FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
151

春を独り占め

「暑さ寒さも彼岸まで」昨日は、雨が降りましたが、冬に比べれば優しい雨。ことわざ通り、大分過ごしやすくなってきました。桜の開花も、例年並みとのこと。あと一週間もすれば、満開の桜が、人々を癒してくれることでしょう。春になると沢山の花が我先に、と咲き乱れますが、普段は花に興味の無い人でも桜の前では、足を止めるだけでなく、記念撮影。桜は何故か、特別な存在。日本人のこころ。桜も良いですが、黄色の花も綺麗です... <br /><br />「暑さ寒さも彼岸まで」<br /><br /><br />昨日は、雨が降りましたが、冬に比べれば優しい雨。<br /><br />ことわざ通り、大分過ごしやすくなってきました。<br /><br />桜の開花も、例年並みとのこと。<br /><br />あと一週間もすれば、満開の桜が、人々を癒してくれることでしょう。<br /><br />春になると沢山の花が我先に、と咲き乱れますが、普段は花に興味の無い人でも<br /><br />桜の前では、足を止めるだけでなく、記念撮影。<br /><br />桜は何故か、特別な存在。<br /><br /><br />日本人のこころ。<br /><br /><br /><br />桜も良いですが、黄色の花も綺麗です。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140328175137926.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140328175137926s.jpg" alt="20140328175137926.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />冬の間、枯れ草に覆われている土手道も、春になればこの通り!<br /><br />毎年同じ風景なのに、毎年感動する菜の花ロード。<br /><br />春の香りを、胸いっぱいに吸い込みながら走ります。<br /><br /><br />昨年の秋、土を盛り返していたので、今年の菜の花はどうなるのかと心配でしたが<br /><br />新たな土にも、ちらほらと咲く菜の花を見かけ、自然の逞しさを感じました。<br /><br /><br />新年度に向けて忙しくなるけれど、時間を作ってバイクに跨ろう。<br /><br /><br />そんな事を思いながら、春を満喫した一日。<br /><br /><br />一般的にお花見というと桜の下だけど、菜の花でお花見もオツなもの。<br /><br /><br />まさに、春を独り占め!<br /><br /><br />だよねっ!<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201403281924363ab.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/201403281924363abs.jpg" alt="201403281924363ab.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />
149

