FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
78

風の向こうへ(17)

「小京都」の、高山市。埼玉県であるなら「小江戸」の川越市。近年は、古い街並みを観光名所にするところも増えている。暑さと混雑で、とても撮影する気にならず、とりあえず撮った写真2枚。もっとご覧になりたい方は、『高山市観光情報』 でもどうぞ!(人任せ)飛騨牛を求め、はるばるやってきた高山市だがこう暑くては焼き肉店など、到底入る気にはならない。とはいえ、走り出したら数時間は止まらず、食べ損ねること必須。丁... <br /><br /><br />「小京都」の、高山市。<br /><br />埼玉県であるなら「小江戸」の川越市。<br /><br />近年は、古い街並みを観光名所にするところも増えている。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2387.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2387.jpg" alt="IMG_2387.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2386.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2386.jpg" alt="IMG_2386.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />暑さと混雑で、とても撮影する気にならず、<br /><br />とりあえず撮った写真2枚。<br /><br />もっとご覧になりたい方は、<a href="http://www.hida.jp/index.html" target="_blank" title="『高山市観光情報』">『高山市観光情報』</a> でもどうぞ!(人任せ)<br /><br /><br /><br />飛騨牛を求め、はるばるやってきた高山市だが<br /><br />こう暑くては焼き肉店など、到底入る気にはならない。<br /><br />とはいえ、走り出したら数時間は止まらず、食べ損ねること必須。<br /><br />丁度お昼だったこともあり、もうひとつの目的である、「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3" class="tagword">高山ラーメン</a>」探し。<br /><br /><br />はてさて、ラーメン店はいくつもあるが、何処に入ったら良いか?<br /><br />岐阜県まで来て、不味いラーメンにあたったら、旅の思い出も台無し。<br /><br />食べログで、情報を収集するも参考程度にする。<br /><br />というのも、あまり当たった事は無いから…。<br /><br />結局は、自らの勘が頼りなのだ。<br /><br /><br />しつこいが、とにかく暑い!<br /><br />気温36度。<br /><br />バイク乗りは、バイクに乗って丁度良い格好をしている。<br /><br />長袖に分厚いジーンズ、重いエンジニアブーツ等々…。<br /><br />重装備のままで、真夏の街歩きは、バイクとは違った過酷さがある。<br /><br />真夏だからと、軽装備で出かける人も居るだろうが、ロングの場合は<br /><br />風や、陽に当たり続ける事は、思いの外、疲労が増すもの。<br /><br />その点、走り屋と形容されるライダー達は真夏でも、皮のスーツを着て走る。<br /><br />膝パットにフルフェイス。バイクの特性を知り尽くし、走りに対しての真摯な姿勢は、尊敬に値するもの。<br /><br /><br /><br />「ラーメンなんて、どうでも良いじゃん!この街を早く脱出しようよ…」<br /><br />という思いと<br /><br />「せっかくここまで来て、ラーメンくらいは食べなくちゃ!」<br /><br />という思いが交差する。<br /><br /><br />ズルズルと重い足を引きずりながら、駅前をさまよう…。<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3" class="tagword">高山ラーメン</a>は何処に…。<br /><br /><br />何とか探した <a href="http://ramendb.supleks.jp/s/3137.html" target="_blank" title="『甚五郎らーめん 本店』">『甚五郎らーめん 本店』</a><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3" class="tagword">高山ラーメン</a>の特徴は、醤油味のみのさっぱり系。<br /><br />都心の、どちらかというと威勢の良い兄ちゃんが多いラーメン店とは違い<br /><br />厨房は、数人のオバちゃんが仕切っている。<br /><br /><br />カウンターには、ニンニクと、おろし金が置かれ、好きなだけ入れられる仕組み。<br /><br />また、ご飯が無料で付いて、600円。<br /><br />待つこと数分。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2390.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2390.jpg" alt="IMG_2390.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />運ばれてきた<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3" class="tagword">高山ラーメン</a>!<br /><br /><br />ニンニクをひとかけ、すりおろす。<br /><br />透明でほんのり黄緑色をしているのは、新鮮な証拠!<br /><br />割り箸をパチン!と割り…。<br /><br />ここで、割り箸が綺麗に割れないと、ラーメンも美味しく無いような。<br /><br />ある意味、ラーメン占いみたいなものか?<br /><br /><br />今回は、スッキリと綺麗に割れたので、ラーメンにも期待出来る。<br /><br />さてと、ひとくち…。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">うっ…うまいっつ!!!</span><br /><br /><br />さっぱりとした中にも、スープにコクがあり細麺で、かなり好みの味。<br /><br />チャーシューも美味しかったし、細切りネギも新鮮。<br /><br />入って良かった、食べて良かった!<br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF3300"><br /><span style="font-size:large;">余は、満足じゃ~!</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
77

風の向こうへ(16)

高山市を訪れたのは、3度目。勿論、バイクでは初!そして真夏に訪れたのも初!帰宅してから、友人に高山市に行った事を話すと「あそこは暑くて夏に行くものじゃないのよー」と。早く言って欲しかった…。まあ、行く予定も無かったのだから、仕方が無いけれど。無事、駐車場が見つかり、向かったのは飛騨高山名物「宮川朝市」。宮川沿いに、沢山の店が立ち並ぶ。正直暑さで、見て歩くどころでは無かったが、せっかくなので気合を入... <br /><br /><br />高山市を訪れたのは、3度目。<br /><br />勿論、バイクでは初!そして真夏に訪れたのも初!<br /><br />帰宅してから、友人に高山市に行った事を話すと<br /><br />「あそこは暑くて夏に行くものじゃないのよー」と。<br /><br /><br />早く言って欲しかった…。<br /><br />まあ、行く予定も無かったのだから、仕方が無いけれど。<br /><br /><br />無事、駐車場が見つかり、向かったのは<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E9%AB%98%E5%B1%B1" class="tagword">飛騨高山</a>名物「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E6%9C%9D%E5%B8%82" class="tagword">宮川朝市</a>」。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2383.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2383.jpg" alt="IMG_2383.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />宮川沿いに、沢山の店が立ち並ぶ。<br /><br />正直暑さで、見て歩くどころでは無かったが、せっかくなので気合を入れ、<br /><br />端から全ての店を見て回った。エンジニアブーツで…(泣)<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E9%AB%98%E5%B1%B1" class="tagword">飛騨高山</a>には、「さるぼぼ」という民芸品がある。<br /><br />可愛いのだけれど、どこに付けようか?と考えた時に思い浮かばず<br /><br />いつも、買わずじまい。<br /><br />お土産品店よりも、かなり安く、買える。<br /><br />野菜は勿論のこと、お漬物あり、生花あり、民芸品やら、パンやらと品数豊富で<br /><br />見て回るだけでも楽しい。涼しければ…。<br /><br /><br />暑いし、二輪には優しく無い高山市。<br /><br />多少の嫌悪感を持ちつつ、朝市から戻る途中に、見たもの。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2384.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2384.jpg" alt="IMG_2384.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />「まぼろしの朝市牛乳」<br /><br />商品名は確か「白い命」だったような…。<br /><br /><br />八百屋さんが、暑い中、せっせと野菜を運んでいる。<br /><br />どこかしらKさんの面影があり、親しみを憶えた。<br /><br />さ 「牛乳1本ください!」<br /><br />店 「ありがとう」(独特のイントネーション)<br /><br />店頭で、牛乳を一気飲みするさくら。<br /><br />キリっと冷えて、思わず<br /><br />ウマいっ!と呟く。<br /><br /><br />さ 「この牛乳!冷えていてとっても美味しかったです!」<br /><br />感動を、そのまま伝えたところから、店の人との会話が始まった。<br /><br />店 「そのTシャツの金魚、可愛いね!」<br /><br />その日は、青森で買った金魚ねぷたのTシャツを着ていた。<br /><br />どうやら、金魚ねぷたを知らないようで、詳しく説明。<br /><br />ついでに、知る範囲での津軽弁の解説。<br /><br />ひと通り、話し終わると<br /><br /><br />「ありがとう。よう牛乳を飲んでくれはったな。ありがとう」。<br /><br />(方言口調なので定かでは無いがこんな感じ)<br /><br /><br />たった1本の牛乳だ。160円の牛乳をたった1本飲んだだけなのに<br /><br />こんな丁寧な言葉を聞いたのは、初めてのこと。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><br />良い街だ…高山市!</span><br /><br /><br />さきほどまで感じていた嫌悪感は、すっかり何処かへ消えていた。<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2618.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2618.jpg" alt="IMG_2618.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />朝市で買った、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E6%9C%9D%E5%B8%82" class="tagword">宮川朝市</a>名物「酒どろぼう」という漬物。<br />美味しすぎてお酒を呑みすぎてしまうという意味。<br />美味しかったよー!<br /><br /><br /><br /><br />
76

風の向こうへ(15)

さてさて、おバカな選択をしたさくらは、飛騨高山に向けて出発。駐車場をぐるりと一周し右へ…っと!左だったぜ。。暑さで、かなり思考回路がヤラれている。すぐ先の、『平湯大滝公園』 は、行ったことがあるのでパス。涼しく快適ではあるが、入り口から滝まで歩くので時間的なものも…。山の中を走る。どこへ行っても山だらけ。どこへ行くにも山を超える。山が好きで、山を目指して来たのだから仕方が無いさー。トホホ。途中、『飛... <br /><br />さてさて、おバカな選択をしたさくらは、飛騨高山に向けて出発。<br /><br />駐車場をぐるりと一周し右へ…っと!左だったぜ。。<br /><br />暑さで、かなり思考回路がヤラれている。<br /><br />すぐ先の、<a href="http://www.mjnet.ne.jp/hirayu-ootaki/" target="_blank" title="『平湯大滝公園』">『平湯大滝公園』</a> は、行ったことがあるのでパス。<br /><br />涼しく快適ではあるが、入り口から滝まで歩くので時間的なものも…。<br /><br /><br /><br />山の中を走る。<br /><br />どこへ行っても山だらけ。<br /><br />どこへ行くにも山を超える。<br /><br />山が好きで、山を目指して来たのだから仕方が無いさー。トホホ。<br /><br /><br /><br />途中、<a href="http://www.syonyudo.com/access.html" target="_blank" title="『飛騨大鍾乳洞』">『飛騨大鍾乳洞』</a> アリ。<br /><br /><br />ここは、一度行きたかったところ。<br /><br />いつも時間が無く、通り過ぎるだけ。そして今回も通過で終わる。<br /><br />鍾乳洞は涼しいんだよねー。<br /><br /><br /><br /><br />山を抜けると、途端に気温も上昇する。<br /><br />その上、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82" class="tagword">高山市</a>は観光地なので、観光バスやら何やらで渋滞が始まった。<br /><br />駅周辺はどんな場所でも渋滞は避けられず。<br /><br />分かっちゃ居るけれど、渋滞は…<br /><br /><span style="font-size:large;"><br />嫌いだあああああ!!!</span><br /><br /><br /><br />大通りに面した観光所には、<br /><br />高山ラーメン店が、数店入っていた。<br /><br />「市内まで行かずとも、ここで良いかな…」。<br /><br />渋滞が嫌な為、邪(よこしま)な事を考える。<br /><br /><br /><br />「いや!イカン!!こういうラーメン店は、美味しかった試しが無い。<br /><br /> ここまで来て、妥協は許されないのだ」。<br /><br /><br /><br />あーだ、こーだと自分をなだめながら<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82" class="tagword">高山市</a>に到着!<br /><br /><br /><br /><br />しかし暑い!とにかく暑いぞ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82" class="tagword">高山市</a>。<br /><br />それもそのはず、古い町並みが京都の風情に似ていることから「小京都」と言われるが<br /><br />ここも暑くて寒い盆地である。<br /><br /><br />気温36度。<br /><br />今朝の峠は20度だった。その差、なんと16度!?<br /><br /><br />そんな事も「すっかり」忘れ、「うっかり」来てしまった。<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">何てこったー!</span><br /><br /><br />と思っても、とき、すでに遅し。「後悔先に立たず」である。<br /><br /><br />ここまで来て、路駐で、キップを切られてもつまらない。<br /><br />とにかく、駐車場を探そうと、市内を回るも、見つからない。<br /><br />駐車場は幾つもあれど、駐車する場所が見つからないのだ。<br /><br />行ったのは、平日の昼間。<br /><br />決して満車という訳では無い。<br /><br />では何故に??<br /><br />その理由は<br /><span style="font-size:large;"><br />「二輪はご遠慮ください」</span><br /><br />との、看板のせい。<br /><br /><br />信じられない!あり得ない!<br /><br />こんな、看板を掲げているのは、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82" class="tagword">高山市</a>ぐらいだろーが。<br /><br />二度目の<br /><br /><span style="font-size:large;">何てこったー!</span><br /><br /><br /><br /><br />ー心の声のはじまりー<br /><br /><br />ここまで来て、市内を回れず引き返さねばならないのか!?<br /><br />それも仕方があるまい。<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%B8%82" class="tagword">高山市</a>とは縁が無かったのさ。<br /><br />飛騨牛も、高山ラーメンも縁が無かったということさ!<br /><br />それで良いじゃないか。二輪お断りだなんて市は、こっちからお断りさー。<br /><br /><br />ー心の声おわりー<br /><br /><br /><br />そう思いつつも、最後の望みをかけて、おばちゃんに声をかける。<br /><br />さ 「あのー、バイクを停めても良いでしょうか?」<br /><br />お 「あー!イイよー」。<br /><br />えっ!?い…いいの!?<br /><br /><br />人間、予想外の答えが、あっさりと出ると拍子抜けするもの。<br /><br />とりあえず1日1000円の料金で、駐車に成功。<br /><br />1日も居ないけど、良かった良かった。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2380.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2380.jpg" alt="IMG_2380.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />
73

風の向こうへ(14)

くじけそうになりながらも、何とか、いろは坂を抜け無事「平湯」に到着。とりあえず、写真を撮ったのは良いが、指も一緒に入ってしまった。疲れていたからねぇ…。奥飛騨温泉郷、平湯温泉は、湯量は豊富。下水に温泉が流れるほどで、あちらこちらから湯気が出ている。また、上高地への入り口としても有名。そして駅前の蕎麦屋が絶品!『平湯温泉旅館協同組合』何度か来た事はあるが、まさかバイクで来ることになるとは想像もして居... <br /><br />くじけそうになりながらも、何とか、いろは坂を抜け無事「平湯」に到着。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2369.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2369.jpg" alt="IMG_2369.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />とりあえず、写真を撮ったのは良いが、指も一緒に入ってしまった。<br /><br />疲れていたからねぇ…。<br /><br />奥飛騨温泉郷、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%B9%B3%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89" class="tagword">平湯温泉</a>は、湯量は豊富。<br /><br />下水に温泉が流れるほどで、あちらこちらから湯気が出ている。<br /><br />また、上高地への入り口としても有名。<br /><br />そして駅前の蕎麦屋が絶品!<br /><br /><br /><a href="http://hirayuonsen.or.jp/onsen.htm" target="_blank" title="『平湯温泉旅館協同組合』">『平湯温泉旅館協同組合』</a><br /><br /><br />何度か来た事はあるが、まさかバイクで来ることになるとは想像もして居なかったこと。<br /><br />バイクを降りると一気に疲れが襲ってくる。<br /><br /><br />峠を走りきったアイアンくんを休ませる為にも、少しのんびりしようと周辺を散策。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2371.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2371.jpg" alt="IMG_2371.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />各旅館や、お店の前にあるもの。温泉が湧き出ている。<br /><br />美味しいラーメン屋さんが、駅近くにあるのを思い出し、行ってみるも準備中。<br /><br />まだ11時前だったので、仕方が無い…。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2372.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2372.jpg" alt="IMG_2372.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />温泉で作る、温泉卵。ひとつ50円。<br /><br />お店の人が見当たらず、勝手に一つ取り出して店内に持って行く。<br /><br />お湯が熱く、素手では無理だった為、近くにあったボールに入れ持参。<br /><br /><br />さ 「あのー。温泉卵、ひとつください」<br /><br />店 「はい。あれ?それどこから取りました?」<br /><br />さ 「外にあったので…。」<br /><br />店の人、不機嫌そうに、一緒に外に出る。<br /><br />店 「それは未だ、生ですから!?そこに戻しておいて!」<br /><br /><br />さ 「すみません…」<br /><br /><br />他にも数人、食べている人が居たので、自分で取ってお金を払う方式かと勘違い。<br /><br />勝手に取って悪かったけれど、何もそんな言い方しなくてもなー。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2373.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2373.jpg" alt="IMG_2373.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />塩を振ってイタダキマス。半熟卵が苦手な人は食べられないかも。<br /><br />食べ終わり、別のお店に移動すると…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2374.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2374.jpg" alt="IMG_2374.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />美味しそうな桃がプカプカ浮いていた。<br /><br />桃をひとつ、手に取り<br /><br />「桃ひとつください!」<br /><br />と、お店の人に声をかける。<br /><br />ここでは、自分で取って良かったみたい。<br /><br />皮ごと、かぶりつき、口からペッと皮を出す!<br /><br /><br />食べ終わった時に、来た母娘。<br /><br />娘 「桃美味しそうだね!食べたいけれど皮ごと食べるのかな?」<br /><br />母 「皮ごと食べられる桃なんじゃない?」<br /><br /><br />包丁が無くても、果物は食べられるのにね。<br /><br /><br />こんなワイルドさも、キャンプで培ったもの。<br /><br />さくらも以前は、こんな母娘のようだったので無理も無い。<br /><br /><br /><br />困難な峠を抜け、何とか岐阜県まで来た。<br /><br />正直、飛騨牛も高山ラーメンも、もう…どうでも良かった。<br /><br /><br /><br />山は涼しいけれど、街はどこへ行っても暑い。<br /><br /><br />季節が夏というだけで、春や秋とは違い、大きな疲労をもたらす。<br /><br /><br />いっそのこと、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E5%B9%B3%E6%B9%AF%E6%B8%A9%E6%B3%89" class="tagword">平湯温泉</a>に一泊し、長野県へ戻る?<br /><br /><br />でも、あと少し走れば、高山市。<br /><br /><br />どうする?アイアンくん…。<br /><br /><br />どうする!?さくら…。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><i><span style="font-size:large;">行くぜ!高山市!!</span></i><br /><br /><br /><br /><br />。。。<br /><br /><br /><br />どこまでも懲りない、ヒトとバイクである。<br /><br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
72

風の向こうへ(13)

「魔の野麦街道」。どれだけのものなのか、近くにある温泉の地図を載せておこう。こんな険しい旧道に温泉?と驚いたが、どうやら日本アルプスへの近道で登山客が利用するようだ。道幅は狭く、ゴツゴツした道。ステッキで足場を確かめながら登る登山道のようでもある。この先も続くが、ご覧の通り安房トンネルを走れば、難無く平湯に到着するところを敢えて、旧道を走ることに。ある程度、覚悟はしていたものの、地図では見えない、... <br /><br />「魔の野麦街道」。<br /><br />どれだけのものなのか、近くにある温泉の地図を載せておこう。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/map.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/map.jpg" alt="map.jpg" border="0" width="300" height="300" /></a><br /><br /><br />こんな険しい旧道に温泉?と驚いたが、どうやら日本アルプスへの近道で登山客が利用するようだ。<br /><br />道幅は狭く、ゴツゴツした道。ステッキで足場を確かめながら登る登山道のようでもある。<br /><br /><br />この先も続くが、ご覧の通り安房トンネルを走れば、難無く平湯に到着するところを<br /><br />敢えて、旧道を走ることに。<br /><br /><br />ある程度、覚悟はしていたものの、地図では見えない、走らなければ<br /><br />分からない事、多々あり。<br /><br /><br />急勾配、カーブ、狭い道幅(軽自動車が一台通れるかどうか)に加え、凸凹路面のいろは坂。<br /><br /><br />例えば、急勾配の直線ならまだしも、その上カーブ連続、対向車あり、凸凹路面と来れば<br /><br />いっときも、気が抜けない。<br /><br />一瞬でも運転を誤れば、崖下に真っ逆さまなのだから。<br /><br /><br />ここを、アイアンくんと登る。<br /><br />さくらにとっては精一杯であった。<br /><br /><br />こんな旧道を今更、整備する必要も無いのだろう。<br /><br /><br />Uターンする場所も無く、戻るに戻れず、泣きたくなる。<br /><br /><br />誰に、強制された訳でも無く、自ら選んだ道。<br /><br /><br />ならば、答えはひとつ。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">進むしかない!</span><br /><br /><br /><br />必死で登ると、見晴らしの良い所で、峠の茶屋らしき小屋を発見。<br /><br />閉店していたけれど…。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/MG_2364.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/MG_2364.jpg" alt="MG_2364.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />この先は、高山市。長野県と岐阜県の県境。<br /><br />やっとここまで来た。<br /><br />少し休憩しようと、後ろを振り返ると<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2368.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2368.jpg" alt="IMG_2368.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />雲を突き抜ける南アルプス。<br /><br /><br />すうっと、大きく深呼吸をする。<br /><br /><br />「険しい山を、良く来たなあ」<br /><br /><br />雄大な山々が、歓迎してくれているように思えた。<br /><br /><br /><br />そこに、一台のバイク。ハーレー乗りのサムズアップ!<br /><br /><br />こんな所にもハーレー乗りが居た!ハーレーで旧道に挑む、物好き同士。<br />サムズアップを返すどころか、大手を振ってしまう。<br />まるで、救助隊を発見した遭難者のようではあったが。<br /><br />心にしみるサムズアップ…嬉しかった。<br /><br /><br /><br />もう少し…。<br /><br />そう!もう少し!!<br /><br /><br />アイアンくん、もう少しだからね!!<br /><br /><br /><br />山の神と、サムズアップに励まされ…進む。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
71

風の向こうへ(12)

秋を感じつつも、突如、夏が逆戻りした或る日のこと。日頃お世話になっているショップに、アイアンくんのチェーン交換に行った。今までは、普通のチェーンだったが、今回はOリング付きのもの。値段は多少、高くつくが長持ちするらしい。アイアンくんのチェーンは長く、その長さはインディアン並。チェーンを交換後、試乗を終えて戻って来たKさん。「いやあ~!こんな調子の良いアイアンは、他に無いですよ」。はるばる、アリゾナ州... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013090113461518d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013090113461518d.jpg" alt="リトル" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130901141112f51.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130901141112f51.jpg" alt="Iron夜" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />秋を感じつつも、突如、夏が逆戻りした或る日のこと。<br /><br />日頃お世話になっているショップに、アイアンくんのチェーン交換に行った。<br /><br />今までは、普通のチェーンだったが、今回はOリング付きのもの。<br /><br />値段は多少、高くつくが長持ちするらしい。<br /><br />アイアンくんのチェーンは長く、その長さはインディアン並。<br /><br />チェーンを交換後、試乗を終えて戻って来たKさん。<br /><br />「いやあ~!こんな調子の良いアイアンは、他に無いですよ」。<br /><br /><br />はるばる、アリゾナ州からやって来たアイアンくん。<br /><br />エンジンは、まだ開けたことが無い。<br /><br /><br /><br />36度にもなる猛暑の中、何日走っても、何百キロ走ってもトラブル無し。<br /><br />そうでしょ!そうでしょ!<br /><br />「こんな調子の良いアイアンは、他に無い」。<br /><br />心からそう思います。<br /><br /><br /><br />と、相棒の自慢をし、本題!<br /><br /><br /><br />翌朝、甲州街道から、国道19号線を走る。<br /><br />長野県の道は、どこを走っても山が見えて気持が良い。<br /><br />立ち止まり、ぐるりと一周回って、景色を見渡すと、見渡す限りの山々。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2348.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2348.jpg" alt="IMG_2348.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />今日も、清々しい!<br /><br /><br />県道25号線を走ると<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2455.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2455.jpg" alt="IMG_2455.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />『日本アルプス <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E8%A1%97%E9%81%93" class="tagword">サラダ街道</a>』<br /><br />なるものが出現!<br /><br />「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E8%A1%97%E9%81%93" class="tagword">サラダ街道</a>」だなんて、オサレな感じだ。<br /><br />地方の農道には、色々な名称が付いている。<br /><br />サラダ野菜を、作っているところからの名であろうが、<br /><br />「サラダ」と付くだけで、オサレな感じになるのは何故だろう。<br /><br />これが、「かぼちゃ街道」だったり「大根街道」なんて名称であったなら<br /><br />さほど、惹かれない。<br /><br /><br />やるな!長野県。<br /><br /><br />どこまでも続く道を、どこまでも走る。<br /><br />登ったり、下ったり、視界は広く、遠く先の道までが見える。<br /><br /><br />山に入ると、やはり肌寒い。<br /><br />山深くなる前に、一枚羽織ろうと道の駅に停まる。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2361.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2361.jpg" alt="IMG_2361.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://www.go.tvm.ne.jp/~fu-ketsu/" target="_blank" title="道の駅『風穴の里』">道の駅『風穴の里』</a><br /><br /><br />到着したのは午前8時頃。残念ながら開店前。<br /><br />数えきれないほどのトンボに驚き、写真を撮るも映らず。<br /><br />アミですくったなら一気に、何十匹も採れるだろうという感じである。<br /><br />ここからまた、峠越え。<br /><br />長いトンネルをいくつも越える。<br /><br />山が大きいだけに、トンネルも長く、どれだけ走るのだろう?と<br /><br />不安になるほど。<br /><br />トンネルを、夜に通過するライダーは怖く無いのだろうか?<br /><br />辺りはぼやけ、空気は淀み、まるで霊界への入り口…。<br /><br /><br />うぎゃああああああ!!!<br /><br /><br /><br />何度も何度も、トンネルと峠を走るとダムに出た。<br /><br />大きく「東京電力」との文字。<br /><br /><br />今年の異常な暑さで、連夜、エアコンはつけ放し。<br /><br />電気代の値上げも影響し、電気代が跳ね上がった。。<br /><br /><br />使わないわけには行かないし、文句はあれど、どうにもならない。<br /><br />などと思いつつ通り過ぎる。<br /><br /><br />もうすぐ、平湯!<br /><br />その時である。<br /><br />「安房峠道路」が立ちふさがった。<br /><br /><br />ここを、通過すれば一直線で平湯に出る。<br /><br />しかし…<br /><br /><br />が、<span style="font-size:large;">しかしっ!</span><br /><br /><br />立派な、有料道路なのである。<br /><br /><br /><br />迷う…。かなり迷う。<br /><br /><br />下道に拘り走っているさくら。<br /><br />料金を払う道は、下道だろうか。<br /><br /><br />すでに半日近く、峠を走っている。帰りのことも考えれば少しでも<br /><br />楽な道を選ぶべきではないか?<br /><br /><br />迷う、迷えば、迷うとき…。<br /><br /><br />迷った挙句、選んだのは国道158号線、野麦街道。<br /><br /><span style="color:#FF0000"><br /><span style="font-size:large;">「魔の野麦街道」</span></span><br /><br /><br />敢えて、こう呼ぼう。<br /><br /><br /><br />もう…<br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">泣きたいよおおおおお!!!!</span><br /><br />(TOT)(TOT)(TOT)<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
70

風の向こうへ(11)

たったの15分だったけれど、十分楽しめた、諏訪湖の花火。人もまばらで、時折聞こえるカエルの声。諏訪湖から吹く風が心地よく、テントでも張って一晩中、月を眺めていたいと思う。同じ花火でも、隅田川の花火となると、それはもう大混雑。花火見物というよりも、人混み見物という有り様。「はいっ!そこの人、橋で立ち止まらないでくださいっ!!」座るどころか、立ち見も許されず、歩きながらの花火見物ってそんなのアリ?癒さ... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2343.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2343.jpg" alt="IMG_2343.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />たったの15分だったけれど、十分楽しめた、諏訪湖の花火。<br /><br />人もまばらで、時折聞こえるカエルの声。<br /><br />諏訪湖から吹く風が心地よく、テントでも張って一晩中、月を眺めていたいと思う。<br /><br /><br />同じ花火でも、隅田川の花火となると、それはもう大混雑。<br /><br />花火見物というよりも、人混み見物という有り様。<br /><br />「はいっ!そこの人、橋で立ち止まらないでくださいっ!!」<br /><br />座るどころか、立ち見も許されず、歩きながらの花火見物ってそんなのアリ?<br /><br />癒されるどころか、ストレスを受ける位なら行かない方がマシ。<br /><br />隅田川ならずとも、どこも似たり寄ったり。<br /><br />都会の花火大会なんて<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">大嫌いだああああ!!!</span><br /><br /><br />さて、平静を取り戻し。<br /><br /><br />部屋に戻り、地図を見ながら翌日の構想。<br /><br /><br />岐阜に行けば「飛騨牛」という美味しい肉があるんだよね…。<br /><br /><br />ふと、浮かんだ「飛騨牛」。<br /><br />有名な牛肉と言えば、<br /><br />松阪牛<br /><br />神戸牛<br /><br />前沢牛  などなど。<br /><br />美味しいお肉は、それなりにお値段も高級。<br /><br />それに対し、飛騨牛。<br /><br />知名度は無いが、味は高級牛肉に劣らず、お値段はリーズナブル。<br /><br /><br />安くて美味しいものこそが、消費者の求めるものさ!<br /><br /><br />そしてもうひとつ。<br /><br />「高山ラーメン」。<br /><br /><br />醤油味のみのラーメンで、シンプルだけど美味しい。<br /><br />いつか、デパ催事で食べた味を思い出す。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">そうだ!岐阜へ行こう!</span><br /><br /><br /><br />そうと決まれば、明日も早起き。<br /><br />心踊らせ、眠りについた。<br /><br /><br />その決断が、さらなる試練を生むことになろうとは…。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
69

風の向こうへ(10)

さて、温泉から出た後は、皆さん何をされるでしょうか?マッサージ機に座る?ビールを飲む?アイスを食べる?それとも煙草でしょうか?さくらの場合は、牛乳を一気飲みします!バイク乗りは、ビールは飲めないですからねぇ…。霧ヶ峰で、白牛乳を飲んだので、温泉の後はコーヒー牛乳。こちらも勿論、八ヶ岳牛乳ですが、ホントに美味しい牛乳です。1日に、牛乳を2本飲むなど珍しいこと。すっかり牛乳好きになりました。温泉を出る... <br /><br /><br />さて、温泉から出た後は、皆さん何をされるでしょうか?<br /><br />マッサージ機に座る?<br /><br />ビールを飲む?<br /><br />アイスを食べる?それとも煙草でしょうか?<br /><br /><br />さくらの場合は、<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2312.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2312.jpg" alt="IMG_2312.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">牛乳を一気飲みします!</span><br /><br /><br />バイク乗りは、ビールは飲めないですからねぇ…。<br /><br />霧ヶ峰で、白牛乳を飲んだので、温泉の後はコーヒー牛乳。<br /><br />こちらも勿論、八ヶ岳牛乳ですが、ホントに美味しい牛乳です。<br /><br />1日に、牛乳を2本飲むなど珍しいこと。すっかり牛乳好きになりました。<br /><br />温泉を出ると、すっかり夕暮れ。<br /><br />宿泊先のユースホステルに向かいます。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2313.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2313.jpg" alt="IMG_2313.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />バイク旅は、現地到着時間が曖昧な為、事前予約はせず、行き当たりばったり。<br /><br />お盆を過ぎた時期も幸いし、難無く探せました。<br /><br />「昨日まで、凄い忙しさだったのですよー」と、オーナーさん。<br /><br />テント持参も考えたのですが、山登り旅ゆえ荷物は最小限に!です。<br /><br />アルミフレームの軽いテントが欲しい、今日此の頃…。<br /><br /><br />素泊まりなので、夕食を求め外出。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2317.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2317.jpg" alt="IMG_2317.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />地元の小さな、お寿司屋さん。<br /><br />お寿司は苦手ですが、定食もあるので大丈夫。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2315.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2315.jpg" alt="IMG_2315.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />朝から走り通しで、締めの温泉。身体中にスーパードライが染み渡る。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">うまいっ!!!</span><br /><br /><br />走った後は、何でも無いものが、格別に美味しく感じる。<br /><br />とびっきりのご馳走など、必要ないのです。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2316.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2316.jpg" alt="IMG_2316.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />お寿司屋さんで食べる「ひれかつ定食」。<br /><br />野菜も素揚げ。見た目は油っこい感じですが、ビールとの相性は良し。<br /><br />甘辛のタレに使ったひれかつは、新潟の「タレかつ」のような感じ。<br /><br />甘い味付けは、好きなので、美味しくいただけました。<br /><br /><br /><br />大将の話によると、今年は諏訪湖の花火大会が雨で中止になったとか。<br /><br />一度観た人は、来年の予約をして帰るほどの人気を誇る、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96%E8%8A%B1%E7%81%AB" class="tagword">諏訪湖花火</a>大会。 <br /><br />開始20分過ぎたあたりから、稀に見る豪雨で止む無く中止。初めての事のようです。<br /><br /><br />大将のお店に、続々とお客さんが入って来て<br /><br />「しめたっ!」と思ったのも束の間。<br /><br />入ってくるなり<br /><br />「とっ…トイレを貸してください!」<br /><br />という人ばかりだったそうな。<br /><br /><br />その時の様子が、目に浮かぶようです。<br /><br /><br />トイレを我慢するのは、ホント…大変ですから。<br /><br /><br />夏は毎晩、15分ほどですが、諏訪湖に花火が打ち上げられます。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2320.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2320.jpg" alt="IMG_2320.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2341.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2341.jpg" alt="IMG_2341.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />静かな湖畔に、腰を下ろし花火見物。<br /><br /><br />打ち上げられる花火に、夏の終わりを想いつつ。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
68

風の向こうへ(9)

前回は、三流ドラマのような終わり方をし、失礼をば。さて、その正体は…酒蔵『真澄』。日本酒好きなら、ご存知のことと思います。ここ、諏訪市は酒蔵も多く、徒歩で回れるほど。地元民に愛される『麗人』。ここで、ある構想が沸々と…。詳しくは、後日のお楽しみ。道路を隔て左右に点在する酒蔵を横目に、ある場所に到着。『片倉館』国の重要文化財指定の日帰り温泉。詳細は、リンクを貼っていますのでどうぞ!おばちゃん達、早くど... <br /><br />前回は、三流ドラマのような終わり方をし、失礼をば。<br /><br /><br />さて、その正体は…<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2302.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2302.jpg" alt="IMG_2302.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />酒蔵『真澄』。<br /><br />日本酒好きなら、ご存知のことと思います。<br /><br />ここ、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA" class="tagword">諏訪</a>市は酒蔵も多く、徒歩で回れるほど。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2303.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2303.jpg" alt="IMG_2303.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />地元民に愛される『麗人』。<br /><br /><br />ここで、ある構想が沸々と…。<br /><br /><br />詳しくは、後日のお楽しみ。<br /><br /><br />道路を隔て左右に点在する酒蔵を横目に、ある場所に到着。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2307.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2307.jpg" alt="IMG_2307.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://www.katakurakan.or.jp/index.php" target="_blank" title="『片倉館』">『片倉館』</a><br /><br /><br />国の重要文化財指定の日帰り温泉。<br /><br />詳細は、リンクを貼っていますのでどうぞ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2306.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2306.jpg" alt="IMG_2306.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />おばちゃん達、早くどいてくれないかなあと、暫く待って居たのに<br /><br />長話しているから、登場して貰いましたよ!<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2620.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2620.jpg" alt="IMG_2620.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br />お庭も凝っています。金魚が涼しそう。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2310.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2310.jpg" alt="IMG_2310.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />入り口には、昔の人の木彫像。<br /><br />こんな格好でスケートをやっていたようです。<br /><br />反対側には、スキーの格好。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2309.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2309.jpg" alt="IMG_2309.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />余程、乾燥させた木を使ったのか、さほどの割れは無く立派なものでした。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2311.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2311.jpg" alt="IMG_2311.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />さて、<span style="font-size:large;">女湯</span>に入ります。(敢えて大きく)<br /><br /><br />勿論、中は撮影禁止。<br /><br />残念ながら、露天風呂はありませんが、十分満足のいくもの。<br /><br />立って入る温泉は、珍しいのではないかな。<br /><br />下に玉石が敷き詰められており、歩くことで足つぼマッサージになります。<br /><br /><br />大正ロマンを味わいながら、ゆっくり温泉に浸かる。<br /><br /><br /><br />此  <span style="font-size:large;">よきかな</span>………あーっはっはっはっはっは!!<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
67

風の向こうへ(8)

佐久の少し先で、奇跡的に撮れた写真。走行中に撮りたい風景があっても、なかなかそうは行かないから「美しい旅の思い出は、しっかりと脳裏に焼き付けるのさ!」なんてねー!霧ヶ峰から、蓼科高原、車山、白樺湖を抜けて目指すは諏訪市。どれだけ峠を超えただろう。登ったり、下ったり、カーブが幾つもあり。変化に富む道を、アイアンくんは難無く走る。国産車には到底敵わないけれど、鉄の塊の身体にしては上出来!暫くすると目に... <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2344.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2344.jpg" alt="IMG_2344.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />佐久の少し先で、奇跡的に撮れた写真。<br /><br />走行中に撮りたい風景があっても、なかなかそうは行かないから<br /><br /><br />「美しい旅の思い出は、しっかりと脳裏に焼き付けるのさ!」<br /><br /><br />なんてねー!<br /><br /><br /><br /><br /><br />霧ヶ峰から、蓼科高原、車山、白樺湖を抜けて目指すは諏訪市。<br /><br /><br />どれだけ峠を超えただろう。<br /><br /><br />登ったり、下ったり、カーブが幾つもあり。<br /><br />変化に富む道を、アイアンくんは難無く走る。<br /><br />国産車には到底敵わないけれど、鉄の塊の身体にしては上出来!<br /><br /><br />暫くすると目に飛び込んで来た、大きな湖。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2294.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2294.jpg" alt="IMG_2294.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96" class="tagword">諏訪湖</a>である。<br /><br /><br />ちなみに<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96" class="tagword">諏訪湖</a>とは<br /><br />水面標高: 759 m<br />面積: 13.3 km²<br />平均水深: 4.70 m<br />周囲長: 15.9 km<br /><br />1922年2月11日、日本初のフィギュアスケート公式試合が下諏訪リンクで行われた事、<br /><br />花火大会が有名。<br /><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E6%B9%96" class="tagword">諏訪湖</a>を真下に見るのは、初めてのこと。<br /><br />せっかくなので、アイアンくんと記念撮影。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2299.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2299.jpg" alt="IMG_2299.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />日が暮れる前に、峠は抜けなければ!<br /><br /><br />すぐに出発する。<br /><br /><br /><br /><br />無事、峠を抜けて甲州街道に出ると<br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><i>こっ…ここはっ!!!</i></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2301.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2301.jpg" alt="IMG_2301.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br />
66

風の向こうへ(7)

標高1925m(最高峰は車山)の霧ヶ峰。某、家電メーカーのエアコンの商品名にもなっているが人工の風など比較にならず、自然の風はどこまでも 清々しい ・ 爽やか ・ 清涼 ・ 爽快とりあえず、類義語を並べてみる。アイアンくんも心なしか満足気。数人のライダーも、愛車と記念撮影をしていた。この絶景を目の当たりに、通り過ぎるライダーは居ないのでは?霧ヶ峰で飲む、「八ヶ岳牛乳」。いやはや、美味しいのなんの!やはり... <br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2290.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2290.jpg" alt="IMG_2290.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />標高1925m(最高峰は車山)の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>。<br /><br />某、家電メーカーのエアコンの商品名にもなっているが人工の風など比較にならず、<br /><br />自然の風はどこまでも<br /><br /> <strong>清々しい ・ 爽やか ・ 清涼 ・ 爽快</strong><br /><br />とりあえず、類義語を並べてみる。<br /><br /><br />アイアンくんも心なしか満足気。<br /><br /><br />数人のライダーも、愛車と記念撮影をしていた。<br /><br />この絶景を目の当たりに、通り過ぎるライダーは居ないのでは?<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2291.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2291.jpg" alt="IMG_2291.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>で飲む、「八ヶ岳牛乳」。<br /><br />いやはや、美味しいのなんの!<br /><br />やはり、地元で育まれた恵みは、地元でいただくのが最高。<br /><br />アンテナショップで食べる、北海道ソフトや牛乳は、少しも美味しいと感じない。<br /><br />同様に、八ヶ岳牛乳を東京で飲んでも、さほど感動は得られないかも。<br /><br /><br /><br /><br />新鮮な空気を、胸いっぱいに詰めて出発!<br /><br />自然はいつも、活力とエネルギーを、もたらす。<br /><br />少し先のGASスタンドで給油するも、ハイオクが200円台!<br /><br />山の上だから、仕方が無いよね…。<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>を下ると、蓼科高原。<br /><br />長野県は、有名な避暑地が点在するが、蓼科高原もその1つ。<br /><br />軽井沢ほどでは無いけれど、そこそこ賑やかなところ。<br /><br />「賑やかなところ」には、全く興味の無いさくら。<br /><br />ふうーん…。と通り過ぎる。<br /><br /><br />車山高原、白樺湖にさしかかる。<br /><br />白樺湖には「白樺湖ファミリー牧場」といった施設がある。<br /><br />何も、こんな場所に遊園地のようなものを作らなくても…。と思うが<br /><br />現代っ子は、物が無ければ遊べないのだろう。大人も同じかもね。<br /><br /><br />どうも、有名な避暑地は賑やかすぎて困る。<br /><br />手つかずの自然を楽しむ為に、わざわざ遠くまで行くのに人間の手が入ると<br /><br />途端に、人工的なもので埋め尽くされてしまう。<br /><br /><br /><br />悲しいね…。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
65

風の向こうへ(6)

邦人初!宇宙飛行士トップ。日本人で初めて、国際宇宙ステーションの船長になる若田光一飛行士の言葉。「キツイと感じるときが、伸びるときです」確かにね…。毎年、過酷な旅だけど確実に運転技術は向上するもの。ー回想シーンー思い起こせば、教習所時代。急制動で40キロが恐くて出せなかった。通っていた教習所は狭い敷地で、2階建て。トンネルのような場所で、壁に向かって突進するような感じ。「投げ出されて肋骨を折った生... <br /><br /><br />邦人初!宇宙飛行士トップ。<br />日本人で初めて、国際宇宙ステーションの船長になる若田光一飛行士の言葉。<br /><br />「キツイと感じるときが、伸びるときです」<br /><br />確かにね…。<br /><br />毎年、過酷な旅だけど確実に運転技術は向上するもの。<br /><br /><br />ー回想シーンー<br /><br /><br />思い起こせば、教習所時代。<br /><br />急制動で40キロが恐くて出せなかった。<br /><br />通っていた教習所は狭い敷地で、2階建て。<br /><br />トンネルのような場所で、壁に向かって突進するような感じ。<br /><br />「投げ出されて肋骨を折った生徒も居ますから」<br /><br />と言われて、さらに怖気づく。<br /><br /><br />ー回想シーン終わりー<br /><br /><br /><br />また、若田さんは<br /><br />「ストレスが高いときこそ人間の本性が現れます」とも言っている。<br /><br />そうねー。<br /><br />アイアンくんには、鍛えられるわ…。<br /><br /><br /><br />さて、前回の続き。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2283.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2283.jpg" alt="IMG_2283.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />広大な土地が好きなのは、人間も同じ。<br /><br />山の頂上から遠くを望むと、何もかも、許せるような気がしてくる。<br /><br />和式ならまだしも、洋式トイレのレバーを足で踏んでいた女のコ。<br /><br />人の悪口で、盛り上がる人たち。<br /><br />登山シーズンに連なって登る人間たちは、まるで蟻のよう。<br /><br />「そんな事、どうでも良いじゃん!」<br /><br /><br />そう思える日々を過ごしたい。<br /><br /><br /><br />馬たちとの再会を誓い、アイアンくんに跨る。<br /><br />つい絶景で停まりたくなるのは、仕方が無いが、ちと寄り道多すぎ感あり。<br /><br /><br />この先は、いよいよ<br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><i>ビーナスライン!</i></span><br /><br /><br /><br />£ ゜ ゜゜ £+:。.。:+£゜ ゜゜ £+:。.。.:+£ ゜ ゜゜ £+:。.。<br /><br />ビーナスラインとは・・・<br /><br />白樺湖、車山高原、霧ケ峰、八島高原、和田峠、扉峠、美ヶ原と続くスカイライン。<br />元々有料道路でしたが、2002年から全線無料。凄いぞ!長野県。<br /><br />£ ゜ ゜゜ £+:。.。:+£゜ ゜゜ £+:。.。.:+£ ゜ ゜゜ £+:。.。<br /><br /><br /><br />峠を降りたら、また登りの繰り返し。<br /><br />初めてのビーナスラインは、道幅は狭く道路の痛みが激しかったが<br /><br />気分爽快!<br /><br /><br />右へ左へカーブしながらガタゴトと、上へ上へと登っていく。<br /><br /><br /><br />まさに、天に続く道。<br /><br /><br />「アイアンくんと空の旅!」<br /><br /><br /><br />こうして着いた、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E9%9C%A7%E3%83%B6%E5%B3%B0" class="tagword">霧ヶ峰</a>。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2285.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2285.jpg" alt="IMG_2285.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />どうよ!!!<br /><br />もういっちょ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2288.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2288.jpg" alt="IMG_2288.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />中央は八ヶ岳、右の方は南アルプス。富士山だって見えるもんねー!<br /><br /><br />ホント…。<br /><br /><br /><br /><i><span style="font-size:large;">来てよかったよおおおおおおお!!!!!</span></i><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
64

風の向こうへ(5)

お蕎麦屋さんで、お昼を済ませ外に出ると、容赦無く降り注ぐ強烈な日差し。一向に涼しさを感じられないが、暫く走れば山である。もう少しの辛抱。夏は、どちらかと言えば、山派。長野県は、日本アルプスが連なる名峰揃い。山好きにとっては、憧れの地。どこにでも山はあるが、県により、様々な山の表情が見られる。例えば、群馬県は、ゴツゴツとした山が多い。その形状が、蒟蒻芋の栽培に適しているという。山の恵み。国道142(... <br /><br /><br />お蕎麦屋さんで、お昼を済ませ外に出ると、容赦無く降り注ぐ強烈な日差し。<br /><br />一向に涼しさを感じられないが、暫く走れば山である。<br /><br />もう少しの辛抱。<br /><br /><br />夏は、どちらかと言えば、山派。<br /><br />長野県は、日本アルプスが連なる名峰揃い。<br /><br />山好きにとっては、憧れの地。<br /><br />どこにでも山はあるが、県により、様々な山の表情が見られる。<br /><br />例えば、群馬県は、ゴツゴツとした山が多い。<br /><br />その形状が、蒟蒻芋の栽培に適しているという。<br /><br />山の恵み。<br /><br /><br /><br />国道142(254)号線を走ると、すうっと涼しい風が頬を撫でた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2268.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2268.jpg" alt="IMG_2268.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />川のせせらぎ。<br /><br />水のあるところには、風が立つ。<br /><br />爽やかな風が、元気を運んで来てくれた。<br /><br />絶景が待っていると思うと、自然にスロットルを握る手に力が入る。<br /><br /><br />県道40号線。諏訪白樺湖小諸線」という長い別称が付いてる。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2270.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2270.jpg" alt="IMG_2270.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />爽快感MAX!<br /><br />思わず停まりたくなる絶景。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2273.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2273.jpg" alt="IMG_2273.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />道の反対側から、白樺林を撮影。<br /><br /><br /><br />そこに、白バイが通り過ぎていく。<br /><br />同じ白バイでも、都会を走る白バイと、絶景を走る白バイではストレス度が違うはず。<br /><br />誰もが、絶景の道を走る方が良いに決まっている。<br /><br />都会の白バイには「ストレス手当」など、付けてあげては如何?<br /><br />どう考えても、不公平だ…。<br /><br /><br />同じ1日なのに、同じ日本なのに、気温も道路状況も正反対。<br /><br />気温25度。<br /><br />午前中、暑さに辟易していたのが噓のような快適さである。<br /><br />なだらかな上り坂が、延々と続く。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">「アイアンくんと山登り!」</span>の始まり。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2277.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2277.jpg" alt="IMG_2277.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />この辺りからは、観光スポットだらけ。<br /><br />雨境峠。<br /><br />ここには5~6世紀頃の遺跡群があり、古東山道を通行する旅人の安全を祈り祭をしたとか。<br /><br />昔の人は、峠を歩いて超えたんだね。しかも草履で…。<br /><br />次の機会に、ゆっくりと見て周りたいと思う。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2281.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2281.jpg" alt="IMG_2281.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /> <br />蓼科牧場に放牧された馬。<br /><br />先が見えない程の、広大な敷地で生活出来る馬は幸せ。<br /><br />乗馬クラブで生きる馬たちは、狭い敷地内を、メリーゴーランドのように回る。<br /><br />悲しそうな目をした馬たちの姿が、脳裏をよぎる。<br /><br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br />
63

風の向こうへ(4)

前回入れなかったお蕎麦屋さんの駐車場にバイクを停め、ヘルメットを脱ぐ。長野県は、涼しいイメージがあるがそこそこ暑く、爽快感は得られず。温度計は無かったが、体感的には34度前後という所だろうか。36度あった群馬県よりも、多少はマシという程度。バイクに乗り続けていると、退化していた身体機能も蘇ってくるような気がする。店内も、なかなか綺麗。座敷があるお店では大体、座敷に座るようにする。何故って? 重いブ... <br /><br /><br />前回入れなかったお蕎麦屋さんの駐車場にバイクを停め、ヘルメットを脱ぐ。<br /><br />長野県は、涼しいイメージがあるがそこそこ暑く、爽快感は得られず。<br /><br />温度計は無かったが、体感的には34度前後という所だろうか。<br /><br />36度あった群馬県よりも、多少はマシという程度。<br /><br />バイクに乗り続けていると、退化していた身体機能も蘇ってくるような気がする。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2253.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2253.jpg" alt="IMG_2253.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />店内も、なかなか綺麗。<br /><br />座敷があるお店では大体、座敷に座るようにする。<br /><br />何故って? 重いブーツが脱げるから。<br /><br />出来れば、仰向けになって身体を伸ばしたい所だが<br /><br />一応、女性としての恥じらいは、あるつもりなので、さすがに出来ず。<br /><br />猫が背中を伸ばすときの、あの感じ。<br /><br /><br />ハーレーの乗り姿勢は、椅子に座った感じなので、視界は広い。<br /><br />前傾姿勢のバイクになると、長距離は辛いだろうと思う。<br /><br />最近、気づいた国産ライダーの信号待ち。<br /><br />ハンドルから手を離し、腰に手を当て背中を伸ばしている。<br /><br />親しみを込めて、「牛乳一気飲みポーズ」と名づけたが<br /><br />やはり前傾姿勢はシンドいのだろう。<br /><br />それでもバイクに乗り続けるのは、苦労しても得るものがあるから。<br /><br />同じバイク乗り、頑張ろうね!<br /><br /><br /><br />席に座ると、メニューと冷えた麦茶が運ばれて来た。<br /><br />思わず、一気飲みをする。<br /><br /><span style="font-size:large;"><i>ウマイ!!!</i></span><br /><br />何でも無い水道水や、麦茶が「最高!」と美味しく頂けるのは<br /><br />バイク乗りならではの特権だと思っている。<br /><br /><br /><br /> 店 「ご注文は決まりましたか?」<br /><br />お店の人が、注文を聞きに来る。<br /><br /> さ 「天ざる蕎麦と、あ…麦茶をもう一杯頂けませんか?美味しくて一気飲みしてしまいました」<br /><br />苦笑いをされ、店内奥に注文を流した後、雑談は続く。<br /><br /><br /> 店 「どちらからいらしたのですか?」<br /><br /> さ 「東京です」<br /> <br />旅の人と、分かるのだろうか?<br /><br />まあね…。バイクでの旅はいつも汗だくで、こ汚い格好ですから。<br /><br /><br /> 店 「圏央道からですか?」<br /><br />東京からの人は、殆どが高速。圏央道を使う。<br /><br /> さ 「いや…下道で来ました」<br /><br /><br /><br />注)下道は「げどう」では無く「したみち」ですからねー。<br /><br /><br /><br /> 店 「えっ!?ずっと下道ですか?」<br /><br /> さ 「あっ…は、はい…」<br /><br /> 店 「この道は、トラック道と言って平日はトンネルを抜けるのに一時間はかかるのですよ。<br />    混んで無かったですか?」<br /><br />多分、内山峠の事であるが、時間的なものもあったのか、幸いスムーズに抜けられた。<br /><br />東京から下道で来たことに、かなり驚いた様子。東京のどの辺り?などと詳細に聞かれる始末。<br /><br /><br />暫くすると、食事が運ばれてきた。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2255.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2255.jpg" alt="IMG_2255.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />えっ?注文したものは「天ざる蕎麦」なのだけど…。<br /><br /><br /> 店 「良かったら召し上がってください。全部手作りなのですよ。<br />    ご飯もお代わりがあるので、仰ってくださいね!」<br /><br />これが全部サービス!<br /><br />もしや、下道で来た事へのご褒美なのか?<br /><br /><br />漬物や佃煮、混ぜご飯の味は、文句なしの良いお味。<br />お豆腐は、デザートのように滑らかで美味しい。<br /><br /><br />これだけあれば、ざる蕎麦は要らないような…。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2256.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2256.jpg" alt="IMG_2256.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />天麩羅は、野菜天。大きいかき揚げで1つ食べるのがやっと。<br />胸焼けしないので、油が良いのかも。<br /><br />お蕎麦は、二八。<br />味は…。<br /><br />刻みネギも良い感じだし、生わさびを使い、しっかりしているのに、<br />肝心のお蕎麦が、ボソボソでイマイチ。<br /><br />お蕎麦は、難しい。<br /><br />さすがに食べきれず、かき揚げはお持ち帰り。<br /><br />とても感じが良く、気前の良いお店であるが、次回は、お蕎麦以外のものを注文しよう。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2263.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2263.jpg" alt="IMG_2263.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />店内にあった、金魚の暖簾が涼し気。<br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br />
62

風の向こうへ(3)

いよいよ、県境の峠。入り口はトンネル。明るい所から、暗い所に入る感覚は、どこか異次元の世界に吸い込まれるようで何度走っても好きになれない。暗いけれど直線のトンネル、明るいけれど急カーブのあるトンネル。どこまで続くのか?と思うほどの長いトンネル。山は好きだけれど、山に行くには嫌いなトンネルが沢山あるのだ。好きなものを求める時の代償。「これさえ超えれば、求めるものがある」そう…。求める何かがあれば、乗... <br />いよいよ、県境の峠。<br /><br />入り口はトンネル。<br /><br />明るい所から、暗い所に入る感覚は、どこか異次元の世界に吸い込まれるようで<br /><br />何度走っても好きになれない。<br /><br />暗いけれど直線のトンネル、明るいけれど急カーブのあるトンネル。<br /><br />どこまで続くのか?と思うほどの長いトンネル。<br /><br />山は好きだけれど、山に行くには嫌いなトンネルが沢山あるのだ。<br /><br /><br />好きなものを求める時の代償。<br /><br /><br />「これさえ超えれば、求めるものがある」<br /><br /><br />そう…。求める何かがあれば、乗り越えられる!<br /><br /><br />何度か走っている道は、回を重ねるごとにスムーズな走りとなるもの。<br /><br />涼しさは期待していた程では無かったが、内山峠を難無くクリアし、長野県佐久市に入る。<br /><br /><br />「ようこそ佐久市へ」<br /><br /><br />県境をまたぐと、こんな看板を目にする。<br /><br />写真が撮れる時は撮るようにしているが、佐久市の看板は、トンネルを抜けてすぐの場所にある為<br /><br />これからも撮ることは無いと思う。<br /><br /><br />看板を見つつ、自己満足に浸る。<br /><br /><br />トンネルを抜けると、コスモス街道。<br /><br />ちらほらと咲くコスモスを横目に見つつ、満開になる時期に、また走りたいと思いを馳せる。<br /><br /><br />そろそろ給油しなければ…。<br /><br /><br />そう言えば、前回給油した場所の反対側にお蕎麦屋さんがあったはず。<br /><br />丁度、14時頃でお店が休憩に入ってしまい、入れなかったけれど、今回は時間的にもお昼前。<br /><br />前回のリベンジ!<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_2266.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_2266.jpg" alt="IMG_2266.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />お蕎麦屋さんに到着。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop