FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
106

お告げ

場所は東北の、とある街。一面の雪景色に数台のバイク。雪しぶきを上げながら見事なライディングテクニックで、走り抜けていく。「良く滑らないなー」「うわー!あれは凄いよ…」感心しながら、走る様を目で追う。雪景色が非日常のライダーにとっては、神業。まるで雪上を滑るスキーヤーのようであった。またある日は、米国のとある街。泥んこの路面を走る数台のバイク。何度もハンドルを取られながらも、持ち堪える。一気に急坂を... <br /><br /><br />場所は東北の、とある街。一面の雪景色に数台のバイク。<br /><br />雪しぶきを上げながら見事なライディングテクニックで、走り抜けていく。<br /><br /><br />「良く滑らないなー」<br /><br />「うわー!あれは凄いよ…」<br /><br /><br />感心しながら、走る様を目で追う。<br /><br />雪景色が非日常のライダーにとっては、神業。<br /><br />まるで雪上を滑るスキーヤーのようであった。<br /><br /><br />またある日は、米国のとある街。<br /><br /><br />泥んこの路面を走る数台のバイク。<br /><br />何度もハンドルを取られながらも、持ち堪える。<br /><br />一気に急坂を上ったと思いきや、下るというよりも飛び降り。<br /><br />観ている方も、水しぶきならぬ泥しぶきを浴び、洗礼を受ける。<br /><br />足元を見ると、これまた泥だらけ。<br /><br /><br />着替えは持ち併せて居ない。<br /><br />どうしよう…。<br /><br />このまま飛行機に乗せてくれるだろうか?<br /><br /><br /><br />ここで夢は終わり。<br /><br /><br />或る日、こんな夢を見たという夢のお話。<br /><br /><br /><br />夢占いというものがあるけれど、バイクの夢はどんなお告げ?<br /><br /><br /><br />どなたか詳しい人が居たら、教えてください(笑)<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/asa.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/asas.jpg" alt="asa.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />
107

少年のように

ブログを更新する際にチェックするランキング。今回は注目記事での金の王冠。これまで3位が最高だったので、まさかの1位に我ながら驚き。国産旧車の根強いファンが居る事を知りました。旧車時代をリアルに知らない者にとっては、昔乗っていたバイクを懐かしむことが出来るのは羨ましい限り。「当時は30万程度だったのに、今や80万位するんだよなー」などということも良く聞く話。これが四輪であったなら、人気車種でも相当な... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/kiji.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/kijis.png" alt="kiji.png" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />ブログを更新する際にチェックするランキング。<br /><br />今回は注目記事での金の王冠。<br /><br />これまで3位が最高だったので、まさかの1位に我ながら驚き。<br /><br />国産旧車の根強いファンが居る事を知りました。<br /><br />旧車時代をリアルに知らない者にとっては、<br /><br />昔乗っていたバイクを懐かしむことが出来るのは羨ましい限り。<br /><br /><br /><br />「当時は30万程度だったのに、今や80万位するんだよなー」<br /><br />などということも良く聞く話。<br /><br /><br />これが四輪であったなら、人気車種でも相当な目減りは確実。<br /><br />Hurleyでもそうじゃない?<br /><br /><br />そう考えると、国産旧車は優秀!<br /><br />懐かしのバイクに跨ることで懐かしの時代にタイムスリップ出来るのかもね。<br /><br /><br />誰しも年とともに容姿の変化は止められないけれど、心はいつまでも当時のまま。<br /><br /><br /><br />それが、<span style="font-size:large;">バイク乗り!</span><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/aozira7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/aozira7s.jpg" alt="aozira7.jpg" border="0" width="225" height="300" /></a><br /><br />
105

謎のバイク

先日、ある雑誌を購入。「世界の絶版車」完全保存版ひと通り目を通すと、国産、外車問わず掲載されており興味深い。自宅に戻り、丁寧に読み進める。「おっ!101」「あれ?○○さんだ」意外に知っているバイク、人が載っている。雑誌中程まで行くと「Masterpiece Museum」というコーナー。「世界各国の絶版名車を心ゆくまで、鑑賞して欲しい」とある。うーん。楽しみだ!先ずは国産車。MEGURO 1924年創業。加工技術の高さで... <br /><br /><br />先日、ある雑誌を購入。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/zazhi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/zazhi.jpg" alt="zazhi.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />「世界の絶版車」完全保存版<br /><br />ひと通り目を通すと、国産、外車問わず掲載されており興味深い。<br /><br />自宅に戻り、丁寧に読み進める。<br /><br />「おっ!101」<br /><br />「あれ?○○さんだ」<br /><br />意外に知っているバイク、人が載っている。<br /><br /><br />雑誌中程まで行くと<br /><br />「Masterpiece Museum」というコーナー。<br /><br />「世界各国の絶版名車を心ゆくまで、鑑賞して欲しい」とある。<br /><br />うーん。楽しみだ!<br /><br />先ずは国産車。<br /><br />MEGURO 1924年創業。加工技術の高さで知られた。<br /><br />66年K2 58年Z7<br /><br />KAWASAKI 言わずと知れた「男のカワサキ」からは<br /><br />73年Z1  77年Z1-R 74年750RS 他3ページ使用。<br /><br />お次は、HONDA<br /><br />63年CB72 60年スーパーカブ 等々、やはり3ページ使用。<br /><br />そしてYAMAHA。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/zassh.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/zasshs.jpg" alt="zassh.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />72年XS650E<br /><br />1980年にRZ250の兄貴分として登場したスポーツネイキッド。<br />350ccに排気量アップされたエンジンは   ~中略~<br />日本ではナナハンキラー、北米ではロケットポケットの異名で親しまれた。<br /><br /><br />「ナナハンキラー」かあ。650ccで、ナナハンよりも早かったという事ね。<br /><br />でも「350ccに排気量アップされた…」って、元が650じゃないの?<br /><br /><br />疑問を持ちながら次のページをめくる。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/zassshJPG.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/zassshJPGs.jpg" alt="zassshJPG.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />81年RZ350<br /><br />80年にRZ250の兄貴分として登場した。350CCにアップされたエンジンは<br />750ccをしのぐ馬力をマーク。 ~中略~<br />日本ではナナハンキラー、北米ではロケットポケットの異名を持つ。<br /><br /><br />(別冊LightningVol.133号より一部抜粋)<br /><br /><br />ん??ん???うーん???<br /><br /><br />説明が同じような…。<br /><br /><br />もう一度、読み返してみるもやっぱり同じ。<br /><br /><br />せっかく気合を入れて、ワクワクしながら読んで居たのに一気に気分が萎える。<br /><br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">完全保存版</span></strong><br /><br /><br />と、表紙に書いてあるよねー。<br /><br /><br />こんな間違いが載っている雑誌が、完全保存版に出来る?<br /><br />出来ないでしょー!<br /><br /><br />とかく活字は信頼性が高いイメージがあるが、そんなイメージを見事に打ち砕く<br /><br /><br />がっかりな出来事。<br /><br /><br /><br />国産車の名車が乗って居て勉強になったけど、結局「72年XS650E」って<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">どんなバイク?</span><br /><br /><br /><br /><br />
103

鳥は鳥でも

旧車バイクブログランキング第1位『風とともに走る』。金の王冠をいただきましたー!二位の920ポイントとを大きく離し、2202ポイント。完全に自己満足ですが、やる気に繋がっています。これも温かく見守ってくださる皆様のお陰。感謝の気持ちで一杯です。これからも、見放すこと無く(笑)末永く宜しくお願い致します。さてさて、今回は完全なる食べログ!馴染みのお店に、久しぶりに行ってきました。中華料理店『七面鳥』... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/burogu.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/burogus.jpg" alt="burogu.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br /><br />旧車バイクブログランキング第1位『風とともに走る』。<br /><br />金の王冠をいただきましたー!<br /><br />二位の920ポイントとを大きく離し、2202ポイント。<br /><br />完全に自己満足ですが、やる気に繋がっています。<br /><br />これも温かく見守ってくださる皆様のお陰。<br /><br />感謝の気持ちで一杯です。<br /><br />これからも、見放すこと無く(笑)末永く宜しくお願い致します。<br /><br /><br /><br />さてさて、今回は完全なる食べログ!<br /><br />馴染みのお店に、久しぶりに行ってきました。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/noren.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/norens.jpg" alt="noren.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />中華料理店『<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%83%E9%9D%A2%E9%B3%A5" class="tagword">七面鳥</a>』。<br /><br />ボケると「九官鳥」とか言ってしまう(^^;<br /><br />どちらも「鳥」だから良いでしょ!(良くないよ)<br /><br />地元では、この店を知らない人はモグリだと言われるほど。(地元じゃないけど)<br /><br /><br />お店の由来は知らないが、<br /><br />中華料理店というのは不思議なもので、店構えと味は反比例。<br /><br />こ汚いお店が、意外に美味しかったりする。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/kabe.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/kabes.jpg" alt="kabe.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />中央にカウンターがある他、4人用テーブルが3つ。と言っても昔の椅子なので<br /><br />体格の良い人は、カウンターが良いかも。<br /><br />昭和チックな感じもイイ感じ。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/reisyo.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/reisyos.jpg" alt="reisyo.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />ビールが呑みたければ、入口近くの冷蔵ケースから勝手に持ってくる。<br /><br />最近のお店では中瓶が多い中、ココでは大瓶。アサヒ、キリン、サッポロから好きなものをチョイス。<br /><br />勝手に呑んでいると、勝手にお通しが出てくる。二品も!<br /><br />勿論、居酒屋のような席料は取られない。<br /><br />いつだったか、○木屋に入った時のこと。<br /><br />生ビール一杯と、大して美味しく無いつまみ1点ほど頼んだだけで<br /><br />2,000円近く取られたときは驚いた。<br /><br />メニューに大きく席料を、表示すべきでは無いかと思う。<br /><br /><br /><br />この日は、オムライスを注文。<br /><br />因みに「オムライス」と「オムレツライス」というのがあるので<br /><br />間違わないようにしよう。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/mayo.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/mayos.jpg" alt="mayo.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br />付け合せのキャベツとお新香が、運ばれてくる。<br /><br />なんと、マヨネーズがチューブのまま。<br /><br />マヨラーには嬉しい、かけ放題だ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/omu.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/omus.jpg" alt="omu.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />オムライスと中華スープ。<br /><br />ケチャップもタップリでかなりのボリュームなので、ガテン系でも<br /><br />満足出来る量。<br /><br />自宅でもオムライスを作るが、どうしてもご飯がべたついてしまう。<br /><br />そこは、やはりプロの味は違う。<br /><br />チキンライスなのに、ご飯はパラパラに仕上がっている。<br /><br />何故だ!?ケチャップをかければ更にべたつくハズなのに…。<br /><br />卵も、火を通し過ぎないトロトロ感あり。<br /><br /><br />そしてお会計。<br /><br />○○○円です!<br /><br /><br />えっ!?計算間違ってない?安すぎるでしょー。<br /><br />と思うのはいつものことだが<br /><br />この日は、やっぱり計算間違いをしていた。<br /><br /><br />オムライス650円<br /><br />ビール大瓶500円<br /><br />餃子380円<br /><br /><br /><br />とにかく、旦那さん、奥さん、息子さん。皆、人情味溢れた人たち。<br /><br />こんなお店には、自ずと感じの良いお客が集まるもの。<br /><br /><br />ひとりでブラっと入って、ダラダラ呑むも良し。<br /><br />家族でお昼を食べに行くも良し。<br /><br />友達同士で賑やかに呑むも良しの、気兼ねの無い中華屋さんなのです。<br /><br /><br /><br /><br />
104

憧れの101

映画『世界最速のインディアン』のモデルにもなったスカウト101は1928年に誕生。V型2気筒750cc、最高速度89キロ程度のバイクを世界最速までにしたバート・マンローの偉業もさることながら、スカウトだからこそ成し得たのかも…と感じる。殆どのバイクが革ベルトを使用していた時代にインディアン第一号はチェーン・ベルトを採用。ハーレーよりも高級路線であり、高性能・高品質の代名詞となった。“フロンティアスピ... <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20131120102607187.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20131120102607187.jpg" alt="_写真(4)" border="0" width="488" height="381" /></a><br /><br /><br />映画『世界最速のインディアン』のモデルにもなった<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91" class="tagword">スカウト101</a>は1928年に誕生。<br /><br />V型2気筒750cc、最高速度89キロ程度のバイクを<br /><br />世界最速までにしたバート・マンローの偉業もさることながら、スカウトだからこそ<br /><br />成し得たのかも…と感じる。<br /><br /><br />殆どのバイクが革ベルトを使用していた時代にインディアン第一号はチェーン・ベルトを採用。<br /><br />ハーレーよりも高級路線であり、高性能・高品質の代名詞となった。<br /><br /><br />“フロンティアスピリットにあふれた、まさにアメリカらしい製品”<br /><br /><br /><br />チーフよりもスカウト、中でも101は憧れのバイク。<br /><br />現物を一度だけ見た事があるが、その佇まいは洗練され気品さえ感じる。<br /><br />部品ひとつひとつにも味わいがあり、眺めているだけで幸せ気分。<br /><br />欲を言えば、一度だけ101と走ってみたい。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%88%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91" class="tagword">スカウト101</a>のオーナーさんが居たら、是非ご連絡ください(笑)<br /><br /><br />85年前のバイクを走らせるとなると、それなりの技術や知識が無ければ難しいので<br /><br />到底、所有まで及ぶことも無いが、自転車が進化したような雰囲気を持つバイクが好きだなあ。<br /><br /><br /><br />Ladyアイアンとの出会いは、バイクの世界への入口。<br /><br />沢山のバイクと出会い、あれこれ見て来たけれど、相棒にはやっぱりLadyアイアンだね!<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/bike24.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/bike24.jpg" alt="bike24.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />
102

転職

秋になると山へ行きたくなる。というか一年中、山へ行きたいけれど…。窓から山が見えたならどんなに清々しい朝が迎えられるだろうか。湧き水の冷たい水で目を覚ましスッキリ気分爽快で顔をあげると、色彩豊かな山々。どんな高価な絵画でも、自然の美を前にすれば霞んでしまう。自然に勝るものは無し!こんな朝が迎えられれば、それだけで良い1日が送れるはず。場面は変わり、ある日の東京。都会のオサレな街と言えば、青山、渋谷、... <br /><br />秋になると山へ行きたくなる。<br /><br />というか一年中、山へ行きたいけれど…。<br /><br />窓から山が見えたならどんなに清々しい朝が迎えられるだろうか。<br /><br /><br />湧き水の冷たい水で目を覚まし<br /><br />スッキリ気分爽快で顔をあげると、色彩豊かな山々。<br /><br />どんな高価な絵画でも、自然の美を前にすれば霞んでしまう。<br /><br />自然に勝るものは無し!<br /><br /><br />こんな朝が迎えられれば、それだけで良い1日が送れるはず。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20131115085712152.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20131115085712152.jpg" alt="上高地 梓川の水" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />場面は変わり、ある日の東京。<br /><br /><br />都会のオサレな街と言えば、青山、渋谷、代官山、等々。<br /><br />こんな街を歩いて居ると、良く外車に出くわす。<br /><br />それも、数千万クラスのもの。<br /><br /><br />先日は、二台のフェラーリがすれちがうのを見かけた。<br /><br />わざわざ狭い坂道を入って来るのは、ズバリ!車を見せたいから。<br /><br />ギャラリーは多いほど良い。<br /><br />「こんな狭い道を入って来て邪魔なやつだ」<br /><br />と思って見ているのに、<br /><br />「おー!見られてるゾ」<br /><br />などと勘違いする。<br /><br /><br /><br />低速の為、カブリまくりでパンパン音を出して走るフェラーリなんて<br /><br />どこがカッコイイものか。<br /><br />高速をかっ飛ばしてこそのフェラーリで、渋滞する都心を走るなんて、<br /><br />せっかくのフェラーリが台無し。<br /><br /><br />こんな人を見ると、「本当に車が好きなのか?」と思ってしまう。<br /><br /><br />日本人はとかく、排気量の大きな車に惹かれる。<br /><br />「それ何cc?」とは良く聞く言葉。<br /><br />ただ、そんな大きなものに乗って、道路事情の悪い日本のどこで真価を発揮出来るのだろう?<br /><br /><br />ストレス無く走れる所に引っ越すほどの覚悟で乗ってあげなければ<br /><br />車が可哀相だと思うのだ。<br /><br /><br /><br />Ladyアイアンも都心は大嫌い!<br /><br />ショップに行くとか、早朝の空いている時間帯以外は、走らないもんねー。<br /><br /><br />職業!「<span style="color:#66CC00"><span style="font-size:large;">木こり</span></span>」なんて良いかも。<br /><br /><br />
101

命知らずな男たち

普段はのんびり景色を楽しみながら、ドコドコ走るのが好きだけどこんな動画を観るとやっぱりカッコイイと思う!『マン島TTレース2012』マン島TTレース(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of man)で開催されているオートバイ競技である。競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した公道閉鎖令に... <br /><br /><br />普段はのんびり景色を楽しみながら、ドコドコ走るのが好きだけど<br /><br />こんな動画を観るとやっぱりカッコイイと思う!<br /><br /><br /><br /><br />『<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6TT%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9" class="tagword">マン島TTレース</a>2012』<br /><br /><br /><br /><iframe width="400" height="225" src="//www.youtube.com/embed/_MY9pvOnC80" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6TT%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9" class="tagword">マン島TTレース</a>(マンとうティーティーレース、英:The Isle of Man Tourist Trophy Race )は、<br /><br />1907年からイギリス王室属国のマン島(Isle of man)で開催されているオートバイ競技である。<br /><br />競技は世界最古の議会で『青空議会』としても知られるマン島議会ティンワルドが制定した<br /><br />公道閉鎖令に基づき公道を閉鎖して行なわれる。<br /><br /><br />以上、Wikiより抜粋<br /><br /><br /><br /><br />レース場のように走るために整備された道では無く公道を、ときには300キロを<br /><br />出し、死者も出すというまさに命知らずのレース。<br /><br />あっという間に過ぎ去っていく走行シーンは、まるで早送りのよう。<br /><br />安全確保の柵があるわけで無いので、観戦者もある意味、命がけ。<br /><br />バイク乗りなら尚更、高度な技術にため息が出ることだろう。<br /><br /><br />走ってみたいとは思わないけれど(走れないし)観戦は、してみたい!<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />1911年のマン島レースでは、ヨーロッパのバイク59台が出場する中、<br /><br />インディアンは5台エントリー。<br /><br />全車完走という記録を残すとともに、1~3位を独占。<br /><br />ヨーロッパ製以外のバイクで初めての優勝となる。<br /><br /><br />うーん。<span style="font-size:large;">やるな!</span>インディアン…。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013111508431648f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013111508431648fs.jpg" alt="_写真(3)" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br /><br /><br /><br />(因みに、現インディアンモーターサイクルとは、全くの別会社です。)<br /><br /><br /><br />
100

バイク漬け

猛暑の年は、冬も寒い!立冬の翌日からぐんと気温が下がり、冬がやってきた。暦通りに季節が移るのも珍しいような…。「来週から寒くなりますよー」。いつも行くスタンドのおじさんが言ってたけど本当だったな。そんな中、お世話になっているショップへ、オイル交換に行ってきた。オイル交換くらい、自分でやれば?と思われるだろうが。今の時代、ネットで何でも安く買えるし値段まで分かってしまう。オイルをケース購入し、自分で... <br /><br /><br />猛暑の年は、冬も寒い!<br /><br />立冬の翌日からぐんと気温が下がり、冬がやってきた。<br /><br />暦通りに季節が移るのも珍しいような…。<br /><br /><br />「来週から寒くなりますよー」。<br /><br />いつも行くスタンドのおじさんが言ってたけど本当だったな。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/oil.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/oils.jpg" alt="oil.jpg" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br /><br />そんな中、お世話になっているショップへ、オイル交換に行ってきた。<br /><br />オイル交換くらい、自分でやれば?と思われるだろうが。<br /><br /><br />今の時代、ネットで何でも安く買えるし値段まで分かってしまう。<br /><br />オイルをケース購入し、自分で作業すれば材料代だけで済むところを何故に?<br /><br /><br />例えば、好きなアーティストが居たとする。<br /><br />応援するのであれば音楽ダウンロードでは無くCDを、買うだろう。<br /><br />例えば、好きな作家が居たとする。<br /><br />応援しているのなら古本では無く、新品を買うだろう。<br /><br />本当のファンというのは、そういうものでは無いかと思う。<br /><br /><br /><br />幸い、Ladyアイアンは絶好調!<br /><br />(あっ!アイアンくんが女性だった事が判明したので改名しました)<br /><br /><br />微力ながらもショップを応援し続ける事が、技術の伝承に繋がると信じて。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/boto.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/botos.jpg" alt="boto.jpg" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br /><br />こっ!<span style="font-size:large;">これはっ!!</span><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/boto4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/boto4s.jpg" alt="boto4.jpg" border="0" width="150" height="200" /></a><br /><br /><br />レアなアイアン<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB" class="tagword">ボートテール</a>を発見。<br /><br />1971年製だそう。しかも新品ときたもんだ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/boto2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/boto2.jpg" alt="boto2.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />メーターは00031<br /><br /><br />当時、日本では不人気だった為、生産台数も少ないが近年見直されファンも増えている。<br /><br />デザインがあまりにも時代の先を行き過ぎたのだろうか。<br /><br />ひと目で分かる<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB" class="tagword">ボートテール</a>!カッコイイ。<br /><br /><br />因みに隣は、XR。<br /><br />キャブが2つも付いていて、マフラーが二本もあるし…。<br /><br />ん?乗り姿勢を想像すると、足が熱いでしょうに。<br /><br /><br />そんな事、お構いなしの速さを求めたバイク。<br /><br /><br /><br />午前中に出かけて、名車を見て1日が終わり。<br /><br /><br /><br />締めはやっぱりコレでしょ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/pafe.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/pafes.jpg" alt="pafe.jpg" border="0" width="150" height="200" /></a><br /><br /><br />季節限定 栗パフェ<br /><br />使用しているもの<br /><br />栗、バニラアイス、栗アイス、生クリーム、シリアル、クッキー、マロンクリーム、珈琲ゼリー<br /><br /><br /><strong><i><span style="color:#FFFF00"><span style="font-size:large;">よっしゃー!<br /></span></span></i></strong><br /><br /><br />
99

再会

あれは、数年前のある夏の日。見知らぬ土地へ向かう途中、日陰の無い道を数時間、走り続けていた。夏の太陽は容赦なく、少しも攻撃の手を緩めることが無い。日が沈む前に、少しでも距離を走りたいという気持ちとは裏腹に体力の限界が近づく。信号待ちの数分間に、前カゴに入れたペットボトルに手を伸ばし水分補給をするも、徐々に飲む回数も増えていく。アイアンのエンジンが好調なのが幸い。「水のあるうちは走れる!」と思いつつ... <br /><br /><br />あれは、数年前のある夏の日。<br /><br /><br />見知らぬ土地へ向かう途中、日陰の無い道を数時間、走り続けていた。<br /><br /><br />夏の太陽は容赦なく、少しも攻撃の手を緩めることが無い。<br /><br /><br />日が沈む前に、少しでも距離を走りたいという気持ちとは裏腹に<br /><br />体力の限界が近づく。<br /><br /><br />信号待ちの数分間に、前カゴに入れたペットボトルに手を伸ばし<br /><br />水分補給をするも、徐々に飲む回数も増えていく。<br /><br /><br />アイアンのエンジンが好調なのが幸い。<br /><br /><br />「水のあるうちは走れる!」<br /><br /><br />と思いつつも、信号待ちでは立ちごけをしそうになる。<br /><br /><br />精神的には、集中すると疲れを感じなくなるが、身体は正直。<br /><br /><br />バイクに乗り出してこのかた、一度も立ちごけをしたことは無く<br /><br /><br />こんな所で立ちごけをしてもつまらないと、休憩をすることに。<br /><br /><br />かなり無理をしてきたので、ゆっくり休めそうなある店の駐車場でエンジンを停止。<br /><br /><br />まず手袋を外し、次にヘルメットを取る。<br /><br /><br />これだけでも充分な爽快感。<br /><br /><br /><br />木陰で休んでいたとき、ある人と出会った。<br /><br /><br />どうやら彼も同じ方面に旅をするらしい。<br /><br /><br />旅は道連れ。<br /><br /><br />ひょんなきっかけから一緒に走ることになったが、彼もなかなかの走り屋。<br /><br /><br />追いつき、追い越せ!<br /><br /><br />相変わらずの暑さに加え、普段と違う走りに疲労がピークに達する。<br /><br /><br />そんな状況を察するのか、「もうダメだ!」と思うと彼の励ましが。<br /><br /><br />不思議と体力が回復する。<br /><br /><br />その後、暫く走り続ける。またしても「もうダメだ!」と思うが彼の励ましで<br /><br /><br />不思議とパワーが漲る。<br /><br /><br /><br /><br />こうして翌日も、翌々日も、旅が終わるまで共に走り続けた。<br /><br /><br />ある夏の出来事。<br /><br /><br /><br /><br />彼は、思い出だけを残し、姿を消した。何の予告も無しに…。<br /><br /><br />淋しかった。<br /><br />恋しかった。<br /><br /><br /><br />1人で走ることがこんなにも孤独に感じるなんて…。<br /><br />気付くと、彼の面影をいつも追っていた。<br /><br /><br />それから<br /><br /><br />一年が過ぎ、夏も終わりという頃に彼は突然、目の前に現れた。<br /><br />何の予告もなく姿を消したときのように、突然。<br /><br /><br />不意に現れた彼は、少しも変わらない。<br /><br /><br />嬉しかった。<br /><br /><br />いつも不意打ちだけど、責めるのはよそう。<br /><br /><br />素直に、再会を喜べれば、それで良いのだから…。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/umeame.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/umeame.jpg" alt="umeame.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />というわけで無事、再会を果たしました!<br /><br /><br />コンビニで出会い、何の前ぶれも無く店頭から姿を消した『男梅』キャンデー。<br /><br />夏の走りで、体力の限界を感じたら、ひと粒で効果あり!<br /><br />随分お世話になりましたー。<br /><br />他の梅キャンデーも幾つか試しましたが、さくらには<br /><br /><br /><span style="color:#FF9900"><br /><i><span style="font-size:large;">男梅が一番!</span></i></span><br /><br /><br /><br />(物語はフィクションです)<br /><br />恋愛モノは苦手だわ^^;<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
98

お気に入り

立冬を過ぎ、一気に気温が下がったことで街路樹の紅葉もいつの間にか色づいて。バイクに良い季節は、ほんのいっとき。今年もまた、過酷な冬がやってきた。季節により、必需品も違ってくるが、夏はこれ!大間のまぬぐいまぐろの手ぬぐいだから『まぬぐい』。手ぬぐいなど全く使わない生活だったのが、バイクには欠かせないものとなる。水で濡らした「まぬぐい」を首に巻いて使うのだが、これがタオルだと水分を含み過ぎて具合が悪い... <br /><br /><br />立冬を過ぎ、一気に気温が下がったことで街路樹の紅葉も<br /><br />いつの間にか色づいて。<br /><br />バイクに良い季節は、ほんのいっとき。<br /><br />今年もまた、過酷な冬がやってきた。<br /><br /><br /><br />季節により、必需品も違ってくるが、夏はこれ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/manugui.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/manugui.jpg" alt="manugui.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />大間のまぬぐい<br /><br />まぐろの手ぬぐいだから『まぬぐい』。<br /><br />手ぬぐいなど全く使わない生活だったのが、バイクには欠かせないものとなる。<br /><br />水で濡らした「まぬぐい」を首に巻いて使うのだが、これがタオルだと水分を含み過ぎて具合が悪い。<br /><br />最近は、どこのスーパーでも氷が置いてあるので、時には氷を包む事もある。<br /><br />ケーキなどに付いてくる保冷剤を巻いたり、市販のスカーフなど色々試した結果、<br /><br />手ぬぐいに落ち着いた。<br /><br />夏は「まぬぐい」無しでは、走れないほどの必需品。<br /><br /><br /><br /><br />秋から冬にかけての足元は、ロングブーツ。<br /><br />アイアンくんに、カウルは付けられないし、やはり見た目重視!<br /><br />実際は、指先がちぎれるほどの寒さでも<br /><br />寒く無いフリをして、スマートに乗りたいもの。<br /><br />(何故にそこまでするかなあ(汗))<br /><br />昨年の冬は黒の乗馬ブーツが大活躍だったが、今年はコレにしようと思う。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2240.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2240.jpg" alt="IMG_2240.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />チペワの<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84" class="tagword">スネークブーツ</a>。<br /><br /><br />エンジニアブーツとは正反対で、軽くて風を通さないので便利!<br /><br /><br />上着は、グリーンのワックスコートを合わせるつもり。<br /><br /><br />四輪は運転席が見えないので、極端なことを言えばパジャマでも良いけれど、<br /><br />バイクはバイクに合わせたファッションがあるし、トータル的に考えて乗りたいと思う。<br /><br /><br /><br />寒さで遠出は出来なくなる分、せめてファッションを楽しまないとね!<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/baikuaki12.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/baikuaki12.jpg" alt="baikuaki12.jpg" border="0" width="150" height="200" /></a><br /><br /><br /><br />
97

風の向こうへ(最終章)

「道の駅 下仁田」を出発し、徐々に市街地へと戻る。気温が上昇するも、曇っていたのが幸いした。太陽の熱が、雲に遮られるだけでも体感温度はかなり違うもの。酷暑に違いは無いが、まだマシ。R66で買ったお土産。骸骨になりながらも、走り続ける。この表現は、バイク乗りで無ければ分からない世界。ひとたび跨れば、バイクという魔物に取り憑かれ、屍になってもなお走り続ける。それが分かって居ながらも、自ら選ぶ道。道が続... <br /><br /><br />「道の駅 下仁田」を出発し、徐々に市街地へと戻る。<br /><br /><br />気温が上昇するも、曇っていたのが幸いした。<br /><br /><br />太陽の熱が、雲に遮られるだけでも体感温度はかなり違うもの。<br /><br /><br />酷暑に違いは無いが、まだマシ。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130522131211f42.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130522131211f42.jpg" alt="骸骨" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />R66で買ったお土産。<br /><br />骸骨になりながらも、走り続ける。<br /><br /><br />この表現は、バイク乗りで無ければ分からない世界。<br /><br /><br />ひとたび跨れば、バイクという魔物に取り憑かれ、屍になってもなお走り続ける。<br /><br /><br />それが分かって居ながらも、自ら選ぶ道。<br /><br />道が続く限り、どこまでも走り続ける。<br /><br />バイク乗りはクレイジー。<br /><br /><br />バイク雑誌に似たような表現は沢山あるけれど、キーとなる言葉は<br /><br />「道」。<br /><br /><br />バイク乗りのお父さんが子供に付けそうな名前、第一位。<br /><br /><br /><br /><br /><br />見慣れた道の駅、五霞に到着。<br /><br /><br />旅の始まり、旅の終わりには必ず立ち寄るところ。<br /><br /><br />ここからまだ、自宅までは2時間ほどもあるのに、不思議と帰ってきた気分になる。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2607.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2607.jpg" alt="IMG_2607.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />旅の締めは、黒ゴマミックスソフト。<br /><br /><br />値段をもう少し安くしてくれると嬉しい。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2611.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2611.jpg" alt="IMG_2611.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />野菜売り場に行くと、数年ぶりの再会。<br /><br />オクラの花を見つける。<br /><br /><br />味はオクラと同じで、オクラ同様ネバネバもあり、そのまま水洗いをしてサラダで食べる。<br /><br /><br />1日でしぼんでしまうオクラの花。<br /><br /><br /><br /><br />今年の夏の旅もこれで終わり。<br /><br /><br />無計画な、無鉄砲さは相変わらずでも、頑張れば頑張った分の思い出は沢山。<br /><br /><br />「アイアンくんと山登り」。<br /><br /><br />想像以上の過酷さを体験し、それなりの成果を感じたのは、最後の峠を超えたとき。<br /><br /><br />頑張っても評価されない事の方が多い世の中で、バイクだけは違う。<br /><br />「オマエに俺が乗りこなせるか?」<br /><br />と挑戦的だったのが、いつしか<br /><br />「オマエに乗られるなら仕方ない。云うことを聞いてやるか!」<br /><br />となる。<br /><br />それはまるで、荒馬を乗りこなしたときのよう。<br /><br /><br />頑張れば頑張るほど、成果は大きく、走れば走るほど、身体の一部となり<br /><br />バイクも乗り手を評価してくれる。<br /><br /><br /><br /><br />数年前はバイク初心者だったさくら。<br /><br /><br />何となく「カッコイイ」というイメージから免許を取り、本当の楽しさなど知る由も無かった。<br /><br /><br />その後、アイアンくんとの出会いから走りの楽しさを知り、何となく下道に拘り走り続けている。<br /><br /><br />そう。きっかけはいつも「何となく」。<br /><br /><br /><br />どうせ計画通り行かないのなら、「何となく」で良いじゃない?<br /><br /><br />走れば、走りだせば答えは見つかる。<br /><br /><br /><br /><br />「いま」を生きなければ、何も生まれない。<br /><br />考えているだけでは、何も生み出せない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />旅の終わりは、旅のはじまり<br /><br /><br />また<br /><br /><br />新たな一歩を踏み出そう。<br /><br /><br /><br />相棒が待つその先へ。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF6600"><span style="font-size:large;"><i>バイク!最高!!</i></span></span><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2451.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2451.jpg" alt="IMG_2451.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />完。<br /><br /><br /><br />※皆様へ<br /><br />『風の向こうへ』長い間、購読いただきありがとうございました(*^_^*)<br /><br /><br />
96

風の向こうへ(35)

帰りは一度、エンジンを掛けたら給油以外は殆どノンストップ。まるで何かに取り憑かれたように、無心に走り続ける。渋滞が無いのは、何より。渋滞にハマると、人間もストレスだが、バイクもストレスを感じ文句を言い出す。旧車は機械であるのに、どこか生き物のように感じる所が好きだ。霧ヶ峰から一気に佐久まで戻り、群馬へ抜けるトンネルにさしかかると、大きなトラックが列をなし、渋滞していた。「うわー!ここまで来て勘弁し... <br /><br />帰りは一度、エンジンを掛けたら給油以外は殆どノンストップ。<br /><br />まるで何かに取り憑かれたように、無心に走り続ける。<br /><br />渋滞が無いのは、何より。<br /><br />渋滞にハマると、人間もストレスだが、バイクもストレスを感じ文句を言い出す。<br /><br />旧車は機械であるのに、どこか生き物のように感じる所が好きだ。<br /><br /><br />霧ヶ峰から一気に佐久まで戻り、群馬へ抜けるトンネルにさしかかると、<br /><br />大きなトラックが列をなし、渋滞していた。<br /><br /><br />「うわー!ここまで来て勘弁して欲しい…」。<br /><br /><br />行きに佐久のお蕎麦屋さんが言っていたトラック街道だというのが頷けた。<br /><br /><br /><br />先に行くか、暫く待機するか?<br /><br /><br />すると、何台かの車がUターンをしてくる。<br /><br /><br />何???<br /><br /><br />取り敢えず、側道にバイクを停め様子を見に行くことにした。<br /><br /><br /><br />トンネル奥から警官が走ってきて、交通整理を始める。<br /><br /><br />トンネル内で、車が故障したらしい。<br /><br /><br />「通行止めなので、別の道を行って下さい」<br /><br /><br />警官は言ったが、別の道と言われても、このトンネルを抜けなければ群馬県には行かれない。<br /><br /><br />どうする?<br /><br /><br />側道に腰を下ろし、暫く様子を見ることにした。<br /><br /><br />次々と来る、トラック。<br /><br /><br />中には、降りてきて様子を伺う運転手も居た。<br /><br /><br />「おい!どうなってるんだ?マイッタな!」<br /><br /><br />運転手が叫ぶ。<br /><br /><br />同じ気持ちなので、つい共感をしてしまう。<br /><br /><br />「通行禁止らしいですよー」。<br /><br /><br />言わずとも、無線で情報は入るだろうけれど。<br /><br /><br /><br />暫くすると、車が流れだす。<br /><br /><br />通行止めが解除されたのだろうか?さっきの警官は戻って来るでもなく<br /><br />何処かへ行ってしまった。<br /><br /><br />仕事放棄か?解除されたなら、きちんと伝えて欲しい。<br /><br />かなりいい加減な長野県警。<br /><br /><br />トンネル内での渋滞ほど嫌なものは無いけれど、仕方なく行ってみる事にした。<br /><br /><br />トンネルを抜けるまで、ヒヤヒヤだったが何とか通過。<br /><br /><br />無事、群馬県に出る。<br /><br /><br />帰りの峠道は驚くほど、楽に感じ、あっという間に<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%8B%E4%BB%81%E7%94%B0" class="tagword">下仁田</a>町に到着。<br /><br /><br />本当にあっという間。<br /><br />「えっ?もう峠は終わり?」<br /><br />そんな感じであった。<br /><br /><br />群馬県から長野へ抜ける峠道。<br /><br /><br />何度も走り、その都度、緊張する峠道をいとも簡単に抜けられた事が信じられなかった。<br /><br /><br />まさしく、あの険しい旧道、「野麦街道」を経験をしたからこそ。<br /><br /><br /><br />「道の駅 <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%8B%E4%BB%81%E7%94%B0" class="tagword">下仁田</a>」でブランチ。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2606.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2606.jpg" alt="IMG_2606.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />ワンコインのコロッケ定食。<br /><br />食券を買い、席に座っていると注文を取りに来てくれ、食事も運んでくれる。<br /><br /><br />コロッケも揚げたてでホクホク!<br /><br />熱いお味噌汁に、ご当地の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%8B%E4%BB%81%E7%94%B0" class="tagword">下仁田</a>こんにゃく付き。<br /><br />これで500円とは、文句無しである。<br /><br /><br /><br />お腹が満たされれば、また走り出す。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
95