ブラボーな奴ら

はっ!るのぉ〜 うらあ〜らあのぉ〜と、思わず口ずさみたくなるような陽気に誘われてレディアイアンに跨ってみたものの、まだまだ寒かった…。眩しいほどの青空に騙されてはイケマセン。油断大敵!アメアラレ。その後、スカウトさんは元気にしているでしょうか?ということで、スカウトさんの元へと出掛けました。この通り!元気にしています。この光景を見るなり「かっこいいいいいいーー!!!」と、思わず叫んでしまったワタクシ... <br /><br />はっ!るのぉ〜 うらあ〜らあのぉ〜<br /><br /><br /><br />と、思わず口ずさみたくなるような陽気に誘われて<br /><br />レディアイアンに跨ってみたものの、まだまだ寒かった…。<br /><br />眩しいほどの青空に騙されてはイケマセン。<br /><br />油断大敵!アメアラレ。<br /><br /><br />その後、スカウトさんは元気にしているでしょうか?<br /><br /><br />ということで、スカウトさんの元へと出掛けました。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140316194936280.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140316194936280s.jpg" alt="20140316194936280.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />この通り!元気にしています。<br /><br /><br />この光景を見るなり<br /><br /><br />「かっこいいいいいいーー!!!」<br /><br /><br />と、思わず叫んでしまったワタクシ。<br /><br /><br />まさに、惚れなおすというのは、この事なのでしょう。<br /><br /><br />戦闘準備が着々と、進んでおります。<br /><br /><br /><br />とかく、スピード、イコール、性能の良さ(凄さ)みたいに捉えられがち。<br /><br />確かに一理あるけれど、スピードを求めるなら、国産バイクの方がずっと<br /><br />速く走れると思う。<br /><br /><br /><br />バイク歴よりも、車歴の方が長いので、かつての相棒だったMINIに置きかえてみる。<br /><br />電気系は弱いし、夏はオーバーヒートとの闘い。渋滞にハマれば水圧系とにらめっこ。<br /><br />「まだ行ける?」<br /><br />「いや、もうそろそろ限界かも」<br /><br />走るときは、いつもMINIと対話しながら。<br /><br />雨が降れば、雨漏りはするし(クルマなのに)様々な苦労があった。<br /><br />それでもずっと乗り続けていられた理由は至ってシンプル。<br /><br /><br />「運転が楽しい」<br /><br /><br />ということ。<br /><br /><br />国産車なら、アクセルを少しだけ踏み込むだけで一気に加速する。しかも静か。<br /><br />「私は機械ですから、狂ったりはしないのです」<br /><br />と、言わんばかりに、機械であることに徹する。<br /><br />いわゆる、優等生タイプ。<br /><br /><br />それに引き換え、MINIといったら<br /><br /><br />「行くぜ!」<br /><br />と言い聞かせ、戦闘(加速)態勢に。<br /><br /><br />グァー!<br /><br /><br />グガガァー!!<br /><br />グガガガガガガーーー!!!<br /><br /><br />と、いちいち唸りをあげる。<br /><br /><br /><br /><br />「今日は寒いから、もう少し寝ていたいのに』<br /><br />とか<br /><br />「えー!こんな暑い日に走るの?」<br /><br />とか<br /><br />「今日は、湿気も無く最高の走り日和だぜ」<br /><br />などと、ご機嫌だったり。<br /><br /><br />機械であって、どこか人間らしさを持つ不思議なクルマ。<br /><br /><br /><br />アイアンもMINIに通ずるものを感じ、相棒となった。<br /><br /><br />そして、スカウトさんも同様。<br /><br /><br />機械であって、機械でない。<br /><br />どこか、人間らしさを持つ旧車たち。<br /><br />そして何よりも、「運転が楽しい」ということ。<br /><br /><br />1970年生まれのレディアイアン、44歳。<br /><br />人間で言えば、働き盛り?<br /><br />1941年生まれのスカウトさん、73歳。<br /><br />人間で言えば、年金生活。因みに都営バスもタダです(笑)<br /><br /><br /><br />まだまだ、現役バリバリの、ブラボーな奴ら。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2014031620540161d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/2014031620540161ds.jpg" alt="2014031620540161d.jpg" border="0" width="197" height="300" /></a><br /><br />
146

ヒーロー

立春は、とうに過ぎたものの、まだまだ寒い日が続く。とはいえ、ときに春を思わせるような陽気の日があると仕事中でもバイクに思いを馳せてしまう。出来れば仕事のある日は、雨や曇。悪天候であって欲しいもの。冬の時期は、帰宅するとまず、アラジンストーブに火入れ。夕食のメニューは、どうしても鍋が多くなる。野菜をざく切りにし、冷蔵庫にある余り物を見繕い、アラジンにかけた鍋に投入。その間、雑用を済ませると、丁度良い... <br />立春は、とうに過ぎたものの、まだまだ寒い日が続く。<br /><br />とはいえ、ときに春を思わせるような陽気の日があると<br /><br />仕事中でもバイクに思いを馳せてしまう。<br /><br />出来れば仕事のある日は、雨や曇。悪天候であって欲しいもの。<br /><br /><br /><br /><br />冬の時期は、帰宅するとまず、アラジンストーブに火入れ。<br /><br />夕食のメニューは、どうしても鍋が多くなる。<br /><br />野菜をざく切りにし、冷蔵庫にある余り物を見繕い、アラジンにかけた鍋に投入。<br /><br />その間、雑用を済ませると、丁度良い加減で夕食の準備が整う。<br /><br />煮物、鍋物は、ものぐさには、とっておきの調理法。<br /><br /><br /><br /><br />裏通りではあるが、公道に面した自宅からは、通過する車やバイクの音が良く聞こえる。<br /><br />窓を開けておくと、会話や鼻唄まじりの通行人等、内容までしっかり<br /><br />聞こえてくるから面白い。<br /><br /><br />その日も鍋をつついていた。<br /><br />一台のバイクの音が近づいてくる。<br /><br />音からして、かなりスピードを出しているなと感じたその時、<br /><br />タイヤの滑る音の後に、ガガガっ!という音。<br /><br />「あっ!転んだかも」<br /><br /><br />すぐさま、ベランダから身を乗り出して下を見ると<br /><br />軽トラックの横にバイクが転倒していた。<br /><br />薄暗くてよく見えなかったが、運転者は動いている様子だったので、すぐに110番。<br /><br />「はいっ!こちら警視庁110番。事件ですか、事故ですか?」<br /><br />うおー!<br /><br />ドラマで見たことがあるけれど、本当にこんな風に言うんだ…。<br /><br />110番通報など、初めての体験で、ちょっと感動。<br /><br />状況を説明し、現場住所を伝えるも、自分が事故ったわけでも無いのに変に動揺する。<br /><br />電話を終えると、部屋着の上にコートを羽織り現場に向かった。<br /><br />すでに数人の人だかり。<br /><br />本人には、出来るだけ動かない方が良いと助言し交通整理に加わる。<br /><br />マウンテンバイクだったのが幸いしたのか、本人は立てないほどであったが<br /><br />大量に出血している様子は無かった。<br /><br />数分で、救急車が到着。あとは、救急隊がやってくれる。<br /><br /><br />「私もバイカーですから」<br /><br /><br />とだけ言い残し、現場を離れた。<br /><br /><br /><br /><br />バイクのトラブルに関しては知らぬ顔出来ないもの。<br /><br /><br />トラブルの大変さは、身に沁みているから。<br /><br /><br />バイク乗りはみな、ヒーロー(ヒロイン)の素質十分だね!<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2014030511352859a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/2014030511352859as.jpg" alt="2014030511352859a.jpg" border="0" width="300" height="188" /></a><br /><br /><br /><br /><br />
145

