FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
91

風の向こうへ(31)

良い物を安く提供するのが、消費者にとっては嬉しいこと。ただ、安くするにも限界があり、そこは消費者も理解してあげないといけない。安いものにばかり走れば、良いモノを見極める能力は育たないし良いものを知っているからこそ、粗悪品がわかるのであるから。先日は、関西の某一流ホテルが食品偽造をやっていたそう。「高いから安心」という日本人のブランド志向のひとつの表れであるが、あらゆる方面で、日本の常識が音を立てて... <br />良い物を安く提供するのが、消費者にとっては嬉しいこと。<br /><br />ただ、安くするにも限界があり、そこは消費者も理解してあげないといけない。<br /><br />安いものにばかり走れば、良いモノを見極める能力は育たないし<br /><br />良いものを知っているからこそ、粗悪品がわかるのであるから。<br /><br />先日は、関西の某一流ホテルが食品偽造をやっていたそう。<br /><br />「高いから安心」という日本人のブランド志向のひとつの表れであるが、<br /><br />あらゆる方面で、日本の常識が音を立てて崩れていく気がしてならない。<br /><br />職人気質も、消えていくのか?<br /><br /><br /><br />翌朝は、朝食を摂らず早めの出発。<br /><br />サービスだというのに、食べずに出発するのはいつも、後ろ髪を引かれる思いだ。<br /><br />惜しい!<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%8B%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%B8%82" class="tagword">下諏訪市</a>を立つ前に、気になっていた<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%87%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BB%8F" class="tagword">万治の石仏</a>を見に行くことにした。<br /><br />見た目も、石仏らしく無いし、誰かが勝手に建てたものに尾ひれがついたのでは?<br /><br />昔にはよくある話だ。<br /><br />しかも、岡本太郎が「こんな面白いものは見たことが無い」と絶賛したというではないか!<br /><br />奈良の大仏よりもずっと癒されると。<br /><br />益々怪しい。<br /><br />疑心暗鬼だったが、バイクで10分程度と近く、二度と見に来ることは無いだろうし<br /><br />などと思いながら向かった。<br /><br /><br />諏訪大社春宮の門を入った所に、案内板を見つける。<br /><br />道路脇に、バイクを停め石仏まで歩いていった。<br /><br />都心では、即、違反キップを切られるところが気楽に停められるのは<br /><br />何とも有り難い!(ホントは、いけない)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2567.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2567.jpg" alt="IMG_2567.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />川沿いの細い道を歩いていく。川のせせらぎに清涼感を感じるところで<br /><br />犬の散歩をしている人もちらほらと居た。<br /><br />大きなスイカを川で冷やしておき、水遊びでもしたい気分である。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2564.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2564.jpg" alt="IMG_2564.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />あっ!カカシ!?<br /><br /><br />カカシらしいカカシだなあ…と思いつつ目を横にそらす。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2565.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2565.jpg" alt="IMG_2565.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br /><br />カカシに見守られ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%87%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BB%8F" class="tagword">万治の石仏</a>は鎮座していた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2560.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2560.jpg" alt="IMG_2560.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2561.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2561.jpg" alt="IMG_2561.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2563.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2563.jpg" alt="IMG_2563.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />本当に変な顔をした石仏。<br /><br /><br />胴石に「南無阿弥陀仏」の六字が刻まれ、その左に<br /><br />「万治三年十一月一日 願主 明誉浄光 心誉広春」の刻銘がある。<br /><br />万治三年とは江戸時代初期の西暦1660年。<br /><br />「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%87%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BB%8F" class="tagword">万治の石仏</a>」の由来。<br /><br /><br />何故こんな所に祀られているのだろうか?<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2566.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2566.jpg" alt="IMG_2566.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />言い伝えに依ると、<br /><br />諏訪・高島藩主が諏訪大社下社春宮に大鳥居を奉納するため工事を依頼し、<br /><br />石工がこの地にあった巨石にノミを入れたところ、そこから血が流れ出したそう。<br /><br />石工は驚いて石に阿弥陀如来をまつったのだそう。<br /><br /><br />石から血が出ると?<br /><br /><br />とにかく不思議な石仏さん。<br /><br />せっかくなので参拝。<br /><br />そこで参拝の方法ですが、「下諏訪観光協会・下諏訪商工会議所」が<br /><br />提唱する方法があります。<br /><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%87%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%9F%B3%E4%BB%8F" class="tagword">万治の石仏</a>の参拝方法<br /><br /><br />一、正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」<br />と心で念じる。<br /><br />二、石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに三周する。<br /><br />三、正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する。<br /><br /><br /><br />どこか憎めない、愛嬌のある石仏さん。<br /><br />機会があったら行ってみてくださいな。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
92

風の向こうへ(30)

スーパーで買った八ヶ岳牛乳を片手に、下諏訪に戻る。宿泊先は、前日同様、諏訪大社の敷地内にある国民宿舎。せっかくなので、夕食を予約した。夕食前に温泉に浸かり、1日の疲れを洗い流す。遠くの山を眺めながらの温泉は、まさに「命の洗濯」。1日浸かれば、数年は長生き出来そうな気分になる。温泉のある地方の人は、丈夫で長生き。お肌はツヤツヤ!それとは対照的な、都会人の顔色の悪さ。朝から血の気が引き、憂鬱な面持ちで... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2550.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2550.jpg" alt="IMG_2550.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />スーパーで買った八ヶ岳牛乳を片手に、下諏訪に戻る。<br /><br />宿泊先は、前日同様、諏訪大社の敷地内にある国民宿舎。<br /><br />せっかくなので、夕食を予約した。<br /><br />夕食前に温泉に浸かり、1日の疲れを洗い流す。<br /><br />遠くの山を眺めながらの温泉は、まさに「命の洗濯」。<br /><br />1日浸かれば、数年は長生き出来そうな気分になる。<br /><br />温泉のある地方の人は、丈夫で長生き。お肌はツヤツヤ!<br /><br />それとは対照的な、都会人の顔色の悪さ。<br /><br />朝から血の気が引き、憂鬱な面持ちで、通勤電車に乗りこむ。<br /><br />電車を降りると、列をなした人間たちが、無言で同じ方向に歩いていく。<br /><br />まるで何かに取り憑かれたかのように。<br /><br />それはもう、恐ろしい光景。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2558.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2558.jpg" alt="IMG_2558.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />旅館の料理というのは、とにかく器を沢山使う。<br /><br /><br />嫌いなものも出てくるのが気になるところ。<br /><br />好き嫌いが多く、食卓は好きなものだけで飾りたいので<br /><br />旅の基本は、素泊まりとしている。<br /><br />この日は、お刺身と唐揚げ以外のもので夕食を済ませた。<br /><br /><br /><br />部屋に戻り、酒蔵で買い求めたお酒を並べる。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2615.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2615.jpg" alt="IMG_2615.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />左から、2013年限定<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%BE%A1%E6%B9%96%E9%B6%B4" class="tagword">御湖鶴</a>、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%88%9E%E5%A7%AB" class="tagword">舞姫</a>、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%BE%A1%E6%B9%96%E9%B6%B4" class="tagword">御湖鶴</a>ワンカップ、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%BA%97%E4%BA%BA" class="tagword">麗人</a>。<br /><br />ラベル的には、ワンカップの<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%BE%A1%E6%B9%96%E9%B6%B4" class="tagword">御湖鶴</a>の和風柄がカッコイイ!<br /><br />これらは皆、おみやげ用。(勿論、発送)<br /><br /><br />1日を振り返りながら何気なく、ネットで「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%BA%97%E4%BA%BA" class="tagword">麗人</a>」を検索してみると<br /><br /><br />なっ!<span style="font-size:large;">なんと!?</span><br /><br /><br /><br />2011年に民事再生法を申請との記事がヒットした。<br /><br />事実上、倒産…。<br /><br /><br />若者の日本酒離れや景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が減少、<br /><br />資金繰りの行き詰まりから自力での再建を断念したとのことだが、<br /><br />二世紀以上も生きてきた酒蔵が倒産するなんて…。<br /><br />気になり、他の記事を読んでみると、<br /><br />「資金繰りは厳しくとも、どうしても品質を落としてまで作る気にはなれなかった」との社長の弁。<br /><br />立派な、職人魂である。<br /><br />地元に愛されて来た<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%BA%97%E4%BA%BA" class="tagword">麗人</a>であるが、裏を返せば全国展開が難しかったということ。<br /><br />大成功を収めた<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9C%9F%E6%BE%84" class="tagword">真澄</a>にならえとばかりに、経営方針を変えたのだった。<br /><br />味は、決して<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9C%9F%E6%BE%84" class="tagword">真澄</a>に劣っているとは思えないだけに残念でならない。<br /><br />同じく、「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%88%9E%E5%A7%AB" class="tagword">舞姫</a>」も2009年に民事再生法を申請。<br /><br />昔ながらの、職人気質な雰囲気は封印し、愛想を振りまくデパ地下さながらの営業を<br /><br />せざるを得ない現実。<br /><br />良いモノを作っていながら、世間に受け入れられなかったという現実。<br /><br /><br /><br /><br />アメリカで最も古い<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3" class="tagword">インディアン</a>モーターサイクル。<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC" class="tagword">ハーレー</a>社が誕生する2年前に創業、クオリティも高く、革新的なマシン。<br /><br />サイドバルブでは、1,2,3位を独占。<br /><br />良い物を作り続けるも、倒産したひとつの理由は、<br /><br /><br />「こだわり」。<br /><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC" class="tagword">ハーレー</a>と言えば空冷式だったのが、水冷式を発売したり<br /><br />どんな事をしてでも、生き残りを選択する<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BC" class="tagword">ハーレー</a>社、<br /><br />「アメリカらしい製品」にこだわり続け、我が身を失った<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3" class="tagword">インディアン</a>社。<br /><br /><br />「こだわり続けることの難しさ」。<br /><br /><br />諏訪市の酒蔵から、そんな事を思った夜。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
90

風の向こうへ(29)

『麗人酒造』さんを、出たところで三軒目。と言いつつも、一軒で数種類の日本酒を試飲するので、かなり酔いが回ってきた。舐める程度であるのに、情けなや。ここを最後にしようと入った四軒目。『伊東酒造(横笛)』中に入ると、学生さん数人を前に、お店の人が日本酒の説明をしていた。昔ながらの雰囲気を残しながら、多少手を加えた感じの店内。そもそも、酒蔵を「店内」と称すること自体に違和感を覚えるのだが。お酒はさほど好... <br />『麗人酒造』さんを、出たところで三軒目。<br /><br /><br />と言いつつも、一軒で数種類の日本酒を試飲するので、かなり酔いが回ってきた。<br /><br />舐める程度であるのに、情けなや。<br /><br />ここを最後にしようと入った四軒目。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2538.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2538.jpg" alt="IMG_2538.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://www.yokobue.co.jp/" target="_blank" title="『伊東酒造(横笛)』">『伊東酒造(横笛)』</a><br /><br /><br />中に入ると、学生さん数人を前に、お店の人が日本酒の説明をしていた。<br /><br />昔ながらの雰囲気を残しながら、多少手を加えた感じの店内。<br /><br />そもそも、酒蔵を「店内」と称すること自体に違和感を覚えるのだが。<br /><br /><br />お酒はさほど好みの味では無かったが、陶器製の徳利が、見た目の割に安くて驚いた。<br /><br /><br />酒蔵に行き、お酒以外のものに興味を示すお客もそう居ないだろうと、我ながら思う。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2539.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2539.jpg" alt="IMG_2539.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://honkin.net/" target="_blank" title="『本金』">『本金』</a>さんの看板。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2540.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2540.jpg" alt="IMG_2540.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />建物正面。<br /><br />唯一、酒蔵らしさを残していた。<br /><br />次回は、入ってみたいと思う。<br /><br /><br />『真澄』は一度行ったので、行かず。<br /><br /><br /><br />あまりに有名すぎて、お腹が一杯です…。<br /><br /><br /><br />赤ら顔で、電車に乗り込む。<br /><br /><br />この辺りの人は、言わずとも承知している筈。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2556.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2556.jpg" alt="IMG_2556.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />車内から、北アルプスが見えるらしい。<br /><br /><br /><br />毎朝、北アルプスを眺めながらの通勤!<br /><br /><br /><span style="color:#33FF00"><span style="font-size:large;">憧れるねえええ。</span></span><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
89

風の向こうへ(28)

この地図からも分かるように酒蔵が集中しており、駅から一番遠いのは『宮坂酒造(真澄)』さん。あとは、徒歩数分で移動出来る距離。年に一度、酒蔵祭りが催され、各々の酒が振る舞われる。毎年その時期には、この辺りは酔っぱらいで埋め尽くされるという酒好きには、天国のような街。『麗人酒造』さんに入るも、違和感を憶えた理由とは。数年前の1月2日。諏訪大社を訪れた際、正月早々開いていたひとつが、麗人さん。裏口のよう... <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/sakaguramap_2011fall.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/sakaguramap_2011fall.jpg" alt="sakaguramap_2011fall.jpg" border="0" width="300" height="440" /></a><br /><br /><br />この地図からも分かるように酒蔵が集中しており、駅から一番遠いのは<a href="http://www.masumi.co.jp/" target="_blank" title="『宮坂酒造(真澄)』">『宮坂酒造(真澄)』</a>さん。<br /><br />あとは、徒歩数分で移動出来る距離。<br /><br />年に一度、酒蔵祭りが催され、各々の酒が振る舞われる。<br /><br />毎年その時期には、この辺りは酔っぱらいで埋め尽くされるという<br /><br />酒好きには、天国のような街。<br /><br /><br /><br /><a href="http://www.reijin.com/" target="_blank" title="『麗人酒造』">『麗人酒造』</a>さんに入るも、違和感を憶えた理由とは。<br /><br /><br />数年前の1月2日。諏訪大社を訪れた際、正月早々開いていたひとつが、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%BA%97%E4%BA%BA" class="tagword">麗人</a>さん。<br /><br />裏口のような小さな木戸を開け中に入ると、薄暗く、土間のような場所で、初搾りを振る舞ってくれた。<br /><br />諏訪と言ったら『<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%9C%9F%E6%BE%84" class="tagword">真澄</a>』。そんなイメージを一瞬にして覆すような味。<br /><br />地元でしか味わえない初搾りの飲み口は、その後も強く印象に残る。<br /><br />古臭さが一杯で、如何にも酒蔵という雰囲気が、妙に心地良い空間を作り、また来てみたいと<br /><br />思わせた。<br /><br /><br /><br />それが今回、そんなイメージは何処にも感じられず、改装された店内は現代風のお土産屋さん。<br /><br />日本酒は勿論のこと、オリジナルグッズやビールまでも手がけ、はたまたキャラクターまでも。<br /><br />一体何があったのか?<br /><br />硬派なイメージが、すっかり軟派に様変わりしていた。<br /><br />お店の人も様変わり。デパ地下の店員さながらの接客。<br /><br /><br />これも、時代の流れなのか?<br /><br /><br />オンラインショップも派手に立ち上げ、「何だかなあ」の気分。<br /><br /><br />それなりの理由があったとは気付かずに…。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
88

風の向こうへ(27)

に件目の「舞姫酒造」さんに入る。奥から、番頭さんのような人が出てきた。勿論、他にお客さんは居ない。冷蔵庫にある日本酒を試飲させてくれるも、お猪口に並々と注ごうとする。気さくな上に、気前が良すぎ。ここで、再度伝えておくが、お酒はそう呑めない体質。勿体無い人生だと思いつつも、遺伝であるから諦めるしか無い。一軒目から並々と注がれたお猪口で、数種類の日本酒を試飲すれば、間違いなく酒蔵巡りどころか一軒で、終... <br />に件目の「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%88%9E%E5%A7%AB" class="tagword">舞姫</a>酒造」さんに入る。<br /><br /><br />奥から、番頭さんのような人が出てきた。<br /><br />勿論、他にお客さんは居ない。<br /><br />冷蔵庫にある日本酒を試飲させてくれるも、お猪口に並々と注ごうとする。<br /><br />気さくな上に、気前が良すぎ。<br /><br />ここで、再度伝えておくが、お酒はそう呑めない体質。<br /><br />勿体無い人生だと思いつつも、遺伝であるから諦めるしか無い。<br /><br />一軒目から並々と注がれたお猪口で、数種類の日本酒を試飲すれば、間違いなく<br /><br />酒蔵巡りどころか一軒で、終了するであろう。<br /><br />せっかくのご厚意であったが、舐める程度にしておく。<br /><br />呑めないながらも、好みの味、美味しいと思える味は分かるつもり。<br /><br />やはり、生酒が美味しいと感じる。<br /><br />しかし、生酒は、生モノ。<br /><br />バイクで持ち帰るにはちと厳しい。<br /><br /><br />ふと、冷凍庫ケースに目をやると中にはカップアイスが並んでいた。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%88%9E%E5%A7%AB" class="tagword">舞姫</a>の麹を使った、バニラアイスだという。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2534.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2534.jpg" alt="IMG_2534.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />確か、350円程度だったと思うが、このアイスが格別に美味しい!<br /><br />ネット通販もして居ないし、市場にも出回って居ないので酒蔵に行った事がある人だけが知る、<br /><br />かなりレアなアイス。<br /><br />酒蔵に行って、日本酒よりもアイスが美味しかったと言ったら申し訳無いが、本当に美味しかった。<br /><br />東京で売れば大ヒット間違いなし。<br /><br />人に教えるのが勿体無いような、このままひっそりと作り続けて欲しいと願う。<br /><br /><br /><br />三軒目。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2535.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2535.jpg" alt="IMG_2535.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br /><a href="http://www.reijin.com/" target="_blank" title="『麗人酒造株式会社』">『麗人酒造株式会社』</a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2536.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2536.jpg" alt="IMG_2536.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />入口にあった仕込水。<br /><br />柄杓ですくって飲んでみると、まろやかで癖の無い美味しい水。<br /><br /><br />ただ…妙な違和感を覚えつつも、店内に入ってみた。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
87

風の向こうへ(26)

下諏訪駅から乗車し、上諏訪駅で下車。地元の特産品を紹介するショーケースが目に入る。中には、日本酒が沢山並び、酒蔵の多さを感じさせる。駅前にあったベンチ。何故撮ったのか、記憶が曖昧だが、脚の部分の飾りが珍しかったのだと思う。肝心のものが、よく見えず、意味なし…。改修中なのか?壁がむき出しになった家。材料は、竹と土?いやはや、まさに三匹の子豚のような家。(長男は木の家、次男は土の家。三男はレンガの家と... <br /><br />下諏訪駅から乗車し、上諏訪駅で下車。<br /><br />地元の特産品を紹介するショーケースが目に入る。<br /><br />中には、日本酒が沢山並び、酒蔵の多さを感じさせる。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2527.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2527.jpg" alt="IMG_2527.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />駅前にあったベンチ。<br /><br />何故撮ったのか、記憶が曖昧だが、脚の部分の飾りが珍しかったのだと思う。<br /><br />肝心のものが、よく見えず、意味なし…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2528.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2528.jpg" alt="IMG_2528.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />改修中なのか?壁がむき出しになった家。<br /><br />材料は、竹と土?<br /><br />いやはや、まさに三匹の子豚のような家。<br /><br />(長男は木の家、次男は土の家。三男はレンガの家という話)<br /><br />昔はみな、こんな造りだったのだろう。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2529.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2529.jpg" alt="IMG_2529.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />綺麗に塗装された正面。実は竹と土で出来た家だとは、誰も想像出来まい。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2530.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2530.jpg" alt="IMG_2530.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />こちらも、レトロな雰囲気漂うお店。<br /><br />染め物屋のようだが、看板からも歴史の重さが感じ取れる。<br /><br />古めかしい建物ばかりかと思えば、コンビニもしっかりある。<br /><br />だがしかし、そこらのコンビニとは違い「長野だなあ」と思わせてくれる。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2526.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2526.jpg" alt="IMG_2526.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />なんと!?コンビニの中に立ち食い蕎麦があるのだ。<br /><br /><br />ライダーにとってコンビニは、憩いの場(笑)<br /><br />何処へ行っても必ず立ち寄る場所だが、立ち食い蕎麦のあるコンビニを見たのは初めて!<br /><br />珍しいものとの出会いも、旅の楽しみ。<br /><br /><br /><br />駅からさほど遠く無い酒蔵だが、寄り道ばかりをしているので<br /><br />5分で着く所が、2倍も3倍も時間がかかる。<br /><br />のんびりが基本の旅だもの。それでも良いじゃない?<br /><br />街を歩いていると、風の音が聞こえる。<br /><br /><br />バイクに乗っている時に聞こえるのは、当然だが<br /><br />歩きながらも感じる風の音。<br /><br />耳の奥で「ヒュー」と鳴り続ける風。<br /><br />随所に「風と水」を感じる街。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2532.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2532.jpg" alt="IMG_2532.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />先ずは、一軒目。<br />あっ!二軒目。<br /><br /><a href="http://www.maihime.co.jp/" target="_blank" title="『舞姫酒造株式会社』">『舞姫酒造株式会社』</a>  に到着!<br /><br /><br /><br /><br />
86

風の向こうへ(25)

下諏訪駅。入口には、御柱が二本。線路沿いに見えつつも、なかなか辿り着かずやっとの到着。暑い中、走るのも過酷だが、エンジニアブーツで歩くのもなかなかの過酷さ。ご存知の通り、エンジニアブーツとは、安全性を考え作られた作業用のもの。靴の先に鉄が入っているのだから、軽いはずが無い。そういえば、以前スポーツクラブに通っていた時、5キロのおもりを足首に装着した人を、真似ていた事がある。おもりを外した時に感じた... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2519.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2519.jpg" alt="IMG_2519.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E4%B8%8B%E8%AB%8F%E8%A8%AA" class="tagword">下諏訪</a>駅。<br /><br />入口には、御柱が二本。<br /><br /><br /><br />線路沿いに見えつつも、なかなか辿り着かずやっとの到着。<br /><br />暑い中、走るのも過酷だが、エンジニアブーツで歩くのもなかなかの過酷さ。<br /><br />ご存知の通り、エンジニアブーツとは、安全性を考え作られた作業用のもの。<br /><br />靴の先に鉄が入っているのだから、軽いはずが無い。<br /><br />そういえば、以前スポーツクラブに通っていた時、5キロのおもりを<br /><br />足首に装着した人を、真似ていた事がある。<br /><br />おもりを外した時に感じた爽快感といったら、それはもう。<br /><br />足が軽すぎて、足が付いてないのか?と思えたくらい。<br /><br />それは、少し大げさだが、それほどに違うということ。<br /><br /><br />足首にピッタリ装着するものとは違い、エンジニアブーツはフィット性に欠け<br /><br />その分、重さを感じてしまう。<br /><br />運転の際には、手袋でもブーツでも、ピッタリしたものは向かず、<br /><br />やはり適材適所ということだ。<br /><br /><br /><br />駅前は閑散としており、人もまばら。<br /><br />というより、2人しか居なかった。<br /><br />レンタル自転車を貸してくれるとの貼り紙を見つけ、観光案内所らしき所へ行くと<br /><br />茶飲み友達と、談笑中。<br /><br />のんびりしてしまうのは、無理もない。<br /><br />来るか来ないか分からない観光客を、1日中待っているのだから。<br /><br /><br />せっかくの、お楽しみの所を申し訳無かったが、レンタル自転車の事を聞いてみた。<br /><br /><br />さ 「あのお…。自転車をお借りしたいのですが…。」<br /><br />観 「あぁ!それなら、この先を10分くらい歩いた所に、貸出場所がありますから<br /><br />   そこへ行ってください」<br /><br />さ 「へっ?」<br /><br /><br /><br />御湖鶴酒造さんから、テクテクと歩き、やっと駅に辿り着いたのに、まだ歩くの?<br /><br /><br />一気に、気分は萎える。<br /><br />自転車を借りるのは諦め、電車で移動することにした。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2520.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2520.jpg" alt="IMG_2520.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />改札には、発泡スチロール?で出来た『万治の石仏』。<br /><br />詳しくは、後ほど。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2521.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2521.jpg" alt="IMG_2521.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />ホームには、沢山の風鈴があった。<br /><br />これも、ある意味、風がもたらす恩恵。<br /><br />風が無ければ、あの涼し気な音は聞けないのだから。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2522.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2522.jpg" alt="IMG_2522.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />ホームにも、御柱祭の飾りもの。<br /><br />うーん。生で観たい…。<br /><br />あれこれ、写真を撮っていると電車が到着した。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2523.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2523.jpg" alt="IMG_2523.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />おー!甲府行。<br /><br />色もどこかレトロ調。勿論、ドアは手動である。<br /><br />電車を見れば、即座に鉄男ならぬ「鉄子」さんに早変わり!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2525.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2525.jpg" alt="IMG_2525.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />正面に周り、撮影。<br /><br />こういった時の、はにかみながらも、どこか誇らしげな運転士さんは<br /><br />どこか少年のよう。<br /><br />いつまでも、少年の心を持ち続けられる人は、素敵だ。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
85

風の向こうへ(24)

楽しみが待っていれば、エンジニアブーツでも不思議に足取り軽く。ルンルン気分で、諏訪大社を後にする。坂を下ると、オルゴール館。以前も立ち寄ったので、オルゴールには興味は無かったが店の前に気になるものが。スバル360。赤いシートがどことなくMINI風。大切に乗っている感じ。昔の車は、ドアが反対から開いたり、小窓が付いて可愛い!MINIは、トランクのドアが上から下に開くのだけど国産車はみな、下から上に持ち上げる... <br /><br /><br />楽しみが待っていれば、エンジニアブーツでも不思議に足取り軽く。<br /><br />ルンルン気分で、諏訪大社を後にする。<br /><br /><br />坂を下ると、オルゴール館。<br /><br />以前も立ち寄ったので、オルゴールには興味は無かったが店の前に気になるものが。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2512.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2512.jpg" alt="IMG_2512.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />スバル360。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2513.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2513.jpg" alt="IMG_2513.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />赤いシートがどことなくMINI風。大切に乗っている感じ。<br /><br />昔の車は、ドアが反対から開いたり、小窓が付いて可愛い!<br /><br />MINIは、トランクのドアが上から下に開くのだけど<br /><br />国産車はみな、下から上に持ち上げる。<br /><br /><br />海外では、トランクのドアをキャンプの際に、荷物置きにもするらしいのだ。<br /><br />日本では、キャンプの習慣が無かったから、考えられ無かったのかも。<br /><br /><br />その先へ行くと、数年前には無かったおみやげ屋さん。<br /><br /><br />入口には、足湯あり。誰も入ってなかったけど。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2515.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2515.jpg" alt="IMG_2515.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />地元産の商品を、それぞれ取り揃えている。<br /><br />勿論、日本酒も…。<br /><br /><br /><br />諏訪市には、かの有名な『真澄』の酒蔵がある。<br /><br />一度、行ったこともあるし、基本、有名なものは好まず、どちらかと言うと避ける。<br /><br />だってそうでしょ?<br /><br />自分にとってのご馳走は、自分が美味しいと思うのが一番で、世間様が決めるものではありませぬ。<br /><br />ブランド志向の日本人は、自分自身よりもブランドを信じる傾向にあります。<br /><br /><br />何とも嘆かわしいことで。<br /><br /><br /><br />基本、お酒はさほど呑めない。<br /><br />と言っても、誰も信じてくれず「噓でしょ?」とか「呑めそうな顔してるのに」などと言われるのだが<br /><br />噓つきでも無いし、呑めそうな顔…ってそもそもどんな顔?と思うことしばしば。<br /><br /><br />では、お酒は呑めないのに何故、酒蔵巡り?<br /><br /><br />日本酒には、1世紀以上の立派な職人芸が息づき、風土を感じるものだから。<br /><br /><br />日本酒は、日本を代表する食文化だと思うのです。<br /><br /><br />もっと日本酒が呑めたらどんなに楽しいだろうかと思ったところで、<br /><br />呑めないものはどうしようも無い。<br /><br /><br />先ずは一軒目。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2516.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2516.jpg" alt="IMG_2516.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://www.mikotsuru.com/" target="_blank" title="菱友酒造『御湖鶴』">菱友酒造『御湖鶴』</a><br /><br />1912年創業。鶴をモチーフにした、ラベルのデザインが素敵!<br /><br />オーナーがワイン好きとのことで、毎年限定酒を作っている。<br /><br />また、材料に「金紋錦」を使っている酒蔵は、長野県内でも1桁のようで、<br /><br />その中のひとつ。<br /><br />店内に居た人は、おそらく若主人。<br /><br />都会を意識した、洗練された店内。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2517.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2517.jpg" alt="IMG_2517.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />最近の若い人には、ウケが良いかも知れないが、正直こういうのは求めて無い。<br /><br />もっと「酒蔵らしさ」が、欲しいわけで…。<br /><br />ただ、こうせざるを得ない、深い理由があるのです。<br /><br /><br />ワインと日本酒の中間のような、食中酒にと2012年ものを一本お買い上げ。<br /><br /><br />ここは、下諏訪町。次の酒蔵は、電車で上諏訪町まで。<br /><br /><br />駅に向かう途中、面白いお店を発見。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2518.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2518.jpg" alt="IMG_2518.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />手作りパン屋さんだが、焼き餃子が有名と、ややこしいお店。<br /><br />親のパン屋さんで、息子が餃子を売り始めたところ、餃子が人気になったとかで<br /><br />パン屋さんとしては、面目潰れでも結果的には良かったという、これもややこしい。<br /><br /><br />何はともあれ、商売繁盛は、何よりだ。<br /><br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
84

風の向こうへ(23)

国内最古の神社のひとつ、諏訪大社。ご神徳は、「広大無辺」。そして、かの有名な御柱祭とは、上社、下社それぞれに山から直径約1m、長さ約17m、重さ10tにもなる巨木を8本切り出し、上社は約20km、下社は約12kmの街道を、木遣りに合わせて人力のみで曳き、各お宮の四隅に建てるもの。滑車もコロも使わず、全て人力!山から落としたと思えば冷たい激流を渡り、それはもう男らしい祭りなのです。木を倒すときの、軍隊のようなラ... <br /><br /><br />国内最古の神社のひとつ、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE" class="tagword">諏訪大社</a>。<br /><br />ご神徳は、「広大無辺」。<br /><br />そして、かの有名な<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%BE%A1%E6%9F%B1%E7%A5%AD" class="tagword">御柱祭</a>とは、上社、下社それぞれに山から直径約1m、長さ約17m、<br /><br />重さ10tにもなる巨木を8本切り出し、上社は約20km、下社は約12kmの街道を、<br /><br />木遣りに合わせて人力のみで曳き、各お宮の四隅に建てるもの。<br /><br />滑車もコロも使わず、全て人力!山から落としたと思えば<br /><br />冷たい激流を渡り、それはもう男らしい祭りなのです。<br /><br /><br /><iframe width="350" height="263" src="//www.youtube.com/embed/AN7A7CTewr0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />木を倒すときの、軍隊のようなラッパもすごいね。<br /><br />ちなみに、御柱が倒れた際に死者が出た模様(汗)<br /><br />中には、「祭りで死ぬなんて」とか「イマドキ原始的だ」とか思う方も居るかも知れませんが<br /><br />こういうのは理屈では無いのです。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">男のロマン!</span><br /><br /><br />ですよ。<br /><br /><br />女だけど、分かってしまうんだなあ。<br /><br /><br /><br />一度は、生で見ておきたい祭りのひとつ。<br /><br />次回は2016年!<br /><br /><br /><br /><br />前回記事に登場した「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%8C%E7%9F%B3" class="tagword">さざれ石</a>」。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2499.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2499.jpg" alt="IMG_2499.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />アップで見るとこんな感じ。<br /><br /><br />平安時代に発見された<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%8C%E7%9F%B3" class="tagword">さざれ石</a>は、石灰が雨に溶解され粘着力の強い乳状液となり<br /><br />何千年、何万年もの間に小粒な石を凝結して、次第に大きな巌となり、苔むしてくる石だそう。<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%8C%E7%9F%B3" class="tagword">さざれ石</a>の、特色が理解出来れば、『君が代』の意味も理解出来る。<br /><br /><br />君が代は <br /><br />千代に 八千代に <br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%8C%E7%9F%B3" class="tagword">さざれ石</a>の 巌となりて<br /><br />苔のむすまで<br /><br /><br /><br />なんと、完璧な詩なのだろう。<br /><br />『古今和歌集』から取られたと言われていますが、日本語って、日本人って凄い!<br /><br />小学校に入ると意味も分からず、ただ何となく歌わされていた。<br /><br />きちんと意味を理解していれば、大好きな歌になっていたはず。<br /><br />やっぱり、日本の教育は、間違っているなあ…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2503.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2503.jpg" alt="IMG_2503.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />神社と巫女さん。ピッタリだよね。<br /><br /><br />実は、その昔、巫女さんの衣装に憧れてバイトをしたいと神社に行ったことがある。<br /><br />残念ながら、巫女さんのバイトは競争率が高く、到底無理。<br /><br /><br />時は過ぎ、コスプレ流行りで簡単に巫女さんになれるようになったけれど<br /><br /><br />所詮はニセモノですから。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2502.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2502.jpg" alt="IMG_2502.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />おみくじと、お守りを買った。<br /><br />おみくじは翡翠付きで、中吉だったかな。<br /><br />大切に、お財布の中に入れてあります。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2488.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2488.jpg" alt="IMG_2488.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />脇には、提灯?<br /><br /><br />近づいて見る。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2490.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2490.jpg" alt="IMG_2490.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />酒造組合が奉納した、見事な酒樽群。<br /><br /><br /><br />そうなんです!<br /><br /><br />諏訪は、有名な酒蔵が幾つもあるところ。<br /><br /><br />実は、街歩きの目的はコレ。<br /><br /><br />そりゃあ、<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">バイクには乗れないわ…。</span><br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
83

風の向こうへ(22)

諏訪大社の敷地内にある国民宿舎。建物の横に、広いバルコニーがあり、温泉に漬かったあとは缶ビールで涼む。「上諏訪」で上げた花火を「下諏訪」でも鑑賞。二夜連続、花火が楽しめるなんて、これはきっと神様からの贈り物。頑張った分のご褒美に違いない!宿泊は、殆ど素泊まり。最近では、朝食がサービスという嬉しいところも増えたが、バイクで夏の旅は、何せ、朝が早い。涼しいうちに、距離を稼ぎたい為、食事を摂る時間も惜し... <br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE" class="tagword">諏訪大社</a>の敷地内にある国民宿舎。<br /><br />建物の横に、広いバルコニーがあり、温泉に漬かったあとは缶ビールで涼む。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2442.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2442.jpg" alt="IMG_2442.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />「上諏訪」で上げた花火を「下諏訪」でも鑑賞。<br /><br />二夜連続、花火が楽しめるなんて、これはきっと神様からの贈り物。<br /><br />頑張った分のご褒美に違いない!<br /><br /><br />宿泊は、殆ど素泊まり。<br /><br />最近では、朝食がサービスという嬉しいところも増えたが、<br /><br />バイクで夏の旅は、何せ、朝が早い。<br /><br />涼しいうちに、距離を稼ぎたい為、食事を摂る時間も惜しいのだ。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2463.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2463.jpg" alt="IMG_2463.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />宿舎の中庭。<br /><br />目の前に、諏訪湖。清々しい朝を迎える。<br /><br /><br />昨日の疲れは、さほど残らず。これもみな温泉効果に他ならない。<br /><br /><br />この雰囲気、ドラマなどでよく見かける感じでは無いですか?<br /><br />白いイスに、白いテーブル。<br /><br /><br />給仕が、「お嬢様、朝食でございます」なーんて感じのセレブな雰囲気。<br /><br />そんな雰囲気にあやかり、せっかくなので朝食を摂ることに。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2461.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2461.jpg" alt="IMG_2461.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><span style="font-size:large;">じゃ~ん!</span><br /><br /><br />さくらお嬢様(笑)の朝食でございます。ohoho。(お嬢様イメージゼロ)<br /><br /><br /><br />和洋折衷、嫌いなものを除き、あるだけ取った図。<br /><br />朝食は、バイキング方式で宿泊費に含まれる。<br /><br />八ヶ岳牛乳の美味しさに魅了されたので、牛乳をおかわりする。<br /><br />「バイクに乗るのに、朝からこんなに食べて大丈夫?」<br /><br />と、お思いのアナタ!<br /><br /><br />今日は、電車と徒歩で、諏訪市観光の日。<br /><br />せっかく来たのに、足早に通り過ぎる理由も無いし、1日くらいは、のんびりと…というわけ。<br /><br /><br />ガッツリ食べれば元気も百倍!<br /><br />早速、出かけました。(エンジニアブーツで)<br /><br />キャンプ用の履き替え靴は、常に持ち歩いているのですが、すっかり忘れていた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2465.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2465.jpg" alt="IMG_2465.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />早朝の <a href="http://suwataisya.com/index.html" target="_blank" title="『 諏訪大社 』">『 諏訪大社 』</a>。<br /><br />全国の諏方神社の総本社で、風、水の守護神。武勇の神とも信仰されており…。<br /><br />「風」、「武勇」とくれば、バイカーにピッタリの神様では?<br /><br />人の姿も無く、強力なパワーを独り占め。<br /><br />う~ん。贅沢だ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2467.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2467.jpg" alt="IMG_2467.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />夏は、やはり水場が涼し気。<br /><br />参拝前に手と口を清める水場ですが、暫くすると子連れのお母さんが現れ<br /><br />子供を、遊ばせていた。<br /><br />あの子はきっと罰があたるに違いない!<br /><br />神聖な水場に、足を入れていたのだから…。<br /><br />子供に罪は無く、親の責任です!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2472.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2472.jpg" alt="IMG_2472.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />ここの狛犬は(鉄製では)日本最古のもの。<br /><br />恐ろしく迫力があり、恐れ多くてカメラなど向けられません(汗)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2476.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2476.jpg" alt="IMG_2476.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />御柱が社の四隅に祀られています。<br /><br />こんな大きな木に乗って坂を下るのですから、怪我しない方が不思議。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2482.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2482.jpg" alt="IMG_2482.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />これも、神社の見どころのひとつ。<br /><br />昔の職人さんは、ホント…良い仕事をしていました。<br /><br />彫りの中に、彫り物があったり、どうやって作ったのかさっぱり分からない。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2496.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2496.jpg" alt="IMG_2496.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />隅にあった「さざれ石」。<br /><br />ん?さざれ石って、何処かで聞いたような…。<br /><br /><br /><br />な…なんと!?あの「さざれ石」です。<br /><br /><br />日本人なら誰もが知る、あの歌。<br /><br /><br /><br />♬<br /><br />きーみぃーがぁーあ よーおーはぁー<br /><br />ちぃーよーにーいぃ やーちーよーに<br /><br />(はい!ココです)<br /><br />さーざーれー いーしーのおー<br /><br />                   <br /><br /><br /><br /><br />国歌に、出てくる「さざれ石」とは、こんな石だったのです。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">全く、知らなんだ…。</span><br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
81

風の向こうへ(21)

先日、ブロ友さんの、「お蕎麦を食べた」との呟きを見たら、無性にお蕎麦が食べたくなってきた。丁度お昼前だったこともあり、早速お気に入りの立ち食い蕎麦屋に出かけた。立ち食い蕎麦と侮るなかれ。とある駅ナカにあるのだが、下手なお蕎麦屋さんよりも美味しい。決まってあたたかい蕎麦を食べるのだが、冷たい蕎麦を注文してみた。食べた感想。冷たい蕎麦に作りおきの天麩羅は合わない…。立ち食い蕎麦屋で、揚げたての天麩羅は... <br /><br />先日、ブロ友さんの、「お蕎麦を食べた」との呟きを見たら、無性にお蕎麦が食べたくなってきた。<br /><br />丁度お昼前だったこともあり、早速お気に入りの立ち食い蕎麦屋に出かけた。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201309281620375ed.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201309281620375ed.jpg" alt="冷やし蕎麦2" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />立ち食い蕎麦と侮るなかれ。<br /><br />とある駅ナカにあるのだが、下手なお蕎麦屋さんよりも美味しい。<br /><br />決まってあたたかい蕎麦を食べるのだが、冷たい蕎麦を注文してみた。<br /><br />食べた感想。<br /><br />冷たい蕎麦に作りおきの天麩羅は合わない…。<br /><br />立ち食い蕎麦屋で、揚げたての天麩羅は求められないものね。<br /><br /><br />教訓<br /><br />ひやがけに ひえたてんぷら うまくない<br /><br /><br /><br /><br />さて、本題。<br /><br /><br />やっと辿り着いた下諏訪市にある、諏方神社。<br /><br />今夜の宿泊先はここ!<br /><br /><br />…の、横にある国民宿舎。<br /><br /><br />ライダー向けの地図にある、宿泊施設情報にも載っているので、ライダー利用者も多い。<br /><br /><br />それにしても、諏方神社の敷地内に、泊まっていいの?<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2420.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2420.jpg" alt="IMG_2420.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />この方も、利用されたよう。<br /><br />有難くてつい、地ビールを供えたりして。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2421.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2421.jpg" alt="IMG_2421.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />入り口に飾られた御柱祭の飾り。<br /><br />諏訪神社といえば、かの有名な御柱祭。<br /><br />急坂を、太い柱に乗って滑り、負傷者多数、ときに死者も出るという<br /><br />男らしいのか、危険なのか。とにかく迫力のある祭りである。<br /><br />到着時間が未定だった為、食事は外食。<br /><br />荷物を片付けて、出かけた。<br /><br /><br />時間的に空いているお店はさほど無かったが、気になるお店が一件。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2430.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2430.jpg" alt="IMG_2430.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />一見、古物商のような雰囲気のある蕎麦屋。<br /><br />中に入ると、立派な中庭が見えた。<br /><br />ひと一人分ほどの通路を奥に進むと、蔵を改装したような空間に<br /><br />テーブルが幾つか並んでいた。<br /><br />流れる音楽はJazz。<br /><br />蕎麦屋というと、和風のイメージであるが、最近は和風モダンな雰囲気で<br /><br />Jazzが流れるお店も数多い。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2425.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2425.jpg" alt="IMG_2425.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />2人掛けのテーブルが3卓。<br /><br />暫くすると、奥からお店の人がメニューを持って出てきた。<br /><br />地方にしては立派な値段だったが、店構えや、接客からかなり期待は出来そう。<br /><br />佐久で、酷いお蕎麦を食べたので、ここはひとつ美味しい蕎麦を食べたいものだ。<br /><br />お寿司で言えば、並と上。2種類のお蕎麦があり、良い蕎麦粉を使っている方を注文した。<br /><br />前菜とデザート付き。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2423.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2423.jpg" alt="IMG_2423.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />小鉢に入ったそれぞれの前菜。<br /><br />もずくとお豆腐と、あとは忘れた…。<br /><br />お豆腐といっても、クリーミィでデザートのような舌触り。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2428.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2428.jpg" alt="IMG_2428.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />細切り蕎麦に、生わさびが一本。細切りネギも見事な薄さ。<br /><br />以前、年末に築地で買った生わさびは、さほど辛さが無かったのでそのつもりで<br /><br />一本分の生わさびを入れて食べた所、辛いのなんの!<br /><br />新鮮だからなのか、種類が違うのか、同じ生わさびでも辛さが違う事を知る。<br /><br />元々、辛さには強いので難無く食べ終わる。<br /><br />思っていたほどの、喉越し、硬さ。やっと美味しいお蕎麦にありつけ<br /><br />苦労してここまで来た甲斐もあったというもの。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2429.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2429.jpg" alt="IMG_2429.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />食後のデザートは、バニラアイス。<br /><br />生わさびを乗せて食べると美味しいと聞き、おろし金に残ったカスをかき集めて乗せる。<br /><br />静岡でもわさびアイスを食べたけれど、やはり生わさびの威力は凄い!<br /><br />とても、美味しいわさびアイスであった。<br /><br /><br />長い長い1日の終り。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">やっぱり江戸っ子は、蕎麦に限るね!</span><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
82

秋を探して

暫く、夏の旅記事が続いているので、ひと休み。爽やかな秋晴れかと思いきや、台風情報と、秋は何かと忙しい。春と秋。バイクには絶好の季節。夏とは違い、日の出が遅い為、今時期の出発は大体7時頃。チェーン交換後の調子を見つつ、出かけた。最近、アイアンくんの後ろ姿に惹かれる。人間でも、背中に哀愁を感じたりするけれど、アイアンくんの後ろ姿はスマートで、凛々しい。まるでスーパーモデルのようである。(言い過ぎか?)... <br /><br /><br />暫く、夏の旅記事が続いているので、ひと休み。<br /><br /><br />爽やかな秋晴れかと思いきや、台風情報と、秋は何かと忙しい。<br /><br />春と秋。バイクには絶好の季節。<br /><br /><br />夏とは違い、日の出が遅い為、今時期の出発は大体7時頃。<br /><br />チェーン交換後の調子を見つつ、出かけた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/bykeasa.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/bykeasa.jpg" alt="bykeasa.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />最近、アイアンくんの後ろ姿に惹かれる。<br /><br />人間でも、背中に哀愁を感じたりするけれど、アイアンくんの後ろ姿は<br /><br />スマートで、凛々しい。<br /><br />まるでスーパーモデルのようである。(言い過ぎか?)<br /><br />とりあえず、道の駅を目指す。<br /><br /><br />あの、猛暑は何処へ?<br /><br />土手道に出ると、涼しいを通り越し、寒さを感じるほど。<br /><br />青々と生い茂っていた草も、すっかり姿を消し、一面が小麦色となっていた。<br /><br />風の香りも、秋。<br /><br />いつも走る土手道は、五感で四季の変化、季節の香りが感じられる。<br /><br />空気は澄み、冷えた空気が、程よい緊張感の<br /><br />枯れ草の香りが漂う秋。<br /><br />快晴であれば、雲ひとつ無い真っ青な青空。<br /><br /><br />所々に咲く赤い花。<br /><br />そう言えば、曼珠沙華(彼岸花)の季節。<br /><br /><br />「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%A0%82" class="tagword">権現堂</a>の曼珠沙華も、咲いているだろうか…」。<br /><br /><br />当初、五霞の道の駅へでも行こうと思っていたが、埼玉県幸手市の<a href="http://www.satte-k.com/" target="_blank" title="『権現堂』">『権現堂』</a>に変更。<br /><br />走りながら、目的地が変わるのはいつものこと。<br /><br />これが、知った土地であれば良いが、知らぬ土地でも気まぐれが出るのは、ちと困る。<br /><br /><br />途中、ミニストップを通過…せず、停車。<br /><br /><br />その理由は、<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/purinnpafe.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/purinnpafe.jpg" alt="purinnpafe.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />プリンパフェが復活していた!<br /><br />入り口に大きく「プリンパフェ」とあれば、通過するわけには行かない。<br /><br />プリンパフェ愛好者にとっては、使命感のようなもの。<br /><br />朝から、ソフトを食べる。<br /><br /><br />満足し、外へ出ると「さっ…さむい。。」<br /><br /><br />アイアンくんのエンジンをかける。<br /><br />アイアンキックは重い上に、実はちょっとしたコツがある。<br /><br />しっかりとギアが噛む位置を、足で探ること。<br /><br />と、知ったかぶりに書いているが、確信が持てるようになったのは、つい最近のこと。<br /><br />キック抜けが多くなってきたことがきっかけである。幸い、未だ膝への打撃は受けたことは無いけれど。<br /><br />当初は、走ることしか興味が無かったが、構造くらいは知っておいた方が何かと便利だ。<br /><br />アイアン好きの侍・タメさんの記事は、勉強になっている。<br /><br /><br />水が張られていた田んぼの稲も、いつの間にか刈られていた。<br /><br />今年も新米の季節がやってきた。<br /><br />実りの秋、食欲の秋!<br /><br />えっ?一年中、食欲の秋?<br /><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%A0%82" class="tagword">権現堂</a>に到着すると、いつもは数台しか停まって居ない駐車場が満車。<br /><br />誘導員が、車を誘導していた。<br /><br />というか、誘導員が居たの?という驚き。<br /><br />昨年は、花の終わりの時期だったけれど、今年は少し早かったくらい。<br /><br />まだ蕾の部分もあったが、あたり一面が赤く染まっていた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/mannjyusyage3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/mannjyusyage3.jpg" alt="mannjyusyage3.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />この花も大好き!<br /><br />根に毒があるので、畑の周りに植え、モグラ等の被害を防いだとか。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/mannjusyage2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/mannjusyage2.jpg" alt="mannjusyage2.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />自然の造形は、何よりも美しい。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/kuri.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/kuri.jpg" alt="kuri.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />曼珠沙華と、栗餡パンのコラボ。<br /><br /><br />何故、餡パン?とお思いでしょうが、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%A8%A9%E7%8F%BE%E5%A0%82" class="tagword">権現堂</a>にある手作りパン屋さんはお気に入り。<br /><br />必ず買って帰ります。<br /><br />しかも、この日は、焼きたてパンが買えました!<br /><br /><br />嬉・嬉・嬉<br /><br /><br />ひと通り、花見をしてもお昼にはまだ早し。<br /><br /><br />五霞の道の駅まで走れば、丁度お昼頃になりそうだったので、久々の五霞。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/gokamichi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/gokamichi.jpg" alt="gokamichi.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />えー!何?この邪魔な建物…。<br /><br />久々に立ち寄ると、変な建物が出来ていた。<br /><br />確かに無駄なスペースがあったけど、視覚的にどうなんだろう。<br /><br />宝くじ売り場が鎮座していました。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/shiora-men.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/shiora-men.jpg" alt="shiora-men.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />この日は、塩バターラーメン。<br /><br />こってり系は、あまり好まず、さっぱり系の具もホドホドが好き。<br /><br />値段も安くて、美味しかった。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/kosumosumichi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/kosumosumichi.jpg" alt="kosumosumichi.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />蝶々が沢山舞っていた所に、コスモスが咲いていた。<br /><br /><br />まだ、咲き始め。そして…<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/kaimono.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/kaimono.jpg" alt="kaimono.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">収穫の秋!</span><br /><br /><br /><br />アイアンくんと過ごした、或る秋の日。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/bykemichi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/bykemichi.jpg" alt="bykemichi.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br /><br /><br />
80

風の向こうへ(20)

蕎麦畑で写真を撮り、数時間経過。長いトンネルに差し掛かる。ここを抜ければ、あと少し。道幅は狭く、暗くて長いトンネル。古いので仕方が無いけれど、大型車のすれ違いが厳しい為渋滞になっていた。トンネル内での渋滞は、視界は悪いし息苦しい。最も嫌なパターン。ここは、無理をしてでもすり抜けて、少しでも早くトンネルを通過したい。路肩も良く見えず、路面状況も分からない所を、何とか、通過。こんな事が出来るのもバイク... <br />蕎麦畑で写真を撮り、数時間経過。長いトンネルに差し掛かる。<br /><br />ここを抜ければ、あと少し。<br /><br /><br />道幅は狭く、暗くて長いトンネル。<br /><br />古いので仕方が無いけれど、大型車のすれ違いが厳しい為<br /><br />渋滞になっていた。<br /><br /><br />トンネル内での渋滞は、視界は悪いし息苦しい。最も嫌なパターン。<br /><br />ここは、無理をしてでもすり抜けて、少しでも早くトンネルを通過したい。<br /><br />路肩も良く見えず、路面状況も分からない所を、何とか、通過。<br /><br />こんな事が出来るのもバイクの良い所。<br /><br /><br />個人的に、バイク選びの際は、すり抜けが出来る大きさであることは必須条件。<br /><br /><br />トンネルを抜けて、ふと右を見ると早朝に見た道の駅があった。<br /><br /><br />そう言えば、いくつも道の駅を通過したけれど、とても立ち寄る余裕は無かった。<br /><br />とにかく、目的地に着くこと。明るいうちに峠を超えることばかりを考えていた。<br /><br />最も注意すべきは、峠に入るとGASスタンドが殆ど無い。<br /><br />予備タンク持参は必須で、GASスタンドを見かけたら給油する事を心がける。<br /><br /><br />山中で、ガス欠なんて事があったら、それはもうパニック。<br /><br />流石に、バイクを押して行く体力は持ち併せて居ないし、<br /><br />バイク乗りとして、恥ずべき事だと思っている。<br /><br /><br /><br />大きな山を越えた安堵感で、大きく深呼吸。<br /><br />しかしながら、戦士に休息は与えられない。<br /><br />(いつのまに戦士?)<br /><br /><br />もう少し、もう少し!<br /><br /><br />自らを励ましながら、走り続け、やっと辿り着いた長野県松本市。<br /><br /><br />今にも倒れそう。フラフラになりながら、市内のGASスタンドに入った。<br /><br />時計を見ると、17時半。<br /><br /><br />早朝、上諏訪を出発してからおおよそ12時間。<br /><br />普段の12時間の走りとは違い、野麦街道を往復走ったこと、<br /><br />(乗鞍高原、乗鞍岳を一周したことになる)<br /><br />その上、飛騨高山までも遠征。<br /><br />我ながら、良く走ったものだ。<br /><br /><br />ここで、昨年の青森遠征を振り返る。<br /><br /><br />同じ暑さの中、確かに距離はあったけれど、直線が多かった。<br /><br />そう考えると、今回は、暑さに加え、峠ばかり。<br /><br />やはり、毎回、過酷さがグレードアップしていく。<br /><br /><span style="font-size:large;"><br />フッフッフッ…。</span><br /><br /><br />いや、少しも嬉しくない!<br /><br /><br />給油した後、流石にすぐ走る気にはなれず、放心状態で約30分の休憩。<br /><br /><br />専門ショップでも旧車は、夏場の日中はなるべく避けるようにと言っているのに<br /><br /><br />真夏の、しかも36度にもなる昼間に走り続けて大丈夫なのか?<br /><br /><br />しかも、峠では、エンジンブレーキを延々とフル稼働でアップダウンの走り。<br /><br /><br />アイアンくん、本当に大丈夫なのか?<br /><br /><br /><br />恐るべし、アイアンくん…。<br /><br /><br />ここからまだ走る。今夜の宿泊先、下諏訪町まで走らなければならないのだ。<br /><br /><br />最後の力を振り絞り、走ること数時間。<br /><br /><br />無事、下諏訪町に到着!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2416.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2416.jpg" alt="IMG_2416.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />諏訪神社にて。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">ありがたや、ありがたや…。</span><br /><br /><br /><br />さくら、壊れる一歩手前。<br /><br /><br /><br />やっと2日目が終わる。<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br />
74

風の向こうへ(19)

アイアンくんは、女だったの。ちっとも知らなんだ…。その凛々しさたるや、ジャンヌ・ダルクのよう!『美女街道』を抜けて、次なるは『野麦峠』野麦峠と言えば、悲しい逸話を思い出します。『女工哀史 野麦峠』貧しい時代の日本の出来事。豊かになり過ぎて、他国の話しのように感じますが、実際にこんな時代があったのです。バイクでさえキツいのに、ここを歩いて超えた。軍隊の訓練さながらの過酷さだったことでしょう。いや…それ... <br /><br />アイアンくんは、女だったの。<br /><br />ちっとも知らなんだ…。<br /><br />その凛々しさたるや、ジャンヌ・ダルクのよう!<br /><br /><br /><br />『美女街道』を抜けて、次なるは<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2401.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2401.jpg" alt="IMG_2401.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />『野麦峠』<br /><br /><br />野麦峠と言えば、悲しい逸話を思い出します。<br /><br /><br /><a href="http://www6.plala.or.jp/ebisunosato/nomugi.htm" target="_blank" title="『女工哀史 野麦峠』">『女工哀史 野麦峠』</a><br /><br /><br />貧しい時代の日本の出来事。<br /><br />豊かになり過ぎて、他国の話しのように感じますが、実際にこんな時代があったのです。<br /><br />バイクでさえキツいのに、ここを歩いて超えた。<br /><br />軍隊の訓練さながらの過酷さだったことでしょう。<br /><br />いや…それ以上だったかも知れません。<br /><br />とにかく、想像を絶する事。<br /><br /><br /><br />高山市を出発してから、走り通し。<br /><br /><br />そろそろ休憩したいなあと思った時に、こんな場所が出現。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2406.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2406.jpg" alt="IMG_2406.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />古い、木造校舎。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2404.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2404.jpg" alt="IMG_2404.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />看板には『野麦学舎』とあります。<br /><br />調べてみると、旧野麦分校を改装し、宿泊研修施設で利用されているよう。<br /><br />「ツーリングにも」との解説があるので、団体利用には便利。<br /><br />校庭で、バーベキューや花火もOKとか。<br /><br />旧校舎も、再利用されれば、嬉しいはず!<br /><br />全国にある廃校が、有効活用されますように。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2408.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2408.jpg" alt="IMG_2408.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />校舎横にあった、湧き水で顔を洗う。<br /><br /><br />アルプスの水は冷えていて、気持が良く、生き返るよう。<br /><br />スーパーで売られている「○○アルプスの天然水」がタダ!<br /><br />ありがたや、ありがたや。<br /><br />元々、日本は水が豊富なお国柄。いつから水を買うようになったのか。<br /><br />豊富な水源地に、中国が目をつけ、買い占められそうな勢いで<br /><br />売買されているそうな。<br /><br /><br />どうなる?日本…。<br /><br /><br /><br /><br /><br />しばしの休息をとり、再出発。<br /><br /><br /><br />市街地を抜けると、それまでの不快さは消え、風が心地よい。<br /><br />多分10度は違うだろう。<br /><br /><br />冷たい水で、喉を潤せば、また頑張れる。<br /><br />大自然の贈り物に感謝する。<br /><br /><br /><br />それから走ること数時間。<br /><br /><br />今回は、良い風景があれば写真を撮ろうと意識をしていた。<br /><br />そうでもしなければ、走ってばかりで写真など殆ど無い。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2411.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2411.jpg" alt="IMG_2411.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />小さくて白い花が沢山咲く、蕎麦畑。<br /><br />蕎麦は、実を潰して蕎麦粉にする。<br /><br />花が終わったら実がなるのか?<br /><br />とても繊細な花。<br /><br />きっと美味しい蕎麦に生まれ変わることだろう。<br /><br /><br />ふと道の反対側を見ると、みつばちが沢山飛んでいた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2413.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2413.jpg" alt="IMG_2413.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />どうやら養蜂場だったよう。<br /><br />全身ネットを被ったご夫婦らしき二人が、作業をしていた。<br /><br /><br />初めて見る光景。<br /><br /><br />こんな山奥で、蕎麦や、蜂蜜を作り、自然に逆らわず。<br /><br />見事に共存している姿に、感銘を受ける。<br /><br /><br /><br />これこそ、本来あるべき人間の姿。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
79

風の向こうへ(18)

岐阜県警のパトカーのウィンドウに岐阜の夏空が映り込む。岐阜まで来たんだなあ…。オール下道で、野麦街道(旧道)を抜けて、とうとう来たんだなあ…。食後の、みたらし団子!「みたらし」と言っても、甘タレでは無く、れっきとした醤油団子。高山名物、みたらし団子!美味しいのよ。腹ごしらえすると、元気も回復する。駐車場のオバちゃんに、別れを告げ、出発!オバちゃん「歩く姿は全然バイクに乗るように見えないのに。カッコイ... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2392.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2392.jpg" alt="IMG_2392.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />岐阜県警のパトカーのウィンドウに岐阜の夏空が映り込む。<br /><br /><br />岐阜まで来たんだなあ…。<br /><br /><br />オール下道で、野麦街道(旧道)を抜けて、とうとう来たんだなあ…。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2394.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2394.jpg" alt="IMG_2394.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />食後の、みたらし団子!<br /><br />「みたらし」と言っても、甘タレでは無く、れっきとした醤油団子。<br /><br />高山名物、みたらし団子!美味しいのよ。<br /><br /><br /><br />腹ごしらえすると、元気も回復する。<br /><br />駐車場のオバちゃんに、別れを告げ、出発!<br /><br /><br />オバちゃん「歩く姿は全然バイクに乗るように見えないのに。カッコイイねぇ!」<br /><br />さくら  「いやあ、それほどでも…」<br /><br />と照れてみる。<br /><br />でも、オバちゃん。「バイカーに見えない」というのは微妙です。。<br /><br /><br />野麦街道を抜けなければ、長野県には戻れない。<br /><br />あの、厳しい野麦街道をまた走るのかと思うと、気が滅入ってきた。<br /><br />地図を広げ、別ルートの野麦街道を抜ける事にする。<br /><br />イマドキは、NAVIという便利なものがあるが、不便さを楽しむ旧車乗りは、いつまでも紙の地図。<br /><br /><br /><br /><br />どちらにしても、旧道。<br /><br />地図を頼りに行くが、旧道の為か、道路標識が少なく、不安になりながらも進む。<br /><br />いくら旧道だからとはいえ、もう少し道路標識を増やして貰えないだろうかと思う。<br /><br />暫く走るとコンビニが見えたので、念の為、道を聞くことにした。<br /><br /><br />地方のコンビニは、親切。<br /><br />1人の店員さんに道を聞いたところ、もう一人加わり二人であれこれ言いながら<br /><br />丁寧に説明してくれた。<br /><br />そうそう!この温かさが地方の良いところ。<br /><br />ただ、「○○さんの所を、右に曲がって」と言われても、地元民で無いと<br /><br />○○さんは、分かりません…。<br /><br /><br />コンビニといえば、あるコンビニで、トイレを貸してくれなかった所があった。<br /><br />あれは確か、千葉県富津市。<br /><br />それ以来、千葉県には寄り付かない事にしている。<br /><br />トイレの恨みは、恐ろしいのだ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2452.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2452.jpg" alt="IMG_2452.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />置いてあったヘルメットにオニヤンマがとまる。<br /><br />都会では、見ることの無い、トンボ。<br /><br />噂通りの、大きさだ。<br /><br /><br /><br />ここからは、走るのみ!<br /><br /><br />走る、走る、どこまでも走る。<br /><br /><br /><br />遠回りではあるが、多少カーブが緩やか。<br /><br /><br />ここを走破すれば、乗鞍高原、乗鞍岳を一周したことになる。<br /><br /><br />峠に入ったら、超えるまで気は抜けない。<br /><br />山が大きければ、トンネルも長し、カーブ多し。<br /><br /><br />自ら飛び込んだ道であるが、まさか日帰りすることになるとは!<br /><br /><br />どうしてかな…。いつも過酷な旅になってしまう。<br /><br /><br />勢いだけで突っ走ってしまい帰りの事など、いつも考えない<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">アンタが悪いんだろうが!?</span><br /><br /><br />反省します…。<br /><br /><br />そんな事を思いつつ、ある看板を通り過ぎる。<br /><br /><br />ん??<br /><br /><br />気になり、戻って確認。<br /><br /><br />やっぱりー!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2398-1.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2398-1.jpg" alt="IMG_2398-1.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />『<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E8%A1%97%E9%81%93" class="tagword">美女街道</a>』<br /><br /><br />美女は「美女」の文字が気になる。<br /><br /><br />えっ!?まさかっ…アイアンくんが<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">女だったなんて!?</span>(-_-;)<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br />
    Return to Pagetop