風の向こうへ(34)

遊歩道をエンジニアブーツで颯爽と!(ウソ)歩いた先にはこんなもの。「標高日本一の乗馬コース」。どうせ引き馬だろうけど、空気が薄いから馬も大変だろうね。行きに見た、霧ヶ峰牧場の馬が来るのだろうかと想像をする。時間が早いので、やっておらず。大体、スタンドは開店前だし、朝食を摂るにも店はやって無いし。「早起きは三文の得」ってウソばかり…。などという不満も、雄大な風景を目の当たりにすれば、「空気は綺麗だし... <br /><br />遊歩道をエンジニアブーツで颯爽と!(ウソ)<br /><br /><br />歩いた先にはこんなもの。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2584.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2584.jpg" alt="IMG_2584.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />「標高日本一の乗馬コース」。<br /><br />どうせ引き馬だろうけど、空気が薄いから馬も大変だろうね。<br /><br />行きに見た、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>牧場の馬が来るのだろうかと想像をする。<br /><br /><br />時間が早いので、やっておらず。<br /><br />大体、スタンドは開店前だし、朝食を摂るにも店はやって無いし。<br /><br /><br />「早起きは三文の得」ってウソばかり…。<br /><br /><br /><br />などという不満も、雄大な風景を目の当たりにすれば、<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2603.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2603.jpg" alt="IMG_2603.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />「空気は綺麗だし、人は少ないし…。やっぱり早起きは三文の得だよね!」となる。<br /><br /><br />全く、現金なものだ。<br /><br /><br />(因みに漢字では、こう書く)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2600.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2600.jpg" alt="IMG_2600.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2586.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2586.jpg" alt="IMG_2586.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2590.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2590.jpg" alt="IMG_2590.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />山頂からは、東西南北に日本アルプスが拝める!<br /><br /><br /><br />筈が、何も見えず(泣)<br /><br /><br />まあ、良いじゃないか!<br /><br /><br />美味しい空気は吸えたし、一瞬でも富士山は拝めたのだから(負け惜しみ)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2605.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2605.jpg" alt="IMG_2605.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />これから、東京まで帰るのだ。そんなにノンビリしてられない。<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>の絶景に別れを告げ、なだらかな遊歩道を、歩いていった。<br /><br /><br /><br />駐車場に戻ると、アイアンくんを数人が眺めていた。<br /><br /><br />このような状況の場合は、本当に戻りにくい。<br /><br /><br />遠目で様子を伺いながら、ソロソロとアイアンくんに近づいていく。<br /><br /><br />そのとき、声を掛けてくる人、スッと離れてしまう人、それぞれだ。<br /><br /><br />バイクに興味があるから、眺めているのだろう。<br /><br /><br />さくらが同じ立場のときは、何かを話しかけるようにしている。<br /><br />その方が、嬉しいだろうと思うから…。<br /><br /><br />帽子をとり、赤いヘルメットを被ったあとに、ゴーグルを付け、手袋をする。<br /><br /><br /><br /><br />帽子の上に半ヘルは、手軽で早いけれど、ひとつひとつの動作に意味があると思っている。<br /><br /><br />例えばボクサーが、バンテージを巻きながら精神統一をするように、<br /><br />帽子をとりながら、ヘルメットを被りながらひとつづつ、気持ちを走りに向けていく。<br /><br /><br />こんな所もマイペース。<br /><br />たまに団体ツーリングに行くと、皆の支度の早いことと言ったら、精神統一していたら置いて行かれる。<br /><br /><br />自分のスタイルが貫けない走りは、極力避けるに限る。<br /><br /><br /><br />いつも危険と隣合わせのバイク。<br /><br />自分がいくら注意していても、事故は起きてしまうもの。<br /><br />いつまでもバイクを楽しむための安全確保は怠りなく。<br /><br /><br />走りに向けての最終仕上げは、アイアンキック!<br /><br /><br />スロットルを3回ひねるおまじないが済めば、本番。<br /><br /><br />「頼むぜ!」と願いを込めながら支点から一気に振りぬく。<br /><br /><br />一発でかかれば、気分は最高。<br /><br />かからなければ、注意せよということ。<br /><br /><br />それが、<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">さくら流。</span><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
94

風の向こうへ(33)

今年もこの日がやってきた。他人には、何でも無い日だけど、さくらにとっては特別な日。さくらから、さくらへ。"Happy Birthday! Many happy returns of the day!"そして、アイアンくんへ。"Thank you for always listening to me!"アイアンくんは、アリゾナ育ちだから英語じゃないとね(笑)さて、針金とあるものを使って作ったものとは…フォークに取り付けた簡易フェンダー。要するに、トラックの泥除けと同じ原理。あるもので... <br /><br /><br />今年もこの日がやってきた。<br /><br />他人には、何でも無い日だけど、さくらにとっては特別な日。<br /><br /><br />さくらから、さくらへ。<br /><br />"Happy Birthday! Many happy returns of the day!"<br /><br />そして、アイアンくんへ。<br /><br />"Thank you for always listening to me!"<br /><br /><br />アイアンくんは、アリゾナ育ちだから英語じゃないとね(笑)<br /><br /><br /><br />さて、針金とあるものを使って作ったものとは…<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2572.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2572.jpg" alt="IMG_2572.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />フォークに取り付けた簡易フェンダー。<br /><br /><br />要するに、トラックの泥除けと同じ原理。<br /><br />あるものでタイヤを擦るようにすれば、水ハネを防げるということ。<br /><br /><br />材料は、コヨーテキャンプの時に、わざわざMさんが持って来てくれたもの。<br /><br />走っているうちにボロボロになるけれど、簡易的にしては効果絶大!<br /><br />以前は、コンビニでダンボールを貰って簡易フェンダーを作ったりしたけれど<br /><br />効果はイマイチ。<br /><br />これだけの効果が得られれば、フェンダーレスも恐くない。<br /><br />「ありがとうMさん!」という気持ちと<br /><br />「フェンダーは要らないな」という気持ちが固まる。<br /><br /><br />走っているうちに、色々な事に気づき勉強する。<br /><br />走っているうちに、沢山の人との出会いがある。<br /><br /><br />走らなければ、何も生まれない事を実感する。<br /><br /><br />やはり、実践に勝るものは無し!である。<br /><br /><br /><br />その後は、鼻歌などを交えながら調子よく走り続ける。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2574.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2574.jpg" alt="IMG_2574.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />同じ道を走っているのに、行きには気付かなかった看板。<br /><br /><br />行きと帰りでは、目線が違うのが不思議。<br /><br /><br />この辺りは、宿泊施設もあり、キャンプ場もある。<br /><br /><br />テントを貼って一週間位、山ごもりも良いな…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2579.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2579.jpg" alt="IMG_2579.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />8時頃だったろうか。今度は、人間サマの朝食。<br /><br />「標高1660mの旅の駅」とある。<br /><br /><br />話はそれるが、最近「道の駅」ならぬ「旅の駅」という名称の道の駅のような施設があるのよね。<br /><br />あれは、管轄の違いなのかしらん。<br /><br /><br /><br />時間が、早い事もあり食堂は未だ開いておらず。<br /><br />早起きは、コレが不便。必然的にコンビ二となるが、山頂ではコンビニもある筈も無い。<br /><br /><br />仕方なく、八ヶ岳牛乳と(またしても)団子を買う。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2583.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2583.jpg" alt="IMG_2583.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />団子というか、「五平餅」。<br /><br />焼きまんじゅうも、しかり。甘味噌ダレが美味しいのよね。<br /><br /><br />ふと、振り返ると…<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2580.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2580.jpg" alt="IMG_2580.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />写真には映らなかったけど、富士山を発見!<br /><br /><br />「あっ!富士山だ!!」とばかりに、五平餅を片手に駆け寄る。<br /><br /><br />どうやら遊歩道があるらしい。<br /><br />五平餅を持って遊歩道へは行かれないので、富士山を眺めながら五平餅を食べきる。<br /><br />店の人に地図を貰い、道路を渡り、遊歩道へ向かう。<br /><br /><span style="font-size:large;"><br />エンジニアブーツで!</span><br /><br /><br />そうさ!バイク乗りの宿命さ…。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
93

風の向こうへ(32)

神社の赤い橋と、木々の緑は相性が良い。そういえば、バイクも車も木々の中ではとても映える。木々は何ものをも包み込んでしまう、大きな包容力があるのかな。さて、石仏を見れば後は、家路に着くだけ。長いようで短い旅の終わりが近づく。すでに、下諏訪市まで来ているのでここからは日帰りの距離。下諏訪市に別れを告げ、暫く走っているとパラパラと雨が降ってきた。旅に出る時は、晴れ女であるという己の強運を信じ、殆ど天気の... <br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2568.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2568.jpg" alt="IMG_2568.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />神社の赤い橋と、木々の緑は相性が良い。<br /><br />そういえば、バイクも車も木々の中ではとても映える。<br /><br />木々は何ものをも包み込んでしまう、大きな包容力があるのかな。<br /><br /><br />さて、石仏を見れば後は、家路に着くだけ。<br /><br />長いようで短い旅の終わりが近づく。<br /><br />すでに、下諏訪市まで来ているのでここからは日帰りの距離。<br /><br />下諏訪市に別れを告げ、暫く走っているとパラパラと雨が降ってきた。<br /><br /><br />旅に出る時は、晴れ女であるという己の強運を信じ、殆ど天気の心配はしない。<br /><br />振り返れば、昨年の夏の旅でも、1日たりとて雨に遭遇した事は無かった。<br /><br />1週間近くの旅でありながら、確かに奇跡。<br /><br /><br />合羽を着るほどでも無さそうだし、多少の雨であれば涼しくて心地よい。<br /><br />とはいえ、1日走るとなると身体を冷やす事になるので、念の為、合羽を着た。<br /><br />歩道橋を屋根にして着替えていると、行き交う車の運転手が皆、注目していく。<br /><br />この辺りでは珍しい光景なのだろうか…。<br /><br /><br />準備万端で走り出す。<br /><br />うーん。夏の合羽はやはり暑い!<br /><br />しかも、雨は止んでしまった…。<br /><br /><br />峠越えの前に、給油。<br /><br />自分の朝食は忘れても、アイアンくんの朝食は絶対に忘れない。<br /><br />峠に入る前の給油は鉄則。<br /><br />給油しながら、合羽を脱ごうか、しばし迷うもそのまま走りだすことに。<br /><br />山の天気は変わりやすく、万が一の備えだ。<br /><br /><br /><br />峠に突入。<br /><br />合羽を脱がない判断が功を奏す。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2573.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2573.jpg" alt="IMG_2573.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />街では止んでいた雨が、降っていた。<br /><br />大した雨では無かったが、フェンダーレスには、水たまりでさえ大変。<br /><br />前輪が拾う雨が、ちょうど顔のあたりに直撃。<br /><br />普段の走りには全く気にならないフェンダーレスだが、この時ばかりは後悔し<br /><br />「今度こそ、フェンダーを付けよう」と思うのだが、結局付けず、その繰り返し。<br /><br />「喉元過ぎれば…」のあの感覚。<br /><br /><br />シールド付きのヘルメットなら未だ良い。<br /><br />今回は、ゴーグル。。<br /><br /><br />マイッタ…。<br /><br /><br /><br /><br />雨水を顔に受けながら、ある事を思いつく。<br /><br /><br /><br />針金と、合羽と一緒に積んでいたあるものを使い工夫してみる。<br /><br /><br />側道に停まり、バイクをいじっていると故障したのかと声を掛けてくれる<br /><br />親切な人が居る。そんな時は、<br /><br /><br />「いや、故障では無いので大丈夫です」<br /><br /><br />と、感謝を込めてお礼をいう。<br /><br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br />
    Return to Pagetop