風好き少女のみる夢

子供のころ、風が好きだった。乗り物に乗れば、窓から顔を出してよく叱られた。遠足のバスでもそう。「窓から顔を出してはいけません!」先生に叱られたっけ。顔がダメならと、手を伸ばした先にハンカチを持ち風になびくのを楽しんだ。勿論、これも見つかって叱られたけど…。「子供は風の子」というけれど、子供はみな風が好きなのだろうか。大人になり、いつしか風が嫌いになった。寒いし、髪の毛は乱れるし、良いことなんか少し... <br /><br />子供のころ、風が好きだった。<br /><br /><br />乗り物に乗れば、窓から顔を出してよく叱られた。<br /><br />遠足のバスでもそう。<br /><br />「窓から顔を出してはいけません!」<br /><br />先生に叱られたっけ。<br /><br />顔がダメならと、手を伸ばした先にハンカチを持ち<br /><br />風になびくのを楽しんだ。<br /><br />勿論、これも見つかって叱られたけど…。<br /><br />「子供は風の子」というけれど、子供はみな風が好きなのだろうか。<br /><br /><br />大人になり、いつしか風が嫌いになった。<br /><br />寒いし、髪の毛は乱れるし、良いことなんか少しも無い。<br /><br /><br />風の事などすっかり忘れていたはずなのに。<br /><br /><br /><br /><br />あるとき、記憶の彼方から、大切なものを探したくなった。<br /><br /><br />それが何だったか、そのときは思い出せなかったけれど。<br /><br /><br />月日は流れ、ひょんなことからバイクに乗るようになる。<br /><br /><br />教習所を卒業し、バイクに慣れた頃。<br /><br /><br /><br /><br />「あっ!この感じ!」<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />風が好きだった子供の頃のひとつの夢。<br /><br /><br />それは、<br /><br />「トラックの荷台に乗ること」。<br /><br /><br />荷台に乗れば、顔だけでなく、全身で風を感じられるではないか。<br /><br />風好き少女は、こんな夢を見ていたが、現実は…。<br /><br /><br />家には、普通乗用車しか無く、トラックを所有する親戚も友人もおらず。<br /><br />つまり、夢は果たせない。<br /><br /><br />小学生にして、絶望の淵に立たされたそのとき、差し伸べられたひとつの手ならぬ<br /><br />トラック!<br /><br />どこでどうして乗る機会に恵まれたのか、記憶は定かでは無いが、<br /><br /><br />夢を果たしたときの感動と興奮。<br /><br /><br />どんな些細な事でも、純粋に喜べたあの頃。<br /><br /><br />バイクで風を感じるときは、風好き少女に戻るとき。<br /><br /><br />心の中の大切な記憶は、バイクによって蘇る。<br /><br /><br />いつまでも、ピュアな心で居たいから…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140228184456c56.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140228184456c56s.jpg" alt="20140228184456c56.jpg" border="0" width="300" height="240" /></a><br /><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop