とか、やらせて貰えないだろうか。<br /><br /><br />そんな妄想をしながら、客車に乗り込んだもののメチャ混み。<br /><br />座席のある車両までも行かれず、出入り口付近で降車駅まで立つ羽目になりました。<br /><br />人が多いだけで暑いのに、この日は天気にも恵まれ、とにかく暑い日。<br /><br />窓を開けても、のんびり走行なので、少しも涼しくない。<br /><br />汗だくになりながら、じっと我慢の乗車です。<br /><br /><br />線路沿いに、必ず見かけるカメラマン。<br /><br />良い写真が撮れたでしょうか?<br /><br />道ゆく人は、必ず手を振ります。<br /><br />何故だろう?<br /><br />電車が通過する時にも、同じように手を振る?<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/SL" class="tagword">SL</a>には、人を惹きつける特別な魅力があるのです。<br /><br /><br />グッズの車内販売もあったようですが、混みすぎて<br /><br />車両移動も、ままならなかった様子。<br /><br />残念でしたが、限定の駅弁は、しっかりゲット!<br /><br />ホームの駅弁売りは、復活して欲しいものの一つ。<br /><br /><br />お昼も食べずに乗車したので、すぐにでも食べたい!<br /><br />しかし、流石に立っていては食べられず、降車駅までじっと我慢なのでした。<br /><br />出発から、一時間ほど。<br /><br /><br />ようやく降車駅に着きました。<br /><br />降りたところは<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">益 子</span><br /><br /><br />早速ホームで、駅弁を食べましょう!<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140714160122217.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140714160122217s.jpg" alt="20140714160122217.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">うっしっし ψ(`∇´)ψ</span><br /><br /><br />続く。<br /><br />
164

時の彼方へ(その2)

田圃に水が張られる頃。ハウス栽培が当たり前の時代。どんな野菜がいつ収穫出来るのか、図鑑で確かめるしか無かった子供時代。今になってリアルに体験する、様々な自然。いつものように、早朝出発。初めての道を走り続ける。早朝ということもあり、車も殆ど走っていない。少し肌寒い風を、身体で受け止めながら、爽快に走り続けると目前に、筑波山が見えてきた。あたり一面の田圃。おそらく、関東で見た中では、一番の広さだと思う... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140712123326dce.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140712123326dces.jpg" alt="20140712123326dce.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />田圃に水が張られる頃。<br /><br />ハウス栽培が当たり前の時代。<br /><br />どんな野菜がいつ収穫出来るのか、図鑑で確かめるしか無かった子供時代。<br /><br />今になってリアルに体験する、様々な自然。<br /><br /><br />いつものように、早朝出発。<br /><br />初めての道を走り続ける。<br /><br />早朝ということもあり、車も殆ど走っていない。<br /><br />少し肌寒い風を、身体で受け止めながら、爽快に走り続けると<br /><br />目前に、筑波山が見えてきた。<br /><br />あたり一面の田圃。<br /><br />おそらく、関東で見た中では、一番の広さだと思う。<br /><br /><br />筑波山へ行こうと、近くまで来たが、写真を撮っているうちに<br /><br />気が変わり、急遽、予定変更。<br /><br />予定は未定。<br /><br />気が変わるのは、いつもの事。<br /><br />「気の向くまま、風の吹くまま」。<br /><br />こんな風だから、多勢のツーリングを好まず。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121303399f8.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121303399f8s.jpg" alt="201407121303399f8.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />初めて訪れた『下館駅』。<br /><br />人もまばらで、駅前だというのに閑散としている。<br /><br />取り敢えず、レディアイアンは、近くのパーキングで、休憩。<br /><br />さて、ここからは電車の旅。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121308439a0.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121308439a0s.jpg" alt="201407121308439a0.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />真岡鐡道(「もおか」と読みます)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140712131221cd3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140712131221cd3s.jpg" alt="20140712131221cd3.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />オモチャの様な柄ですが、目的はコレでは無く。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121316079be.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121316079bes.jpg" alt="201407121316079be.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />もうすぐホームに入って来ますよー!<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121314502d2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121314502d2s.jpg" alt="201407121314502d2.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />乗るならコレしか無いでしょ!<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121321442a7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121321442a7s.jpg" alt="201407121321442a7.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />配色がレトロ!<br /><br />看板の色や、錆具合がまた味があるねえ。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407121321084af.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407121321084afs.jpg" alt="201407121321084af.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />乗車口を撮ってみたり、<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140712132034173.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140712132034173s.jpg" alt="20140712132034173.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />運転席を撮ってみたりと、<a href="https://blog.fc2.com/tag/SL" class="tagword">SL</a>に乗る前は、何かと忙しい。<br /><br /><br />乗っている時間が楽しいので、行き先など何処でも良い。<br /><br /><br />とはいえ、切符を買う都合上、降車駅を決めなければ。<br /><br /><br />取り敢えず、益子でも行ってみるかあ。<br /><br /><br /><br />「発車しまーす!」<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><strong><i>ボオーーーーーッ!!!</i></strong></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />続く。
163

時の彼方へ

この駅弁が何処のものか?お分かりになる方は、かなりの駅弁ツウだと思われます。駅弁は、多々あれど、ここのものはテッパン。迷ったらコレ!昔は醤油差しが、焼き物で、コレクターも居るほどだったのに現在は、残念ながら味も素っ気もないプラ容器。せめて、弁当容器だけは変えてくれるなよ崎陽軒ということで、崎陽軒の炒飯弁当でした。勿論、シウマイ弁当(シュウマイでもシューマイでも無い)や、季節のお弁当も大好きです。そ... <br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140712105335e35.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140712105335e35s.jpg" alt="20140712105335e35.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />この駅弁が何処のものか?<br /><br />お分かりになる方は、かなりの駅弁ツウだと思われます。<br /><br />駅弁は、多々あれど、ここのものはテッパン。<br /><br />迷ったらコレ!<br /><br /><br />昔は醤油差しが、焼き物で、コレクターも居るほどだったのに<br /><br />現在は、残念ながら味も素っ気もないプラ容器。<br /><br />せめて、弁当容器だけは変えてくれるなよ<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">崎陽軒</span><br /><br /><br />ということで、崎陽軒の炒飯弁当でした。<br /><br />勿論、シウマイ弁当(シュウマイでもシューマイでも無い)や、季節のお弁当も<br /><br />大好きです。<br /><br /><br />そして<br /><br />駅弁は、電車の中で食べるもの。<br /><br />自宅で、夕飯用に買って行ったりするのは、邪道じゃー!<br /><br /><br />ふう。。<br /><br /><i><span style="font-size:large;">旅に行きたいなああ。</span></i><br /><br /><br />バイクの旅も良いけれど、電車の旅も捨てがたい。<br /><br />短い夏休み。<br /><br />あれこれ出来ないのが、悲しいぞよ。<br /><br /><br /> <br />demo demo<br /><br /><br />こんなのもアリなのです。<br /><br />途中までバイクで行き、駅から電車に乗るという。<br /><br />すこし前のお話ですが、行ってきました!<br /><br /><br />名付けて<br /><br /><br />『アイアンに乗ってSLに乗ろう!』<br /><br /><br /><br /><br />フツーやん。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140712115529eed.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140712115529eeds.jpg" alt="20140712115529eed.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />はいっ!いきなり<br /><br />「筑波山とワタシ」<br /><br /><br />何せ、時間が経ちすぎて、記憶も曖昧なものですから(汗)<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br />
162

梅雨の愉しみ(其の2)

「このままぁ〜 どこか遠くぅぅ〜 連れてってぇ〜 くれないぃかぁ〜」走りだすと、あまりの心地良さにいつも、こんな気分にさせられる。梅雨は、雨ばかりだと嘆くべからず。梅雨には梅雨の愉しみが、あるもの。紫陽花をゲットした後に向かったのは、「道の駅こが」。昨年のオープン時に立ち寄り、駐輪場の少なさが不満だったけれど、あれから少し変わったかな?という淡い期待を込めて。丁度、一周年だったみたい。駐輪場は変わら... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707132133edb.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707132133edbs.jpg" alt="20140707132133edb.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />「このままぁ〜 どこか遠くぅぅ〜 連れてってぇ〜 くれないぃかぁ〜」<br /><br /><br />走りだすと、あまりの心地良さにいつも、こんな気分にさせられる。<br /><br />梅雨は、雨ばかりだと嘆くべからず。<br /><br />梅雨には梅雨の愉しみが、あるもの。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407071423053f8.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407071423053f8s.jpg" alt="201407071423053f8.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />紫陽花をゲットした後に向かったのは、「道の駅こが」。<br /><br />昨年のオープン時に立ち寄り、駐輪場の少なさが不満だったけれど、<br /><br />あれから少し変わったかな?という淡い期待を込めて。<br /><br />丁度、一周年だったみたい。<br /><br />駐輪場は変わらず、店内に入ると、お目当ての食堂は開店前。<br /><br />仕方なく、パン屋さんでパンを買い、コンビニのコーヒーで朝食。<br /><br />とうもろこし売り場に試食あり。<br /><br />おじいちゃんの、お孫さんかな?<br /><br />小学生位の男の子が、ねじり鉢巻でお手伝い。<br /><br />都会の子供には見られないような、純粋な目をしていた。<br /><br />そのまま、素直に、成長して欲しいと願う。<br /><br /><br />道の駅にしては、比較的割高なような印象。<br /><br />テンションが上がらなかった為、写真もありません(笑)<br /><br /><br />もうひとつ立ち寄ったところは、お馴染みの道の駅。<br /><br />野菜が、安くて豊富。<br /><br /><br />「道の駅こが」では、お孫さんの純粋さに惹かれ、とうもろこしを買ったので<br /><br />こちらでは、枝豆を購入。<br /><br />とうもろこしに枝豆、ビールがあれば、気分は「夏!」です。<br /><br /><br />駐輪場に戻ると、パンとシャベルが停まっていた。<br /><br />名前は知らずとも、バイクで知り合いかどうか分かるのがバイク乗り。<br /><br />「知らないバイクだ」。<br /><br /><br />さてと、エンジン始動。<br /><br />キーを刺し、空キック3回を済ませ、本番!<br /><br />一回で、かかりそうになるも、失敗。<br /><br />やりなおしていると、停まっていたバイクの持ち主がやってきて<br /><br />キック一回でエンジンをかけ、サッと走り去った。<br /><br /><br />「かなり調子いいじゃん!」。<br /><br /><br /><br />でも、威嚇するような態度?は、ちょっとね。<br /><br />別に、何を張り合おうとも思って無いし。<br /><br /><br />ただね、「キミはアイアンキックを、体験した事があるかな?」。<br /><br />ふっ ふっ ふっ。<br /><br /><br />バイク乗りも、色々ですわ。<br /><br /><br />早朝5時半から、午後の3時頃まで。<br /><br />今回も、走りを堪能しました。<br /><br /><br />得たものは、楽しい思い出と…筋肉痛。<br /><br /><br />そして、失ったもの。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707132157f46.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707132157f46s.jpg" alt="20140707132157f46.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><i><span style="font-size:large;">ミラーがぁぁぁ!!!</span></i><br /><br /><br /><br />おしまい。。<br /><br />
160

梅雨の愉しみ

見慣れた風景。いつもの土手道。見事な等間隔で走る自転車乗り。『走る』走るという、単純な行為が、こんなにも楽しいなんて。究極の走りは、マラソンかなあと思ったりしますが、好きじゃない(笑)やっぱり、バイクが一番!梅雨の曇空ではありましたが、久々に走ってきました。ひと月ちょっと?走れない日が続くと、無性に走りたくなるものですね。バイク禁断症状を、初体験。毎週乗っていれば、気温差を実感出来るのですが、久々... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407071058487f1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407071058487f1s.jpg" alt="201407071058487f1.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />見慣れた風景。いつもの土手道。<br /><br />見事な等間隔で走る自転車乗り。<br /><br /><br />『走る』<br /><br />走るという、単純な行為が、こんなにも楽しいなんて。<br /><br />究極の走りは、マラソンかなあと思ったりしますが、好きじゃない(笑)<br /><br />やっぱり、バイクが一番!<br /><br /><br />梅雨の曇空ではありましたが、久々に走ってきました。<br /><br />ひと月ちょっと?<br /><br />走れない日が続くと、無性に走りたくなるものですね。<br /><br />バイク禁断症状を、初体験。<br /><br />毎週乗っていれば、気温差を実感出来るのですが、久々なので<br /><br />装備に迷う事、一時間。<br /><br />それでも、まだ5時半。<br /><br />前日に行先を決めておくものの、走り出すと気が変わる。<br /><br />早目に出発するようにしています。<br /><br />そして、何と言っても朝が好き!<br /><br /><br />雨に濡れた草花は、強い香りを放ち、<br /><br />ときに宝石のような輝きを魅せるのは、雲の切れ目から時折顔を覗かせる朝陽の悪戯。<br /><br /><br />「このまま、どこまでも走って行きたい」。<br /><br /><br />無心になって、ただひたすら走る。<br /><br /><br /><br />久々の走りだったのに、全く違和感が無く。<br /><br />教習所時代なら、乗らないでいるとすぐに戻ってしまい<br /><br />ぎこちない走りになっていたのに。<br /><br />これもみな、いくつもの峠を越えてきたから?と自己満足に浸る(笑)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707121154cab.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707121154cabs.jpg" alt="20140707121154cab.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />着いた先は、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%A0%82" class="tagword">権現堂</a>。<br /><br />丁度、紫陽花まつりの時期でした。<br /><br /><br />早起きは良いことだらけ。<br /><br />でも、ひとつだけ困ることが。<br /><br /><br />どこのお店も開いて無く、必然的にコンビニか自販機になるという。<br /><br />早起き人の宿命かも。<br /><br />たまには、お弁当持参で行ってみようかとも思いますが、そんな雰囲気でもナイヨウナ。<br /><br />「梅雨時期は、食べ物が腐りやすいしね!」<br /><br />などと、言い訳なぞ考えてみたりする。<br /><br /><br />飲み物片手に、紫陽花鑑賞。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407071245134c9.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407071245134c9s.jpg" alt="201407071245134c9.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201407071307494c3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201407071307494c3s.jpg" alt="201407071307494c3.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />紫陽花といえども、様々な品種があります。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707131108c58.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707131108c58s.jpg" alt="20140707131108c58.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />これが、良く見る紫陽花ですね。<br /><br /><br />楽しめてイマドキ無料は嬉しい。<br /><br />そろそろ帰ろうと、駐車場へ向かうと、何やら人だかり。<br /><br />紫陽花の剪定作業が始まり近所の人が、花を貰おうと集まっていたのです。<br /><br />勿論、参加しましたとも!<br /><br /><br />花束ゲットで、記念撮影。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707132038216.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707132038216s.jpg" alt="20140707132038216.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%A0%82" class="tagword">権現堂</a>公園のお墓みたいになってしまった(汗)<br /><br />せっかくなので、レディアイアンも紫陽花と。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140707132108300.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140707132108300s.jpg" alt="20140707132108300.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />紫陽花の花言葉は、色々だけれど<br /><br /><br />「元気な女性」<br /><br /><br />というところかな。<br /><br /><br />この光景を見た通りすがりの オバちゃんが、大喜び!<br /><br />『素敵ねえ」<br /><br /><br /><i><span style="font-size:large;">そうでしょううううう!!!</span></i><br /><br /><br />このまま走るには、紫陽花さんが可哀想。<br /><br />袋に詰めて出発です。<br /><br /><br />時間をみると、まだお昼前。<br /><br /><br />もう少し先に行くとするか。<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop