FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
188

忘れかけの『秋探し』Part2

気づけば今年もあと少し!いやー!!驚きです。毎年思いながら、今年も着実に、懸命に生きてきたつもり(笑)山あれば、谷あり、平坦な道もあり。人生という山を何十年もかけて登ります。どんな頂上が待っているのでしょうか?「絶景かなー!」と大手を広げて登山を終えられるよう、これからも、一歩一歩を踏みしめて歩んでいきたいと思うこの頃。さてと…。「秋探し」の続編が残っておりました。今更ですが、「今年には終わらせな... 気づけば今年もあと少し!<br /><br />いやー!!驚きです。<br /><br />毎年思いながら、今年も着実に、懸命に生きてきたつもり(笑)<br /><br />山あれば、谷あり、平坦な道もあり。<br /><br />人生という山を何十年もかけて登ります。<br /><br />どんな頂上が待っているのでしょうか?<br /><br />「絶景かなー!」と大手を広げて登山を終えられるよう、<br /><br />これからも、一歩一歩を踏みしめて歩んでいきたいと思うこの頃。<br /><br /><br /><br />さてと…。<br /><br />「秋探し」の続編が残っておりました。<br /><br />今更ですが、「今年には終わらせないと!」。<br /><br /><br />前回ご紹介の「日光杉並木」は<br /><br />日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けている貴重な文化遺産で<br />樹齢390年ほどの杉並木。日光杉並木保存会もあり地元では、それなりの苦労があるようです。<br /><br />また、機会があれば訪れたいと思います。<br /><br />その先の「日塩もみじライン」。<br /><br />標高1000mを超える高原道路で、バイクは50円、普通600円。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/2014122809284996d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/2014122809284996d.jpg" alt="2014122809284996d.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />塩原温泉と鬼怒川温泉の龍王峡を結ぶ全長28kmの観光道路。富士見台の展望台からは女峰山や霧降高原など日光の景色を眺望でき、空気が澄んでいれば富士山を観る事も出来る。もみじラインと呼ばれているだけに、道路脇の木々が色づく秋の紅葉は見事だが、春の新緑、冬にはハンターマウンテン塩原、エーデルワイススキーリゾート、メイプルヒルスキーリゾート等のスキー場へのアクセスにも利用でき年間を通じて楽しめるコースになっている。<br /><br />観光案内より抜粋<br /><br /><br />バイクの通行料は50円ですよ!<br /><br />イマドキ<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><i>ごじゅうえん!!!</i></span></strong><br /><br />これは嬉しい。<br /><br />四輪に対して、バイクの良さを知らしめるようなお値段にはつい<br /><br />顔がほころんでしまいます。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141228093818476.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141228093818476s.jpg" alt="20141228093818476.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />紅葉が一斉に染まったら、圧巻でしょう。<br /><br />ただ、落ち葉は、滑るので要注意です。<br /><br />小さな落ち葉ひとつで、スリップするなんてバイクに乗るまで気づかなかった事。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141228094627e7d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141228094627e7ds.jpg" alt="20141228094627e7d.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br />もみじラインを抜けると…。<br /><br />うっしっし!誰もいないぜ。<br /><br /><br />道を独り占めしたような、こんな時は気分最高!<br /><br /><br />しばらく走ると<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141228094624faa.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141228094624faas.jpg" alt="20141228094624faa.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />マウント・ラッシュモア国立記念碑 の<br /><br />パクリ⁉︎<br /><br />景色を見ながら走っているからこその見つけ物。<br /><br /><br />うーん。。<br /><br /><br />記事が長くなりそうなので、途中を省略!<br /><br />塩原の宿泊施設も温泉付きで、意外に面白かったのです。<br /><br /><br />翌日は、地元の道の駅に立ち寄り、特産品を買い求めたり、<br /><br />牧場の馬を見学したりで、相変わらず途中下車ならぬ、途中停車を何度も繰り返し<br /><br />のんびりと帰宅。<br /><br />道の駅で出会った、バイク乗りの会話で<br /><br />「会津の山は最高に気持ちが良いんだよなー」<br /><br />という言葉がインプットされ、次は会津か?と…。<br /><br /><br />「狭い日本」だなんて誰が言い出したんだ?<br /><br /><br />バイクで走る日本は<br /><br /><br /><span style="color:#3300FF"><i><strong><span style="font-size:large;">広いんだぞーーー!!!</span></strong></i></span><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141228101807f90.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141228101807f90s.jpg" alt="20141228101807f90.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br />
186

忘れかけの「秋探し」

ここ2、3日は、かなり寒くなりました。電車内でも、咳をする人が多く、風邪を移されては大変なのでマスクは必需品です。さて、『秋深し』の続編ですが、今更ながらアップしても盛り上がらず記憶も薄れています。やはり、何事も「新鮮なうち」が良いようです。そんなこんなで、軽く終わらせようと思います(笑)4号線を北上し目的地は福島、もしくは栃木方面。10月は、さほどの寒さでは無かったものの、早朝はやはり寒い。ワックス... ここ2、3日は、かなり寒くなりました。<br /><br />電車内でも、咳をする人が多く、風邪を移されては大変なので<br /><br />マスクは必需品です。<br /><br />さて、『秋深し』の続編ですが、今更ながらアップしても盛り上がらず<br /><br />記憶も薄れています。<br /><br />やはり、何事も「新鮮なうち」が良いようです。<br /><br /><br />そんなこんなで、軽く終わらせようと思います(笑)<br /><br /><br /><br />4号線を北上し目的地は福島、もしくは栃木方面。<br /><br />10月は、さほどの寒さでは無かったものの、早朝はやはり寒い。<br /><br />ワックスコートを着込んで、丁度良い感じでした。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141207191732aad.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141207191732aad.jpg" alt="20141207191732aad.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />「道百選」にも選ばれている日光の杉並木。<br /><br />全長37km、約1万4,000本に及ぶ杉並木で国の特別天然記念物、特別史跡に指定されているそう。<br /><br />思いの外、道幅は狭く「道百選かなあ」という感じでしたが、日光らしいと言えば「らしい」道。<br /><br /><br />どちらかというと、杉並木を抜けた後の道の方が気持ちが良かったような。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201412071920019d4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/201412071920019d4.jpg" alt="201412071920019d4.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />ここから暫くは登り坂。<br />観光道路の「日塩もみじライン」へと。<br /><br />もみじラインと言われるほどなので、紅葉真っ盛りの時期は、景観を楽しめるのでは?<br /><br />と思っていましたが、実際走ってみると、とんでもない!<br /><br />小刻みなカーブが45ヶ所?、28キロにわたり、景観を楽しむ余裕などありません。<br /><br />いろは坂をこぢんまりとしたような道で、いろは坂より忙しい。<br /><br />走りを楽しむなら、かなり面白い道です。<br /><br /><br />途中、白滝で休憩。<br /><br />この日、初めての休憩でした。<br /><br />走り出すとつい、夢中になってしまいます。<br /> <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141207191958dc6.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141207191958dc6.jpg" alt="20141207191958dc6.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br />小さな滝なのですが、青空とのコントラストが綺麗です。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141207191959f65.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141207191959f65.jpg" alt="20141207191959f65.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141207194541a77.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141207194541a77.jpg" alt="20141207194541a77.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br />「白滝と味噌おでん」<br /><br />と、書かなければ真っ黒で、何だか分からず。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141207194542d25.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141207194542d25.jpg" alt="20141207194542d25.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />天婦羅蕎麦セット。<br /><br />舞茸の天婦羅は、山には付き物。お蕎麦はご当地ものだったのですが…・。<br /><br /><br />うーん。思い出せない。。<br /><br /><br /><br />いつか、続く。<br /><br /><br />
179

秋深し

日本最大のハーレーのお祭り。毎年、富士スピードウェイで開催される『ブルースカイヘブン』が正規店のお祭りとするなら毎年開催地を変えて行われる『バイブスミーティング』は、カスタムバイク系がメインと言うべきか。いや…。バイブスは、そもそも雑誌社で、バイク店では無いのだが、今や日本最大級のミーティングへと成長した。今年は近場の長野県で行われたというのに、不参加。会場がスキー場と知り、テント設営は斜面だろう... <br />日本最大のハーレーのお祭り。<br /><br />毎年、富士スピードウェイで開催される『ブルースカイヘブン』が正規店のお祭りとするなら<br /><br />毎年開催地を変えて行われる『バイブスミーティング』は、カスタムバイク系がメインと言うべきか。<br /><br />いや…。<br /><br />バイブスは、そもそも雑誌社で、バイク店では無いのだが、今や日本最大級のミーティングへと成長した。<br /><br /><br /><br />今年は近場の長野県で行われたというのに、不参加。<br /><br />会場がスキー場と知り、テント設営は斜面だろうと予想していたが、<br /><br />どうやら予想は的中したらしい。<br /><br />斜面を、テント用品一式を担いで登るのは無論、下るのも過酷。<br /><br />そんな状況下でも、文句のひとつも出ないのは見上げたものだ。<br /><br />(岩手でのミーティングも斜面で、ひとりで文句を言っていた)<br /><br />やはり、スキー場は、スキーで滑るに限る。<br /><br /><br />数年前、愛知県でのミーティングへ、下道オンリーで走り、<br /><br />根性だけで辿り着いたという思い出がよぎる。<br /><br />愛知県での開催地は常滑。<br /><br />会場の土は、粘りがあり、流石は焼き物で有名な場所であった。<br /><br />バイクの車輪が、ズブズブと土に埋まり転倒車続出(笑)<br /><br />幸い転倒は免れたが、ひとたび転倒すれば、 泥レス状態。。<br /><br /><br />毎年、様々な武勇伝が生まれるのも、このミーティングの特徴か?<br /><br />大イベントにはそれぞれ特徴があって、面白い。<br /><br /><br /><br />免許を取ったばかりの、ひよっこライダーにとって、バイクミーティングへの参加は<br /><br />見知らぬ世界への興味と、憧れ。<br /><br />その後、いつくかのイベントに参加しながら二年、三年が経ち、走りのスタイルが確立してくる。<br /><br /><br />昔から、例えばスポーツも、団体競技よりも個人競技が得意だった体質もあるのか<br /><br />団体で走るよりも少人数の方が走り易いし、大きなミーティングよりも、こじんまりとした<br /><br />キャンプを好むようになる。<br /><br /><br />大規模のイベントは、友との再会、新たな出会いなど有益な事はあるけれど<br /><br />普段、雑踏の中で生活していると、非日常の空間に身を置きたくなるのは自然なこと。<br /><br />森林の中で、夜空の星を眺めたり、焚き火の炎を静かに見ていたい。<br /><br />とにかく、ひと気の無い場所に行きたい(笑)<br /><br /><br />スナフキンのような放浪は、永遠の憧れ。<br /><br />不可能な ことだからこそ、憧れるのだろうけれど。<br /><br /><br /><br />そんなこんなで、時を同じくして、秋探しに出かけた。<br /><br /><br /><br />続く。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20141027160734e3d.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-49.fc2.com/i/r/o/ironiron/20141027160734e3ds.jpg" alt="20141027160734e3d.jpg" border="0" width="224" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />
116

日本の美

バイク旅も良いけれど、電車の旅も捨てがたい。駅弁(必須)を食べながらノンビリと車窓の景色を楽しめるのは電車ならでは。バイクで一般道を走るように、電車も殆どが普通列車。時間が、かかるほど旅の満足度は大きい。1~2両編成のローカル線がホームに到着すると、気分は一気に盛り上がる。先頭めがけてホームを走り、運転士さんの恥ずかしそうな顔を含め、記念撮影。他人の目など気にすること無く、旅先では、鉄子に変身する... <br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/tabi.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/i/r/o/ironiron/tabis.jpg" alt="tabi.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br />バイク旅も良いけれど、電車の旅も捨てがたい。<br /><br />駅弁(必須)を食べながらノンビリと車窓の景色を楽しめるのは電車ならでは。<br /><br />バイクで一般道を走るように、電車も殆どが普通列車。<br /><br />時間が、かかるほど旅の満足度は大きい。<br /><br />1~2両編成のローカル線がホームに到着すると、気分は一気に盛り上がる。<br /><br />先頭めがけてホームを走り、運転士さんの恥ずかしそうな顔を含め、記念撮影。<br /><br />他人の目など気にすること無く、旅先では、鉄子に変身する。<br /><br /><br />渋滞中の車内に居るのは、苦痛極まりないが、渋滞の無い電車は快適な乗り物だ。<br /><br />新幹線や、急行が一般的になっている時代に普通列車のノンビリさが心地よいと思っていたが<br /><br />、昔と比較すればかなり速くなっているのだと気付かされたのは、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A" class="tagword">蒸気機関車</a>に乗ったとき。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/SL15.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/i/r/o/ironiron/SL15s.jpg" alt="SL15.jpg" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/201312141113356fd.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/i/r/o/ironiron/201312141113356fds.jpg" alt="SLプレート" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br /><br /><br />旧車乗りには、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A" class="tagword">蒸気機関車</a>が好きな人が多いが、鉄の重厚感と手作り感。<br /><br />人間の操作技術で、機械を動かしているというアナログ感が魅力なのだと思う。<br /><br /><br />運行速度は確か、60キロ程度。<br /><br />30分で到着する距離を1時間近くかけて走る。<br /><br />普段なら、目線で追うのに間に合わない景色が、しっかりと目線に入ってくる。<br /><br />畑に大根が植えられているとか、線路沿いに鉄男さんが何人居たとか(笑)<br /><br />ときに車に追い越されたりするのもご愛嬌。<br /><br />発車時の汽笛も、どこか温かく、急かされているような電子音の発車メロディーは大違い。<br /><br />「ボォーッ!」と、空を突き抜けるような音とともに真っ白な蒸気が立ち上る。<br /><br /><br />運転士さんもどこか誇らしげで、子供の頃の運転士さんへの憧れは<br /><br />大人になった今でも変わらない。<br /><br /><br /><br />花盛りの春、新緑が眩しい夏、五色に彩られる秋や、一面が真っ白に雪化粧される冬。<br /><br /><br />そんな風景の中を、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A" class="tagword">蒸気機関車</a>が走る。<br /><br />いつまでも失いたく無い、日本の美。<br /><br /><span style="font-size:large;"><br />やっぱり乗り物はイイなぁ。</span><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/PAP_0389.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/i/r/o/ironiron/PAP_0389s.jpg" alt="PAP_0389.jpg" border="0" width="300" height="180" /></a><br /><br /><br />
115

あなたは何気質?

人間という生き物は、摩訶不思議。人間を観察しようという学問が心理学。「クレッチマーの体型論」というものでは、性格は大きく3つに分類される。例えば文学的な文章を書く人に多いのは「分裂気質」の人。(痩せ型、非社交的、内気、生真面目、神経質、興奮性、理想家肌、独善的、お人好し)バイク乗りは、先ず当てはまらないタイプだろう。さて、残るは「躁鬱気質」と「粘着気質」。躁鬱気質の特徴(肥満型、社交的、温和、陽気... <br /><br /><br />人間という生き物は、摩訶不思議。<br /><br />人間を観察しようという学問が心理学。<br /><br />「クレッチマーの体型論」というものでは、性格は大きく3つに分類される。<br /><br /><br /><br /><br />例えば文学的な文章を書く人に多いのは「分裂気質」の人。<br /><br />(痩せ型、非社交的、内気、生真面目、神経質、興奮性、理想家肌、独善的、お人好し)<br /><br /><br /><br /><br />バイク乗りは、先ず当てはまらないタイプだろう。<br /><br />さて、残るは「躁鬱気質」と「粘着気質」。<br /><br /><br />躁鬱気質の特徴<br /><br />(肥満型、社交的、温和、陽気、ユーモア-に富む、陰気、不活発、気弱)<br /><br /><br /><br />粘着気質の特徴<br /><br />(筋肉型、固く几帳面、熱中しやすい、秩序を好む、丁寧だが時に激怒しやすい、義理堅い)<br /><br /><br /><br />ミーティング好きは、躁鬱気質が多いような気もするし<br /><br /><br />うーん…。<br /><br />どちらも当てはまるような。<br /><br /><br /><br />たまに自己分析してみるのも面白いよね!<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/GRP_0273.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-59.fc2.com/i/r/o/ironiron/GRP_0273s.jpg" alt="GRP_0273.jpg" border="0" width="180" height="300" /></a><br /><br /><br />
    Return to Pagetop