FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
14

さよならブルスカ

ロングツーリングデビューは、ブルー・スカイヘブン。年に一度、富士スピードウェイで行われるハーレー正規店のお祭りである。見どころは、やはりチャプターパレード。全国のチャプターが、思い思いのベストを着用し、旗を掲げてレース場を走る。普段、レーサーのみが立ち入れる場所。そんなコースを走れるのは、羨ましい限り。今年は118のチャプターが参加し、参加台数は1000台にのぼった。延々と続く光のライン。これを見ると「... <br />ロングツーリングデビューは、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%98%E3%83%96%E3%83%B3" class="tagword">ブルー・スカイヘブン</a>。<br />年に一度、富士スピードウェイで行われるハーレー正規店のお祭りである。<br />見どころは、やはりチャプターパレード。<br />全国のチャプターが、思い思いのベストを着用し、旗を掲げてレース場を走る。<br /><br />普段、レーサーのみが立ち入れる場所。<br />そんなコースを走れるのは、羨ましい限り。<br /><br />今年は118のチャプターが参加し、参加台数は1000台にのぼった。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130528102030b07.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130528102030b07.jpg" alt="ブルスカ2013-7" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />延々と続く光のライン。<br /><br />これを見ると「今年もやって来た」と感慨深く。<br /><br />昨年は、被災地からの参加も多く、パレードを見ながら、胸が熱くなった。<br /><br />何があろうとも、この時の為に頑張っているのだ。<br />ハーレーが心の支えになって居ることを、改めて思い知る。<br /><br /><br />デビューの地は、個人的な思い入れも強い。<br />会場云々よりも、たどり着くまでの道すじ。<br />思い起こす、様々な出来事。<br /><br />納車から数週間での初参加。<br />前日は、緊張と興奮で、眠れぬ夜を過ごす。<br /><br />土曜日早朝5持に出発。<br />都心を走っていると、九段下を過ぎたあたりで<br />アイドリングが急上昇。<br /><br />何が起きたの?<br /><br />取り敢えず、坂道を上がった所で停車。<br />幸いプラグを交換で収まり、先を急ぐ。<br /><br />神奈川入りをした辺り、スロットルを開くも元気が無い。<br />不安を抱えつつ、そのまま走り続ける。<br /><br />日の出とともに、気温も、ぐんぐん上昇。<br />真夏を思わせるような陽気となる。<br /><br />と同時に、魔の渋滞が始まる。<br />アイアンくんの鼓動も早くなり、とても苦しそう。<br /><br />オーバーヒート気味なのか?と、日陰を探し休憩。<br /><br />そんな事を繰り返し、騙しながら走るも、とうとうスロットルが反応せず<br />急減速しながら止まってしまった。未だ、神奈川県。<br /><br />思い当たる場所を点検、原因は全く分からず。<br />ガソリンは満タンなのに、ガス欠のような止まり方であった。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130516102435dc6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130516102435dc6.jpg" alt="110521_1330~010001" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br />「マイッタの図」<br /><br /><br />その後、1時間ほど経っただろうか。<br />どうしようもなく、ショップに電話をしてみる。<br />状況を話すと、ガソリンコックをリザーブにして走るようにとの事。<br />何とか回復し一安心。<br /><br /><br />やっと神奈川を抜け、快調に走り、あと少しという所で道を間違える。<br />片側二車線の大通りのどまん中で、Uターンをしながらエンスト。<br /><br />100mほど先に、信号待ちの沢山の車が見える。<br /><br />「とにかく落ち着け!」<br /><br />自分に言い聞かせながら、道のどまん中でキックをするわけにも行かない。<br />側道目指し、アイアンくんを動かそうとするも…。<br /><br /><br />動かない!!!<br />どうしても動かない!!!!<br />どうやってもニュートラルが入らない。。。<br /><br /><br />「どうすりゃいいんだー」<br /><br /><br />と思いつつ、未だ余裕。<br />信号が変わり、複数台の車が近づいてくる。<br /><br />「車が止まってくれるだろう…」<br /><br />変なときに、肝がすわる。<br /><br />今思えば、恐ろしいこと。<br />止まってくれる保障など無く、撥ねられても当然な状況。<br /><br />そのとき。<br />危険を感じた相棒が、力づくでアイアンくんを引っ張ってくれた。<br /><br />その後、まもなく沢山の車が通りすぎて行く。<br /><br />まさに危機一髪!スリル満点!<br />ゲームの「黒ひげ危機一発」など目ではない。<br /><br />生死を分けるほどのスリルを味わい、側道で座り込んでいると、<br />一台のハーレーが、止まってくれ<br /><br />「大丈夫ですかぁー!」<br /><br />と声を掛けてくれた。<br /><br />「はい~!大丈夫ですっ!」<br />(全然、大丈夫じゃないし)<br /><br />笑顔で応える。<br /><br />カブに乗ったオジサンまでもが止まってくれ、心配してくれた。<br />すばらしき、バイク乗りの心意気!<br /><br />トラブルの山を幾つも越え、会場にたどり着いたのは午後2時。<br /><br />会場内は、ろくに見もせず、無事辿り着いた満足感のみの初参加であった。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br />
11

走る

マザーロード(ROUTE66)で出会った、バイカー達。パリから、来ていた。一緒に写真を撮ったり、ほんの少しの休憩だったけど、楽しい時間。世界中のハーレーファンが、マザーロードを目指し、集う。体験したことの無い暑さに疲労が重なり、何度も、意識を失いかける。マザーロードでは対向車に会うこともなく、赤土に覆われた大地には、樹の葉のそよぎさえ、存在しない。静寂の中にハーレーの排気音が轟く。信号も無く、ひととき... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMGA0401.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMGA0401.jpg" alt="IMGA0401.jpg" border="0" width="300" height="169" /></a><br /><br /><br />マザーロード(<a href="https://blog.fc2.com/tag/ROUTE%EF%BC%96%EF%BC%96" class="tagword">ROUTE66</a>)で出会った、バイカー達。<br />パリから、来ていた。<br />一緒に写真を撮ったり、ほんの少しの休憩だったけど、楽しい時間。<br />世界中のハーレーファンが、マザーロードを目指し、集う。<br /><br /><br />体験したことの無い暑さに疲労が重なり、何度も、意識を失いかける。<br />マザーロードでは対向車に会うこともなく、赤土に覆われた大地には、<br />樹の葉のそよぎさえ、存在しない。<br />静寂の中にハーレーの排気音が轟く。<br />信号も無く、ひとときの休息さえも許されない。<br />あちらこちらに投棄されているタイヤが、過酷さを物語っていた。<br /><br /><br />果てしない砂漠。一体、どこまで続くのだろう…。<br /><br />メサ(周囲が急な崖で囲まれる台状の地形)は問う。<br /><br />「もう限界か?」<br /><br />太陽は容赦なく照りつける。<br /><br />「そろそろ音を上げたらどうなんだ」<br /><br />大地との対話が、始まる。<br /><br /><br />冗談じゃない!<br />大自然の中では、ちっぽけな存在だけど<br />精一杯生きているんだ。<br /><br />意地でも、走ってみせる!<br /><br /><br />意識朦朧とする中で、我が身を奮い立たせる。<br /><br /><br />精一杯、強がりつつも、時間の経過とともに<br /><br />「ダメかも知れない…」<br /><br />何度も、弱音を吐きそうになる。<br />何度も、走るのを止めようと思う。<br /><br /><br />そのとき。<br /><br /><br />数台のハーレーが、かげろうの向こうにうっすらと。<br /><br />幻覚?<br /><br />鳴り響く爆音が、幻覚では無い事を証明する。<br /><br /><br />すれ違いざま<br /><br />親指を立てる仕草で、挨拶を交わす。<br /><br /><br />ただ、それだけなのに…。<br /><br /><br />「ガンバレよ!」<br /><br />「お互い暑くて、キツイけど頑張ろうぜ!」<br /><br />「楽しい旅を!」<br /><br /><br />ほんの数秒の出来事なのに、沢山のメッセージが聞こえる。<br /><br /><br />最高に泣ける瞬間。<br /><br /><br />その一瞬の為に、走る。走り続けているのだと思う。<br /><br /><br /><br /><br />日本で挨拶を交わすライダーは、殆ど見かけないけれど<br />自然を求め、走るほど、その瞬間に出会える。<br /><br />それはまさしくロングを走る者だけに与えられる、<br /><br />「とっておき」<br /><br /><br />なのかも知れない。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
10

知らぬが仏 続・奮闘編

ROUTE66で買ったもの。何故、骸骨がバイクに?と思っていたが、実際に走ることで、その意味に気付く。灼熱の果てしなく続く荒野を、ひたすら走る。まるで何かに取り憑かれたように、ただひたすら。屍になってもなお…。ROUTE66はそんな道さて、命の危険を感じたさくら。早速、LWEに修理を依頼。前回のT○&○oが一ヶ月近くかかり、どこも直って無いばかりかキックスプリング破損という状況だったのに対し、一から組み上げ、調整し... <br />ROUTE66で買ったもの。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130522131211f42.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130522131211f42s.jpg" alt="骸骨" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />何故、骸骨がバイクに?<br />と思っていたが、実際に走ることで、その意味に気付く。<br /><br />灼熱の果てしなく続く荒野を、ひたすら走る。<br />まるで何かに取り憑かれたように、ただひたすら。<br /><br />屍になってもなお…。<br /><br />ROUTE66はそんな道<br /><br /><br /><br /><br />さて、命の危険を感じたさくら。<br />早速、LWEに修理を依頼。<br /><br />前回のT○&○oが一ヶ月近くかかり、どこも直って無いばかりか<br />キックスプリング破損という状況だったのに対し、<br />一から組み上げ、調整し数週間で仕上がる。<br /><br />デキる人は、仕事も早い。<br />連絡を貰い、引き取りに行く。<br /><br />安全な走行レベルまでの修理で、後は走りながら<br />直して行きましょうという説明を受ける。<br />人それぞれの癖があるので、走って見なければ分からない事も多い。<br /><br />さて!エンジン始動。<br /><br />大○さん、木○さんが揃って注目。<br />というか、お見送りをしてくれたのだけど<br />当時、キックが思うようでは無い。<br />せっかくのお見送りだったが、<br /><br />「すみませーん。緊張するので中へ入って貰えますかぁ」<br /><br />とひと言。<br /><br />注目されては、出来るものも出来なくなる(笑)<br />コソコソとキックをかけ、フラフラと帰った。<br /><br />後に聞いた話だが、無事帰れるか心配だったそう。<br />今のさくらが数年前のさくらを見たら同じ事を思うはず。<br /><br />とはいえ、始めは誰もが初心者!<br />その後、どれだけ走るかで変わってくるのでは無いかな?<br /><br /><br />教習所で声を掛けてくれた女の子。<br /><br />「大型教習ですか?カッコイイですねっ!!」<br /><br />(いやいやいや、中型終わってすぐ来ただけだし)<br /><br />一本橋で何回も卒検を落ちていた男の子。<br /><br />急制動で飛ばされた男の子…。<br /><br />教習所の、思い出もいっぱい!<br /><br />きっと皆、頑張ってることだろう。<br /><br />さくらも負けずに<br /><br /><br /><br />ガンバルるゾーー!!<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
9

知らぬが仏 奮闘編

Get your motor runningHead out on the highway イージー・ライダーの道を辿れば、気分はデニス・ホッパー!(デニス・ホッパー派です)最後は、撃たれて死んでしまう映画だけれど、走行シーンは今もなお、バイカーの憧れ。♪ Born To Be Wild ~汗をかかないと思いきや、肌に塩が吹いている。気温42度の世界は、容赦なく水分を奪い、汗をも一瞬で蒸発してしまう。あんなに走る事は、もう無いだろうな…。さて、季節は冬。無事... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130522102509ada.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130522102509ada.jpg" alt="イージーライダー" border="0" width="256" height="192" /></a><br /><br /><br />Get your motor running<br />Head out on the highway <br /><br />イージー・ライダーの道を辿れば、気分はデニス・ホッパー!<br />(デニス・ホッパー派です)<br /><br />最後は、撃たれて死んでしまう映画だけれど、走行シーンは<br />今もなお、バイカーの憧れ。<br /><br />♪ Born To Be Wild ~<br /><br /><br />汗をかかないと思いきや、肌に塩が吹いている。<br />気温42度の世界は、容赦なく水分を奪い、汗をも一瞬で蒸発してしまう。<br />あんなに走る事は、もう無いだろうな…。<br /><br /><br /><br /><br /><br />さて、季節は冬。無事アイアンくんが納車されました。<br /><br />取り敢えずは、キック。冬だというのに汗だく。<br />誰も教えてくれないしキックが出来なければ走れない!<br /><br /><br />それはもう、がむしゃらに蹴りましたとも。<br /><br />今思えば、がむしゃらに蹴れば良いというものでは無いのですが<br /><br />当時はとにかく「やるっきゃない!」。<br /><br /><br /><br />雨さえ降らなければ、近場で走行練習。<br />右シフトはすぐに慣れた。<br />他のバイクを知らない、初心者の強みかも。<br /><br /><br />何せ、初バイクで旧車。比較のしようがない。<br /><br />どうも走りづらいなぁ…と思っていても<br /><br />こんなものでしょ?<br /><br />で済ませていた。<br /><br /><br />教習所では、ハーレーでクランクをやった腕前なのに(笑)<br />まっすぐ走るだけで、何となくグラつくのよね。<br />しかもライトが付かなくなったァ!?<br /><br /><br />納車から一ヶ月も経たぬうちに、緊急入院。<br /><br />どこのショップに出したら良いのやら。<br />ここでもネットが大活躍!<br /><br />アイアンが得意だと謳っていた、T○&○oに出すことに。<br />(500TXイミテーションをオリジナル商品で販売していたりする)<br /><br /><br />さ 「あのぉ…。初めてなのですがライトが点かなくなってしまって。<br />   それと、走っていて何となく変なので点検して貰えますか?」<br /><br />店 「分かりました!今、預かりのバイクが立て込んでいて<br />   暫く預かるようになりますが」<br /><br />さ 「あー!良いです。出来たら連絡ください」<br /><br /><br />その後、一週間が経ち、二週間が過ぎ、待てど暮らせど連絡が来ない。<br />ひと月が過ぎようとしていた。<br /><br /><br />さすがに、業を煮やし連絡をしてみると。<br /><br />店 「あー!出来ています。いつでも良いので取りに来て下さい」<br /><br /><br />連絡してくれと言ったろうが!?<br /><br />早速、引き取りに行くも、帰路中、またしてもライトが点かなくなった。<br />しかも、よく見るとキックスプリングが破損しているではないか!?<br /><br />取り敢えず、ショップに電話。<br /><br /><br />一ヶ月近くも預けたのに、直っていない。<br />ショップのあるひと言で、一気に不信感が募る。<br /><br /><br />「旧車なので、ある程度は仕方無いのですよー」<br /><br /><br /><br />はああああああっっ!!!<br /><br /><br />MINIだって、雨漏りしながらも走るんだ!<br />機械は古くても、しっかりメンテナンスしてあげれば動くんだよ!?<br /><br /><br />ショップには言わなかったけれど。<br /><br />今ならハッキリ言える!<br />「旧車は、仕方がない」というのはショップの逃げ口上。<br /><br />ひと言で分かる、良いショップ、悪いショップの見分け方(笑)<br /><br /><br />このショップには見切りをつけ、次のショップ探し。<br />二軒目に行ったのが、今でもお世話になっているLWE。<br /><br />事前に電話をかけると、快く引き受けてくれることに。<br /><br />翌日、アイアンくんを見せると、大○氏曰く<br /><br />「とにかく安全に走行出来るレベルまで、直しましょう」。<br /><br /><br />国産しか扱って居ないバイク屋が、いい加減に組んだとあって<br />不足部品もあり、バッテリーも死んでいたり、その他、諸々。<br /><br /><br />このまま走っていたら、命が危険という状態。<br />バランスも取れておらず、走りにくいのも無理も無かった。<br /><br />売りっぱなしのその後は覚悟していたけれど、それほど酷い状態だったとは。<br />知らずに走っていたのが、恐ろしい。<br /><br />「知らぬが仏」<br /><br />ときに、命の危険にも、さらされるのである。<br /><br /><br /><br />
8

知らぬが仏 準備編

アイアンくんに出会うまで知らなかったアイアンスポーツの存在。これまでバイク(原付でさえも)に触れたことも跨ったことも、皆無。初めて触れたバイクは、教習所で使用したホンダCB400。あるきっかけで、バイクに乗ろうと決心したものの、あくまでハーレーというひとくくり。アイアンくんを探す過程で、種類がある事を知りサイドバルブパンナックルシャベルエボリューション等々…。この程度を、知識と呼べるのかどうかは疑問... <br /><br />アイアンくんに出会うまで知らなかったアイアンスポーツの存在。<br />これまでバイク(原付でさえも)に触れたことも跨ったことも、皆無。<br />初めて触れたバイクは、教習所で使用したホンダCB400。<br /><br />あるきっかけで、バイクに乗ろうと決心したものの、<br />あくまでハーレーというひとくくり。<br />アイアンくんを探す過程で、種類がある事を知り<br /><br />サイドバルブ<br />パン<br />ナックル<br />シャベル<br />エボリューション<br /><br />等々…。<br /><br /><br />この程度を、知識と呼べるのかどうかは疑問。<br /><br />MINIとの出会いは、見た目と排気音。<br />アイアンくんもしかり。<br /><br />年季の入ったバイク乗りや、ショップに携わる人達にとって<br />「見た目重視」などという考えは以ての外であろうが、<br /><br /><br />見た目重視、形から入るスタイル(別称さくらスタイルとも)を、やってのけるのも<br /><br />「知らぬが仏」の成せる技!!<br /><br /><br />仏様は、偉大なのだ(意味不明)<br /><br /><br /><br /><br />初めてアイアンくんを目にしたとき、ハーレーのイメージが覆された。<br /><br />「こんなにコンパクトなハーレーがあったの!?」<br /><br />相手の事など何も知らず、デートの時期も無く、そのまま結婚したようなもの。<br /><br />その後、困難が待ち受けていようとは、気づかずに。<br /><br />でも、人生ってそんなもの。<br />考えばかりが先に立つと、何も始まらない。<br />誰しも、未だ見ぬ世界は不安でいっぱい。<br /><br />「一歩を踏み出せば、自ずから道は開ける」。<br /><br />考えよりも行動が先に立つ性格は、なかなか変わらないのです。<br /><br />悪く言えば、行き当たりばったり。<br />よく言えば、ポジティブ。<br /><br />何とかなるさー!<br /><br />の我が人生。<br /><br />本当に、何とかなってきた(笑)<br /><br /><br /><br />形から入るさくらは、衣装を揃え、バイカーになるべくモチベーションを高めるために<br />徐々に、変身を遂げていく。<br /><br /><br />ヒールから、エンジニアブーツに。<br />コートから、革ジャンへ。<br />庭であった銀座を離れ、目指すは道の駅。<br /><br />そして、バイカーの聖地マザーロード(<a href="https://blog.fc2.com/tag/ROUTE%EF%BC%96%EF%BC%96" class="tagword">ROUTE66</a>)へと!!<br /><br />音楽は勿論、イージーライダー!<br /><br /><br /><br />野生児になるために生まれてきたんだよ<br /><br />エンジンを動かして、<br />ハイウエイを進む。<br />探すものは、冒険と、<br />俺たちの進む道に起こること。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/R66.jpeg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/R66.jpeg" alt="R66.jpeg" border="0" width="588" height="235" /></a><br /><br /><br />ネバダ州ラスベガスから入り、ロサンゼルス、キングマン、フラッグスタッフ、<br />ニューメキシコ州に足を踏み入れラスベガスに戻るというコース。<br />生涯忘れない。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMGA0377.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMGA0377.jpg" alt="IMGA0377.jpg" border="0" width="400" height="225" /></a><br /><br />気温42度。笑顔とは裏腹に、合わない半ヘルで、強風をモロに受け、<br />ムチ打ち気味になり、食事も喉を通らないというボロボロ状態。<br />頼れるのは自分だけ…。<br />タンデム走行、単独走行、バイクの厳しさを知ったのもこのとき。<br /><br /><br />肌で感じる、広大なアメリカ大陸。<br /><br /><br />話が脱線しそうなので、またの機会に。<br /><br /><br /><br /><br />組み上げの期間、約1ヶ月待ちで納車。<br /><br />さて、アイアン生活のはじまり、はじまりぃ~!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013051906040260f.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013051906040260f.jpg" alt="110430_0921~01" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br /><br /><br /><br />
7

知らぬが仏 思い出編

「コンパクトでパワフル」。アイアンくんの姿は、かつての相棒、MINIに通ずるものがある。米国魂と英国魂。彼の誕生日は1959年8月26日。幻のモンテカルロ・ラリーで三連覇。(些細なクレームを着けられた為で本当は4連覇)その後、時代の波に翻弄されながらも、41年間を生き抜く。2000年10月4日 生産終了。2000年12月24日 生みの親であるジョン・クーパー氏死去。その後、新生MINIとして生まれ変わるが... <br /><br />「コンパクトでパワフル」。<br /><br />アイアンくんの姿は、かつての相棒、MINIに通ずるものがある。<br />米国魂と英国魂。<br /><br />彼の誕生日は1959年8月26日。<br />幻のモンテカルロ・ラリーで三連覇。(些細なクレームを着けられた為で本当は4連覇)<br />その後、時代の波に翻弄されながらも、41年間を生き抜く。<br />2000年10月4日 生産終了。<br />2000年12月24日 生みの親であるジョン・クーパー氏死去。<br /><br />その後、新生MINIとして生まれ変わるが、かつての相棒の面影は無い。<br /><br />2008年10月4日 相棒との悲しい別れは、生産終了の8年後。<br />           さくら誕生日の丁度、ひと月前。<br /><br /><br />MINIメイフェアクラブマン仕様(ショップオリジナル)<br />ブリティッシュグリーンを、新車で購入。<br />納車当日、オーバーヒートという偉業を成す(汗)<br /><br /><br /><br />道を這うように走り、安定感抜群。<br />コーナリングが素晴らしい反応で<br />思うように、走ってくれたっけ。<br />森に行くと、グリーンが同化して綺麗だった。<br /><br />夏は、窓をフルオープン。<br />車高が低いので、渋滞にハマると地熱を直撃。<br />水温計とにらめっこは日常茶飯事。<br />大汗かきながら、それでも涼しい顔をして運転してた。<br />(断然、バイクの方が涼しい)<br /><br />冬は、暖機をしてあげた。<br />人間も同じだけど、身体が固まっている状態ですぐに<br />走ったら、具合が悪くなるもの。<br /><br />独特の排気音で、絶好調!<br />MINIを走らせると皆が、振り返った。<br />(羨望の眼差しだったかどうかは疑問だけど)<br /><br />車高が低くて、回転式の駐車場には入れず<br />駐車場には苦労した。<br /><br />エンジンを見るのも好きだった。<br />ボンネットを開けると、びっちりと機器が詰まっている。<br />どうやって詰め込むのかと不思議なくらい。<br />走る前は必ず、ラジエーターとオイルのチェック。<br /><br />血液が上手く流れなかったら、心臓(エンジン)に負担がくる。<br /><br /><br />バンパーのシルバーの光が好きだった。<br />雨に濡れると、すぐ錆びるので毎週のように磨いていた。<br /><br /><br /><br />別れる数年前は、ドア下からサビが浮き上がってくるし、<br />雨漏りはするし、毎年末になるとエンジンが始動しなくなり、散々だったけど<br /><br />「手がかかるほど可愛い」<br /><br />という言葉がピッタリだった。<br /><br />今頃、どうしているかな?<br />第二の人生を、幸せに過ごして居れば良いな…。<br /><br /><br />数々の、奇跡を生んだMINI。<br />最愛の相棒よ!永遠(とわ)に…。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201305161241351bd.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201305161241351bd.jpg" alt="鍵" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />
6

知らぬが仏 続・出会い編

さて、アイアンくんの出会い。一目惚れ、相思相愛にてめでたくゴールイン!となったわけなのですが、うん?本当に相思相愛だったのか?大体、リアル恋愛でも相思相愛になったことは数少なく。経験上、一目惚れは上手く行かない。アイアンくんは本当に、さくらを気に入ってくれたのか?お金にものを言わせ、無理矢理連れてくる人間の傲慢さか?不安が頭をよぎったが、ココは全面否定!「アイアンくんはさくらを選んでくれた」選ばれ... <br />さて、アイアンくんの出会い。<br />一目惚れ、相思相愛にてめでたくゴールイン!<br /><br />となったわけなのですが、<br /><br />うん?本当に相思相愛だったのか?<br /><br />大体、リアル恋愛でも相思相愛になったことは数少なく。<br />経験上、一目惚れは上手く行かない。<br /><br />アイアンくんは本当に、さくらを気に入ってくれたのか?<br />お金にものを言わせ、無理矢理連れてくる人間の傲慢さか?<br /><br />不安が頭をよぎったが、ココは全面否定!<br /><br /><br /><strong>「アイアンくんはさくらを選んでくれた」</strong><br /><br /><br />選ばれたからには、アイアンくんに相応しい<br />旧車乗りにならねば!<br /><br />と、固く決心したのでした。<br /><br /><br />その後。。<br /><br /><br />ご存知の通り、XLCHはキックオンリー。<br /><br />ここで、XLCH(<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84" class="tagword">アイアンスポーツ</a>)について振り返る。<br /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84" class="tagword">アイアンスポーツ</a>は、当時レースで活躍中であったトライアンフなどの英車に対抗すべく誕生。<br />900cc 1000ccエンジンでは世界最小。<br />ハーレー社が持てる技術を結集した、トップモデルと言われています。<br /><br />古き良きアメリカの匂いを感じ取れるとも。<br /><br />「XLCH」(1958年~79年に生産 ※58年はレース専用モデルのみ)<br />「XLH」の「H」はハイコンプレッションの「H」、「XLCH」の「CH」は「Competition Hot」の略で<br />レースでの使用を想定され造られたモデル。<br /><br />レース仕様の為の特徴は多々ありますが、先ずは右シフトであること。<br /><br />これは、慣れるしか無い(笑)<br /><br />問題はキック!?<br />圧縮比が高く男性でも手こずるほど。<br /><br /><br />別名、ニークラッシャーとも言われ、アイアンキックで膝を複雑骨折した人も数知れず。<br /><br />アイアンキックが出来れば何でもござれ!の世界なのです。<br /><br /><br /><br />アイアンキックがそれ程に大変だとは、購入後に知ったこと。<br /><br />そう言えば、「じゃじゃ馬」などとも言われていたり。<br /><br /><br />でも、もう遅いもんねー!<br />買ってしまったもんねー!<br /><br /><br />知らぬが仏<br /><br /><br />「やるっきゃない!」<br /><br /><br />と、相成りましたとさ(=_=;)<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130516102435dc6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130516102435dc6.jpg" alt="110521_1330~010001" border="0" width="200" height="150" /></a><br /><br />
5

知らぬが仏 出会い編

先日のキャンプミーティングでの事。翌朝、水場へ行った所「マムシに注意」との、看板を見つけた。えっ!?ちょっと待って…。あの、ニョロっとした奴よね?マムシって毒があるよね?テントを張ったのは、草むら。マムシが隠れるには絶好の場所。そう言えば、夜に聞きなれない音がしていた。何の虫だろう?なんて思っていたけれど、もしやマムシ!?いや、きっと違う。違うに違いない。。あれ?動揺して変な言葉になっているぞ。(... <br />先日のキャンプミーティングでの事。<br /><br />翌朝、水場へ行った所<br /><br />「マムシに注意」<br /><br />との、看板を見つけた。<br /><br /><br />えっ!?ちょっと待って…。<br />あの、ニョロっとした奴よね?マムシって毒があるよね?<br /><br />テントを張ったのは、草むら。<br />マムシが隠れるには絶好の場所。<br /><br />そう言えば、夜に聞きなれない音がしていた。<br />何の虫だろう?なんて思っていたけれど、もしやマムシ!?<br /><br />いや、きっと違う。違うに違いない。。<br /><br />あれ?動揺して変な言葉になっているぞ。<br />(と言いつつ、そんなの想定内だけど)<br /><br /><br />まさに「知らぬが仏」。<br /><br /><br />しかしながら、世の中、「知らぬが仏」が幸いする事も多々あり。<br />何を隠そう、そのお陰でアイアンくんと出会い、数々の歴史(というほどでも無いけど)を作ってきた。<br /><br /><br />教習所に通いながら、探し続けたバイク。いや…通う前から探し続けた。<br />あらゆる情報を駆使しつつも、実際にエンジン音を聞き、跨ってみなければと思っていた。<br />ネットで探し、見た目だけで購入する人も意外と多いようだけど、それなりに高価な買い物。<br />実際に見ずして購入するなど、出来る勇気は無かった。<br />一生を共にするであろう相棒を、安易に選べるものでも無いし。<br /><br />先ずは、正規店の試乗会。<br />二度ほど行ったが、コレ!というものが無かった。<br /><br />「見た目は良さそうだけど、操作性が悪そう」<br /><br />だとか<br /><br />「排気音が静かすぎる」<br /><br />だとか…。<br /><br />「今は、かなり静かになっていますよ~」<br /><br />という説明。<br /><br />ハーレーを販売しているのに、本当のハーレーの良さを分かって無いのでは?<br />とも思える発言。<br /><br />太い低音で、力強く響き渡るあの音が魅力なのに。<br /><br />因みに英語では「potato-potato-potato」と擬声語化するらしい。<br /><br />都心を走るため、大きさも重要。<br />渋滞が日常化しているので、すり抜けるには、コンパクトさも外せない。<br /><br />都内はもとより、神奈川、群馬まで出かけた。<br />当時は週末と言えば、バイクショップ巡り。<br /><br />大体のショップは国道沿いにあり、車で寄るのには便利な場所にある。<br />ということは、電車利用者にとっては、不便なところ。<br /><br />真夏日は、大汗をかきながら駅からトボトボと歩いて回った。<br /><br />しかも、エンジニアブーツで!?<br /><br />バイクに乗らずして、気持ちはすでにバイク乗り。<br /><br />どうも形から入るタイプ。<br /><br />お陰で、バイクに乗る頃にはエンジニアブーツがしっかり馴染んでいた(笑)<br /><br /><br />友人の紹介もあった。<br />883の100週年記念モデル。<br /><br />ハーレーオレンジで乗りやすそう。<br />自動車工場オーナーが数台所有の中から、誰かに譲りたいと思っていた。<br />日頃のメンテはバッチリ!<br /><br />普通であれば、即決だろう。<br />でも、何かが違う。<br /><br /><strong>綺麗すぎた。</strong><br /><br />元来、古いもの好き。<br />アンティーク家具や、古着、アンティーク時計、アンティークジュエリー等々。<br /><br />人間は新しいのに(ウソ)モノに関しては古いものが好き。<br /><br />せっかくの、紹介であったが丁重にお断りすることに。<br /><br />その後、数ヶ月。<br /><br /><br />いつものようにネット検索しつつ、とあるバイクに目を奪われた。<br /><br />見た目は、コンパクトでデザインもまぁまぁ。<br />早速、電話をかけ翌日出かける。<br /><br />今回もやはり駅から遠い。<br />しかもバスは無し。<br /><br /><br />やっとこさ着いた小さな修理工場。<br /><br />並行輸入で、日本に入って来たばかり。<br />まだ組み上げの途中で、タンクも着いて居なかった。<br /><br />エンジン音が、聞きたいと要望すると簡易的にタンクをつけ<br />エンジンを掛けてくれた。<br /><br />変な、息切れも無く良好。<br /><br />音の聴き取りに関しては、楽器をやっているので結構自信あり。<br />(ちょっとした自慢か)<br /><br /><br />跨った感じもかなり良い。<br />ハンドル位置もバッチリで、カスタムせずに乗れる。<br /><br />ただ、ココの店。国産車しか扱っておらず、ハーレーに関しては詳しくない。<br />要するに、売りっぱなしの販売店であった。<br /><br /><br />そこをどう捉えるか?<br /><br />「修理なら他にショップがあるし、気に入った車両はそう出会うものではない」。<br /><br />と考え、翌日即決!<br /><br /><br />しかもローンの取り扱いが無く、キャッシュ!<br />(お金も無いのに)<br /><br />アイアンくんの為に、かき集めたさー!<br />(後先考えず)<br /><br />こうして、70年XLCHと出会ったのでした。<br /><br /><br />続く…。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/KC3I0111.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/KC3I0111.jpg" alt="KC3I0111.jpg" border="0" width="150" height="200" /></a><br /><br />
4

素朴な疑問

はて?「キャンプ」と「キャンプ・ミーティング」の違いは何?ふと思った、素朴な疑問。分からないので、早速ググってみる。図書館に行かずして調べ物が出来るなんて、本当に便利な世の中。「キャンプ」とはキャンプ(英: camping)は、保養、あるいは野外での休息などを目的とした、野外での宿泊行為である。露営、野営、宿営ともいう。何らの屋根もなく夜を過ごす場合でもキャンプという。(Wikiより抜粋)ふむふむ…。で、「キャ... <br /><br />はて?<br /><br />「キャンプ」と「キャンプ・ミーティング」の違いは何?<br /><br /><br />ふと思った、素朴な疑問。<br /><br /><br />分からないので、早速ググってみる。<br /><br />図書館に行かずして調べ物が出来るなんて、本当に便利な世の中。<br /><br /><br /><br />「キャンプ」とは<br /><br />キャンプ(英: camping)は、保養、あるいは野外での休息などを目的とした、<br />野外での宿泊行為である。<br />露営、野営、宿営ともいう。何らの屋根もなく夜を過ごす場合でもキャンプという。<br /><br />(Wikiより抜粋)<br /><br /><br />ふむふむ…。<br />で、「キャンプ・ミーティング」とは<br /><br />キャンプ・ミーティング(camp meeting、野営天幕集会、伝道集会)とは、<br />アメリカ合衆国の開拓期にキリスト教の長老派教会からはじまった集会様式。<br /><br />(Wikiより抜粋)<br /><br /><br />えっ!?宗教的なものなの?<br />さらに概要を読み進めてみる。<br /><br /><br /><br />18世紀のアメリカにおいて、未踏の荒野への何千人もの移住は、<br />ある種の宗教的真空状態を引き起こしていた。<br />礼拝のできる家がほとんどなかっただけではなく、正規に任職された<br />聖職者の不足はより深刻であった。<br />「キャンプ・ミーティング」は、こういった状況のなかから現れた革新的な対応策であった。<br /><br />(Wikiより抜粋)<br /><br /><br />う~ん。この辺りは、バイクミーティングの趣旨とは違うような。<br />さらに、<br /><br /><br />当時の原始的な交通手段のために、これらの会合が居住地より<br />数マイル以上離れたところで開催されるなら、出席希望者は外泊を覚悟せざるを得ず、<br />適切な宿泊施設もお金もないにもかかわらず、彼らは開催期間中はその場所や近くで<br />キャンプするなどして、居残ることを切望した。<br /><br />(Wikiより抜粋)<br /><br /><br />しいていうなら<br /><br />「彼らは開催期間中はその場所や近くでキャンプするなどして、居残ることを切望した。」<br /><br />の辺りが近いような…。<br /><br /><br /><br />要するに個人的なものが「キャンプ」で、大勢集まると「キャンプ・ミーティング」ということかな。<br /><br /><br />キャンプ・ミーティングの始まりが宗教的なものだったとは知らなんだ。<br /><br />語源をみると、キャンプは英、キャンプ・ミーティングは米。<br /><br />やっぱりハーレーの母国から始まった様式なのね。<br /><br /><br /><br />アイアンくんに出会って居なければ、こんな言葉にも興味を持たなかっただろうし<br />体験もしなかった。そう思うとアイアンくんのお陰で世界が広がったのです。<br /><br /><br />因みに「アイアン」でググると、ゴルフ関連がヒットする。。。<br /><br />「アイアン」と言ったら「アイアンスポーツ」だろうがっ!?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130514163444e07.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130514163444e07.jpg" alt="120526_0924~01" border="0" width="180" height="300" /></a><br /><br />
3

東北のエルメス

修理に出していたサドルバックが仕上がった!旧車は、出会い。このサドルバッグとも良く出会えたと、今更ながら運命に感謝している。古いものとの出会いは、そうあるものでは無いから。バイクを購入してから、納車まで一ヶ月。サドルバッグを付けたくて、旧車に合いそうなものを探していた。バイクショップや、ネット検索するも、どうしてもイメージ通りのものが見つからない。或る日のこと、行きつけの古着屋さんで何気なく飾って... 修理に出していたサドルバックが仕上がった!<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013050915204111d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013050915204111d.jpg" alt="修理6" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />旧車は、出会い。<br />このサドルバッグとも良く出会えたと、今更ながら運命に感謝している。<br /><br />古いものとの出会いは、そうあるものでは無いから。<br /><br />バイクを購入してから、納車まで一ヶ月。<br />サドルバッグを付けたくて、旧車に合いそうなものを探していた。<br /><br />バイクショップや、ネット検索するも、どうしてもイメージ通りのものが見つからない。<br />或る日のこと、行きつけの古着屋さんで何気なく飾ってあったバッグに目がいった。<br /><br />どう見ても、ショップの飾り付け用。<br />暫く眺めながら、イメージを膨らませる。<br /><br />「大きさも古めかしいイメージもピッタリ!」<br /><br />「これ以上の物は見つからないかも知れない。いや、絶対に見つからない!!」<br /><br />そう思うと、何としても欲しくなった。<br /><br /><br />無理を言って譲ってもらい、無事アイアンくんに装着。<br /><br /><br />その後、推定1960年代の馬具ということが判明!<br />乗馬経験もあるので、馬具という事は分かっていたが、<br />まさかそんな貴重なものだったとは…。<br /><br /><br />ネットで調べると、やっとのこと情報が出てきた。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/4315.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/4315.jpg" alt="4315.jpg" border="0" width="351" height="313" /></a><br /><br /><br />将校さんが鞍の前に付けていた「アンノウ」という馬具。<br />鞍の前に付いている小さなバッグの部分。<br /><br /><br />元々、バイク用では無い上に<br />雨に打たれ、炎天下にさらされ、強風に煽られながら振動にも耐え、<br />頑張って来たものの<br />約二年間の過酷な状況下で、さすがに所々がほつれてきた。<br /><br />そう…。ほつれてきただけ。<br />50年以上の月日が経っているのに、革はなんとも無い。<br />(バイクで削ってしまったけど)<br />昔の物は、頑丈に出来ているものだとつくづく感心する。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509152013954.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509152013954.jpg" alt="修理4" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509152014dd7.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509152014dd7.jpg" alt="修理5" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />さて、これほど貴重なものを、何処へ修理に出して良いのやら…。<br /><br />と考えた時に、真っ先に浮かんだのが青森県弘前市にある『亀屋革具店』。<br /><br />大正4年(1915年)創業の革製馬具店として創業し、現在はバッグや小物類を<br />販売しているお店。<br />革のなめしから、縫製まですべての工程が手作り。<br /><br />初めて訪れたのは、弘前城の桜を見に行ったとき。<br /><br />弘前市は城下町。昔は馬具店が数店あったようだが、現在では亀屋さんのみ。<br /><br />その技術の高さから「東北のエルメス」と言われている。<br /><br />その証明となるのが、お店に飾られている約80年前のバッグ。<br />兵士が戦地で使用していたもの。バッグに亀屋さんの名前が入っていたため<br />巡り巡って、戻ってきたのだ。<br /><br />留め金は一部修理したようだが、縫製や革は無傷。<br />全くもって信じられないが、実際に見ているので信じざるを得ない。<br /><br /><br />現在、職人のおじいさんは88歳と8ヶ月。<br />出会った頃は、多分85歳位だろうか。<br /><br />アンノウの話をしたところ、目を輝かせて嬉しそうに…。<br />その時、もしもほつれが出てきたら、修理をお願いしようと心に決めていた。<br /><br />心底、革が好きで、生粋の職人。<br />おじいさんの人柄に惹かれたのだ。<br /><br /><br />そして、その時がやってきた。<br />大切なサドルバッグなので、直接会って相談したい。<br />桜の時期には、少し早いけれどバッグを持って弘前へ。<br /><br /><br />東京の桜はとっくに終わっているのに、弘前の桜はまだこれから。<br />小雨が降り、東京でいえば2月並の寒さ。<br /><br />毎年会っているけれど、おじいさんは少しも変わって居ない。<br />修理箇所の打ち合わせをし、帰京した。<br /><br />待つこと二週間と少し。<br />ハンドバッグが2年待ちだというので、もう少し時間がかかると<br />覚悟していたが、急いでくれたよう。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509152042fac.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509152042fac.jpg" alt="修理7" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509152044150.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509152044150.jpg" alt="修理2" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />取れた革を縫いつけて、付いていた革は、再度縫い直し。<br />蓋の部分は、革で補強。<br /><br />写真では分かりづらいが、本体は厚みがあるので大変だったと思う。<br /><br />「馬具の技術があれば、恐いものは無い」<br /><br /><br />さすが!東北のエルメス。<br /><br />メイド・イン・ジャパン!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509165306e3c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509165306e3c.jpg" alt="修理8" border="0" width="320" height="320" /></a><br /><br /><br /><br /><br />おまけ<br /><br /><br />ついでに注文したもの。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201305091519224f3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201305091519224f3.jpg" alt="パスケース2" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201305091519212bc.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201305091519212bc.jpg" alt="パスケース" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />パスケース。<br />リング部分をオーダーしました!<br />色の変化が、楽しめます (*´艸`*)<br /><br />
2

続・コヨーテへの道

と…バグった所からの続き!近場で拾い集めたクヌギが思いの外、燃えやすく感動。着火剤は持っていたけれど、持参した松ぼっくりも含め燃料は十分間に合った。写真のケトルは以前も紹介しましたが、お湯が3分で沸くというスグレモノ。しかも、燃料は、松ぼっくりや枝というアウトドア感溢れる道具。山の枝は、湿気を含んでいる場合が多いけれどその点、川沿いは良いね。近場に温泉があるのもポイント高し!登山でもそうですが、一... <a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013050909373766c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013050909373766c.jpg" alt="コヨーテ4" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />と…バグった所からの続き!<br /><br />近場で拾い集めたクヌギが思いの外、燃えやすく感動。<br />着火剤は持っていたけれど、持参した松ぼっくりも含め<br />燃料は十分間に合った。<br /><br />写真のケトルは以前も紹介しましたが、お湯が3分で沸くというスグレモノ。<br />しかも、燃料は、松ぼっくりや枝というアウトドア感溢れる道具。<br />山の枝は、湿気を含んでいる場合が多いけれどその点、川沿いは良いね。<br /><br />近場に温泉があるのもポイント高し!<br />登山でもそうですが、一日の疲れを温泉で癒すと翌日の体調が<br />全然違うのです。<br /><br />さてと…。<br /><br />「蕎麦でも食べに長野へ行くか」<br /><br />と、テントをそのままにして出発。<br />コヨーテを拠点に、ツーリング!イケます。<br /><br />354線を走るとすぐ見えたもの。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094249a0e.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094249a0e.jpg" alt="コヨーテ15" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br /><br /><br />焼きまんじゅうの『忠次茶屋』。<br />実はココ、お気に入りなのです。<br />せっかくなので、お店正面からも撮影。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094251272.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094251272.jpg" alt="コヨーテ16" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />甘辛の味噌だれが、何とも美味しい!<br />焼きまんじゅう2串(8個)をたいらげる。<br /><br />(朝食を食べたくせに)<br /><br />254線に入り、そのまま無心に走り続ける。<br /><br /><br /><br />東北遠征の時にも利用した藤岡道の駅に立ち寄る。<br />あの時は、真夏で渋滞にハマり疲れが半端なく<br />椅子に座りながら寝ててしまったっけ。<br /><br />夏の走りは、短距離なら心地良いけれど、長距離になると<br />バイクも人間にも過酷極まりないのです。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201305090937338d3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201305090937338d3.jpg" alt="コヨーテ9" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />GWということでイベントをやっていた。<br />ゆるキャラのまゆ?くん。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094340396.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094340396.jpg" alt="コヨーテ10" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />この先の、富岡町には絹の工場があり、製糸工程を体験出来た。<br />子供に混ざり、順番待ちをする。<br /><br />何でも、やりたがり屋!好奇心旺盛。<br />クルクルと猛スピードで回していると<br />スタッフのおばちゃん。<br /><br />「お若いから回すのが早いわね~」<br /><br />いやいやいや…。<br /><br />革ジャンを来た、ススけた男みたいな女がせっせと<br />糸を紡ぐ姿は異様だったに違いない!<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/koyo-te.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/koyo-te.jpg" alt="koyo-te.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />紡いだ糸は、こんな風にしてくれました!<br /><br />今回も、かなりノンビリしてしまった…。<br />ひと口饅頭も頂きましたよー!<br />(またしても食い気)<br /><br /><br />真面目に走らねば!と出発。<br /><br />途中、気になった下仁田道の駅と上野村。<br />次回、寄ろうとチェックする。<br /><br /><br />下仁田を過ぎると、峠越え。<br />この峠は結構緊張する道。<br /><br />ここから落ちたら即死だろうなぁ…というポイントが沢山だし。<br />トンネルは真っ暗、トンネル内に急カーブがあるし。<br />こんな所は節電して欲しく無いのです。<br />それとも元々暗いのか??<br /><br /><br />しかも今回は気温10度。<br />ということは体感温度は5度!<br />さっ…さぶい。。。<br /><br /><br />途中、山桜や、山藤が咲いていて綺麗だった。<br />写真を撮りたくも、カーブばかりで停められそうな場所は無かったし<br />しっかり脳裏に焼き付ける事にする。<br /><br />峠を超えると<br /><br />「ようこそ佐久市へ」の看板がお目見え。<br /><br />これを見ると、無事、峠を超えた安堵感でホッとする。<br /><br />群馬県と違って、長野県は曇り空。<br />まだ桜が残っていた。<br /><br />ひと山超えると随分違うものです。<br /><br />市街地に向かい蕎麦屋を探すものの、空いている店は見つからず。<br />途中のガソリンスタンドで聞いて見ると<br /><br />「あ~!今時間は休憩ですね」<br /><br />。。。。<br /><br /><br />GWの時期くらい、休憩無しでやって欲しいわ!!!<br /><br /><br />時間的に考えても戻るほうが良さそう。<br />諦めて、戻る事にした。<br /><br />またしても寒い峠道。<br />下仁田で、蒟蒻を食べようと思ったけれど<br />身体が冷えきって、冷たいものなど食べる気にならず通過。<br /><br /><br />行きにチェックしていた、下仁田道の駅に立ち寄ることに。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094342035.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094342035.jpg" alt="コヨーテ11" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />駐輪場へバイクを停めると、次々にハーレーがやってきた。<br />どうやらコヨーテの帰りらしい。<br />せっかく二泊出来るのに、一泊で帰るなんて勿体無い。<br /><br />二泊して二千円ポッキリでっせ!<br />安すぎますわー!<br /><br />と、つい関西弁になるほど。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201305090939379e3.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/201305090939379e3.jpg" alt="コヨーテ3" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />身体が冷えきったときは、ラーメンです。<br />ニンニクをトッピングしたら、スープにまでニンニクが入っているラーメン。<br />ニンニクづくしになってしまった。<br /><br /><br />二日目に飲んだ皆様、臭くてゴメンナサイ!!<br /><br />ハッ!そういえば一日目の昼にも餃子を食べていた。<br /><br />一日目に飲んだ皆様も、ゴメンナサイ!!!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509093738fbc.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509093738fbc.jpg" alt="コヨーテ5" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />翌朝、楽しかったキャンプも終わり。<br />連日、早朝から走り遅くまで起きていたのに、不思議と疲労感はさほど感じない。<br />片付けは、寂しい気持ちが入り混じり、キャンプで一番キライな時間。<br /><br />ふと、テントの横を見ると<br />来た時には草むらだった所に、道が出来ていた。<br /><br /><br />何もしなければ、ただの草むら。<br /><br />一歩踏み出せば、それなりの道が出来る。<br />一歩踏み出せば、そこに何かが生まれる。<br /><br /><br />アントニオ猪木の『道』では無いけれど、<br />そんな事を感じた。<br /><br /><br />「次は○○だね!」<br />「じゃあまた!元気で!」<br /><br />普段、会うことは無いけれど、会えばすぐに分かち合える。<br />付かず離れずの関係が何とも心地よい。<br /><br /><br />帰り道。<br />面白い店を発見したのですが、画像なしで残念。<br /><br />「口福飯店」「本格中国料理」とある看板をよく見ると<br />何故か、ブタの絵。<br /><br />中国料理で何故にブタ?<br /><br />と見回すと、横には「自慢のかつ定食」との文字。<br /><br /><br />一体、何屋やねん!<br /><br />とツッコミを入れたくなるお店。<br />来年も要チェックです。<br /><br /><br />帰りはあっという間に五霞に到着。<br />何故か帰りは早く感じます。<br /><br />旅の締めはコレ!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509093735784.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509093735784.jpg" alt="コヨーテ6" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />カツ煮定食!どうだー!<br /><br />(またかいな)<br /><br />ついでに<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509093734453.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509093734453.jpg" alt="コヨーテ7" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />デザートやー!<br /><br />「夏の思ひで」という乙女チックなデザート。<br />しかも、まだ夏は終わってないし…。<br /><br />美味しかったから許す!<br /><br /><br />というわけで、二泊三日のコヨーテミーティングを終えたのでした。<br /><br /><br /><br />Mさん、お陰様で楽しい時間を過ごす事が出来ました。<br />色々とお世話になり、有難うございました。<br />現地でお会いした皆様も、有難うございます。<br /><br /><br /><br />命さえお金で買える時代でも、買えないものもある。<br />バイク乗りである限り、お金では買えないものは必ずある。<br /><br /><br />すばらしきかな、バイク乗り!<br /><br /><br /><br />おまけ<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509093933dc2.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509093933dc2.jpg" alt="コヨーテ2" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />オイルが飛んで、腰の辺りを汚してしまいます。<br />水玉模様も粋!としますか(^_^;)<br /><br /><br /><br />おしまい<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
1

コヨーテへの道

走り屋として尊敬するブロ友、Mさんとの対面を果たしたのは昨年のVミーティング。その人柄に惹かれ、いつかMさんがスタッフを務めるコヨーテミーティングに参加したいと思いながらの半年。今年のコヨーテはGWを外すかも…という事前情報もあり、多少期待しつつも蓋を開ければ例年通りのGW後半。実は、毎年この時期には弘前城の桜と決めているのです。Mさんとの再会を果たしたいし、行くしか無いね!という事で行って来ました。今年... 走り屋として尊敬するブロ友、Mさんとの対面を果たしたのは昨年のVミーティング。<br />その人柄に惹かれ、いつかMさんがスタッフを務める<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86" class="tagword">コヨーテ</a>ミーティングに参加したいと<br />思いながらの半年。<br /><br />今年の<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86" class="tagword">コヨーテ</a>はGWを外すかも…という事前情報もあり、多少期待しつつも<br />蓋を開ければ例年通りのGW後半。<br />実は、毎年この時期には弘前城の桜と決めているのです。<br /><br />Mさんとの再会を果たしたいし、行くしか無いね!<br /><br />という事で行って来ました。<br />今年初のミーティングを飾る<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86" class="tagword">コヨーテ</a>。<br />どんな感じなのだろう?<br /><br />久々の旅の準備で、荷物チェックに時間がかかり、普段なら前日荷物を載せるところを<br />翌朝に持ち越し。<br /><br />翌朝、4時半起床。<br />寝ぼけ眼で朝食を取り、着替えて駐輪場へ向かいます。<br />朝は、身体がなかなか目覚めないので、ひとつひとつの行動がスロー。<br />何だかんだと、エンジン始動が6時頃となりました。<br /><br />野暮用で二週間乗っておらず、予想通り、かかりが悪い。<br />それでも真冬でも無いので、そのうちかかるだろう…とタカをくくっていたが…。<br /><br />かからない。<br /><br />え~!そっ、そんなぁ。<br /><br />取り敢えず、プラグを磨き再挑戦。<br />一蹴りに願いを込めて、キック!<br /><br />うーん…。か・か・ら・な・い。<br /><br />「ここまで用意して、最悪リタイア?」<br /><br />と、しばし自問自答。<br /><br />「うん?待てよ?バッテリーか?」<br /><br />念のため、バッテリーを外し確認するも問題なし。<br />と、すると配線?<br /><br />配線を辿り、接続部分を確認すると一部外れかけている箇所を発見!<br />ボルトも飛ばすほどの振動で走るので、あちこちが緩んでくるのは仕方が無い。<br />きちんと繋ぎなおし、再度挑戦。<br /><br />ブォォォンっ!!!<br /><br /><br />いつもの元気なアイアンくんが息を吹き返した。<br />どうやら、放っておかれてヘソを曲げたよう。<br />走れるとなると、元気ハツラツ!<br />単純明快な相棒。<br />やっぱりオーナーに似るんだね~。<br /><br /><br />4号バイパスは、多少混みつつも五霞道の駅まで意外とスムーズに到着。<br />朝食を摂り、(二度もか)トイレ休憩をすませ出発。<br /><br />春だというのに寒い朝。<br />真冬の格好とまでは行かないけれど、カイロ持参で正解です。<br /><br />その後、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E7%BE%A4%E9%A6%AC" class="tagword">群馬</a>まで直行!<br />利根川橋を渡ると、真下にテントが幾つも見えた。<br /><br />何処かで昼食を摂って行こうかと橋を渡りながら<br />ぼーっとしていると、埼玉へ戻ってしまった(汗)<br /><br /><br />ドンマイ!ドンマイ!<br />戻れば良いってことよ。<br /><br /><br />昼食を摂るために橋を戻り、会場を通り過ぎ、お店を探す。<br />バイクに乗ると、とにかく食べる!<br />乗り始めは、疲れ果てて食欲も無かったけれど、ここのところ食欲旺盛。<br /><br />突然ですが、バイクに乗ると、食べたくなるものリスト<br /><br />・ラーメン<br />・餃子<br />・肉<br />・ガリガリ君(夏限定)<br /><br />普段、お肉なんて全く食べないに等しいのだけど<br />何故か、カツ丼とか食べたくなるから不思議。<br /><br />身体が欲しがっている証拠よね。<br /><br /><br />太田市で餃子の王将を発見し、迷わず入店。<br /><br />(※注 大阪王将と餃子の王将は別物ですと、大阪人から教わる。)<br /><br /><br />店 「いらっしゃいませー!」<br /><br />さ 「餃子定食と杏仁豆腐お願いします」<br /><br />店 「かしこまりました」<br /><br />しばし待つ。<br /><br />店 「お待たせしました!餃子定食です。」<br /><br />店員さん、会計伝票を置きながら<br /><br /><br />店 「これから<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86" class="tagword">コヨーテ</a>ですか?」<br /><br />と話しかけてくる。<br /><br /><br />さ 「あっ!は…はい。」<br /><br />突然の、バイク談に驚くも、自らの格好を見れば誰から見てもバイク乗り。<br /><br />店 「私も、これから行くのですよ。良かったらこれ使ってください!」<br /><br /><br />と差し出されたのは、割引券!<br /><br /><br />「うわ~!超嬉しい!何て良い人なんだ!!<br />これぞ、バイク乗りの絆よね!バイク乗りの特権よね!!」<br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%86" class="tagword">コヨーテ</a>バンザイ!バイク乗りバンザイ!<br />と盛り上がる。<br /><br /><br />会計を済ませると、「お先に!」と声をかけ会場に向かいます。<br /><br /><br />今度は会場を通り過ぎまいと、慎重に側道を確認しつつ入場。<br />真っ先に目に入ったのは、懐かしいMさんの姿!<br /><br />「おおおおお!!Mさん。どうもーー!!!」<br /><br />こっちは覆面。目しか見えて無いのに分かってくれた。<br /><br /><br />「おおお!ちょっと待って。例のブツを持って来てるから」<br /><br />そこでブツを受け取る。<br />わざわざ、持ってきてくれるなんて感激!<br />有難うMさんヽ(=´▽`=)ノ<br /><br />他のスタッフに誘導され、会場奥へ向かうが、<br />行けども空きスペース無し。<br />奥まで行って引き返す。<br /><br />砂利道をゆっくり走りながら空きスペースを探す。<br />スタッフさんに(多分oさん)多少、ムッとしながら<br /><br />「どこも空いてないですよー」<br /><br />と言う。<br />初参加は勝手が分からず、戸惑うのです。<br />oさんゴメンナサイ…。<br /><br /><br />車でも参加可能で、特に区切りも無いので<br />川沿いの、草むらに止める事にする。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094252b39.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094252b39.jpg" alt="コヨーテ17" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />うーん。野営っぽいね!<br /><br /><br />勿論、本来の野営は熊が出たり、蛇が出たり、強盗が出たり。<br />危険極まりないのですが、キャンプ場で無い所が野営に近い。<br /><br />明るいうちにテントを張るのは鉄則。<br />明るいうちに宿を探す。コレ大事です。<br /><br />ナイフである程度、草刈りをしテント設営。<br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013050909425347a.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013050909425347a.jpg" alt="コヨーテ18" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />テント脇にバイクが停められるのは助かる!<br />V岩手の時は、会場がスキー場だった為、<br />坂道を沢山の荷物を持って登り、大変な思いをしました。<br /><br />途中で荷物を放り投げてやろうかと思ったけれど<br />荷物に当たっても仕方が無いし。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509093934dac.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509093934dac.jpg" alt="コヨーテ20" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />夜が更け、夕食の準備です。<br /><br />近くに水はありません。<br />持参した野菜類は、洗わずそのまま。<br />ナイフで無造作に切り、火で炙ります。<br /><br />「ワイルドだぞッ!」<br /><br />これが意外に美味しい。<br />フランスパンの焦げ目さえ良い味に感じます。<br /><br />火を囲んで居ると暗闇の中、Mさんが来てくれました。<br />あの暗闇で、どうして場所が分かったのか謎…。<br /><br />一緒に飲もうと誘いに来てくれたのです。<br />嬉しいじゃないですか!!!<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094345796.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094345796.jpg" alt="コヨーテ13" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />会場奥、本部前辺りには出店があり、桜塚やっくんやクールスのライブも<br />ありました。(見なかったけど(汗))<br />電源の無い場所で、節電していた為、殆ど写真を撮っていません。<br />もっと様子を見たい人は、主催者のブログでお楽しみください。(いつも人任せ)<br /><br />やっくんの控え室になっていたようですが、こんなのも売っていましたよ。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2013050909393647c.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/2013050909393647c.jpg" alt="コヨーテ21" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094343a04.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094343a04.jpg" alt="コヨーテ12" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />中も見せて頂きましたが、キッチンやシャワーもあり<br />普通の家みたい。<br />駐車場さえあればなぁ…と一瞬、思ったけど日本では無理だよね。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20130509094248120.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/i/r/o/ironiron/20130509094248120.jpg" alt="コヨーテ14" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />仕上げに堀さんのラーメンを食べる。<br />外で作るのにいつもアツアツで美味しい!<br />自身もバイク乗りなだけあり、流石にバイク乗りの気持ちを分かっていると<br />感心する。<br /><br />夜もふけ、一日目は終了。<br />夜はかなり冷え、なかなか寝つかれず。<br />足が冷えるのです。<br /><br />そんな経験から二日目にあみだした技。<br /><br />・寝袋の中にカイロを貼る。<br /><br /><br />丁度湯たんぽのような感じになり、かなりの効果がありました。<br /><br /><br />野営二日目。<br /><br />鳥のさえずりに起こされる、とっておきの朝。<br /><br /><br />前日、近場の温泉の冷水機から汲んできた水と<br />集めてきた薪で、簡単な朝食。<br /><br /><br />と…ここまで書いたら写真アップがバグった!<br /><br />続きは後ほど。<br /><br /><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop