FC2ブログ
プロフィール

さくら

Author:さくら
バイクとは無縁の生活が一転。
正真正銘の初バイクがハーレー
70年式XLCH。
41年式インディアンに乗る
日本唯一の女性ライダーでもある。
キック一蹴りに思いを込めて
下道に拘りどこまでも!

気に入って頂けたら"ρ('-'* ) ポチッ
にほんブログ村 バイクブログ 旧車バイク・絶版バイクへ
199

フレッシュ

4月に入ると、新社会人を見かけるようになった。しわの入ったスーツでも、真新しい鞄で無くても、雰囲気で何となくわかってしまう新社会人。バイクでも、免許取り立ての人は運転姿勢で分かるけれど、要するに何となくぎこちなさが感じとれるという事なのだろう。先日、相変わらずの満員電車でのこと。あまり利用の無い駅で下車する場合は「降ります!」と声をあげないと降りられないのが常。黙って降りようとしようものなら、ジロ... 4月に入ると、新社会人を見かけるようになった。<br /><br />しわの入ったスーツでも、真新しい鞄で無くても、雰囲気で何となくわかってしまう<br /><br />新社会人。<br /><br />バイクでも、免許取り立ての人は運転姿勢で分かるけれど、要するに何となくぎこちなさが<br /><br />感じとれるという事なのだろう。<br /><br /><br />先日、相変わらずの満員電車でのこと。<br /><br />あまり利用の無い駅で下車する場合は「降ります!」と声をあげないと<br /><br />降りられないのが常。<br /><br />黙って降りようとしようものなら、ジロリと睨まれるだけでなく、誰も出口を開けようとしない。<br /><br />そんな荒んだ車内での通勤は、日々相当のストレスがかかる。<br /><br /><br /><br />ある駅に、電車が停車すると、ひとりの若い女性が声をあげた。<br /><br />「すみません!降ります!」<br /><br />見たところ、新社会人のようだが、すでに満員電車の乗り方は心得ているよう。<br /><br />「すみません!すみません!」<br /><br />何度も、すみませんを連発。<br /><br />やっと、降りられたところで、彼女は言った。<br /><br /><br />「ありがとうございました!」<br /><br /><br />えっ?ありがとう??<br /><br /><br />荒んだ車内で、「ありがとう」という言葉を耳にしたのは、初めてのこと。<br /><br /><br />本来なら、出口を開けない奴らに一瞬、腹を立てて終わりではないか?<br /><br />出口を開けない奴らの方が悪いのに、そんな奴らに「ありがとう」とは。<br /><br /><br />フレッシュな新社会人に、教えられた出来事。<br /><br />荒んだ都会に染まることなく、いつまでも彼女らしさを大切にして欲しいと願った。<br /><br /><br /><br /><br />バイクでも朝は、一日で一番大切なとき。<br /><br />朝の出来事で、一日が良くも悪くもなる。<br /><br /><br />明日も、良い日でありますように。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/IMG_5277.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/IMG_5277s.jpg" alt="IMG_5277.jpg" border="0" width="400" height="299" /></a><br /><br /><br />バイク屋さんで、ご馳走になったフレッシュな今川焼(笑)<br /><br /><br />
191

こんにちは2015年

心はいつも、アメリカ大陸のように広大に! 本年も宜しくお願いいたします。さくら... <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20150101141551970.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-73.fc2.com/i/r/o/ironiron/20150101141551970s.jpg" alt="20150101141551970.jpg" border="0" width="262" height="400" /></a><br /><br /><br />心はいつも、アメリカ大陸のように広大に! <br /><br /><br />本年も宜しくお願いいたします。<br /><br /><br />さくら<br /><br />
156

WAT先輩に捧ぐ

普段、高速を使わない、さくらは勿論「MY WAY」。「何、乗ってるの?」呑み会の初めての席。隅っこに居たさくらに対して、先輩はこう話しかけてくれた。バイクに乗りたてのさくらに対して、分かりやすく、特徴を説明してくれた。聞くこと何もかもが、新鮮だった。「火を見ていると落ち着くんだよね」キャンプ場では、輪から離れてひっそりと。ビール片手に、燃えあがる炎をいつまでも眺めていたっけ。旧車の世界では、若いアイア... <br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140428152847fc0.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140428152847fc0s.jpg" alt="20140428152847fc0.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />普段、高速を使わない、さくらは勿論「MY WAY」。<br /><br /><br /><br />「何、乗ってるの?」<br /><br /><br /><br />呑み会の初めての席。隅っこに居たさくらに対して、先輩はこう話しかけてくれた。<br /><br />バイクに乗りたてのさくらに対して、分かりやすく、特徴を説明してくれた。<br /><br />聞くこと何もかもが、新鮮だった。<br /><br /><br /><br />「火を見ていると落ち着くんだよね」<br /><br /><br /><br />キャンプ場では、輪から離れてひっそりと。<br /><br />ビール片手に、燃えあがる炎をいつまでも眺めていたっけ。<br /><br />旧車の世界では、若いアイアンシャベル。<br /><br />何と無く、引け目を感じ、いつも隅っこにいたさくらを<br /><br />「何、遠慮してるんだよー。もっと堂々と中央に出てこい!」<br /><br />と、無理やり中央に誘導。<br /><br />砂利道が恐かった、ひよっこライダー時代、<br /><br />バイクを補助してくれた事もありました…。<br /><br /><br /><br />「バイクで命を落とした友人を何人も見てきた。楽しいけど危険なものだから気をつけろよ」<br /><br /><br /><br />自らも、高速で大型トレーラーに飛ばされ、瀕死の重傷を負いながらも生還した経験を持つ。<br /><br />もう乗らないと思いつつ、やっぱりバイクを買ってしまったとか。<br /><br />奥さんに黙って。しかも保険金で。<br /><br /><br /><br />いつも大らかでマイペース。先輩の優しさに、どれだけ救われたことか。<br /><br /><br /><br /><br />そんなWAT先輩が、突然、逝ってしまった。<br /><br /><br /><br /><br />先輩!早すぎやしませんか?<br /><br /><br />思いを伝える機会も無く突然、逝ってしまうなんて、あんまりじゃないですか。<br /><br /><br /><br />寂しいです。<br /><br />悲しいです。<br /><br /><br />最期は、SHOTTの革ジャン姿だったとか。<br /><br /><br />キメすぎです!<br /><br /><br />命を落とすほど、病んでいたなんて。<br /><br /><br />もう、先輩に会うことが叶わないなんて。<br /><br /><br /><br />何故、良い人ばかりが逝ってしまうのだろう。<br /><br /><br />どうでも良い人ばかりが生き残り、良い人ばかりが先に逝く。<br /><br /><br />人生とは「苦」を背負って生きていく道だというから、<br /><br />良い人は、「苦」から開放してあげようという事なのか?<br /><br /><br /><br />短い間でしたが、先輩に出会えて幸せでした。<br /><br />プライベートは、殆ど知らなかったけれど、先輩と過ごした時間は<br /><br />心の宝石箱に、収めています。<br /> <br />バイク乗りでなければ、先輩と出会う事など無かった。<br /><br />バイクに、沢山の事を教えられたように、先輩からも沢山のプレゼントを<br /><br />貰ったように思います。<br /><br /><br /><br /><br />ありがとう。<br /><br />本当に、ありがとうございました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />遅くなってしまったけれど、感謝の気持ちが天まで届きますように…。<br /><br /><br />昔の仲間と、あの世で走り回れますね。<br /><br /><br /><br />大好きなWAT先輩へ。<br /><br /><br />どうか安らかに、お眠りください。<br /><br /><br />そしていつか、会える日まで<br /><br /><br /><br />さようなら。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140428171538fe4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140428171538fe4s.jpg" alt="20140428171538fe4.jpg" border="0" width="300" height="201" /></a><br /><br /><br /><br /><br />
153

希なひと

今月の更新がなかったせいなのか、拍手数が日に日に増えておりました。「更新されたかな?」という期待を胸に、ご訪問して下さった方々へ。すっ!すみませんでした!!そして、いつも応援をありがとうございます。お詫びに、テンプレートのデザインを変えてみました。(関係ないし…)さてさて、今年の桜は、一週間ほど。元々、短い命ですが、今年は特に短かったような気がします。写真も沢山撮りましたが、あちこちのブログでアッ... <br /><br />今月の更新がなかったせいなのか、拍手数が日に日に増えておりました。<br /><br />「更新されたかな?」という期待を胸に、ご訪問して下さった方々へ。<br /><br /><br /><br /><i><strong>すっ!すみませんでした!!</strong></i><br /><br /><br /><br />そして、いつも応援をありがとうございます。<br /><br /><br />お詫びに、テンプレートのデザインを変えてみました。<br /><br />(関係ないし…)<br /><br /><br />さてさて、<br /><br />今年の桜は、一週間ほど。<br /><br />元々、短い命ですが、今年は特に短かったような気がします。<br /><br /><br />写真も沢山撮りましたが、あちこちのブログでアップされているので、省略ということで。<br /><br />それに、桜の写真ほど難しいものはありません。<br /><br /><br /><br />毎年、ここの櫻は欠かせない。<br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140416195410bef.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140416195410bef.jpg" alt="20140416195410bef.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br />靖國神社にある遊就館。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140416195413de4.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140416195413de4.jpg" alt="20140416195413de4.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />図書館に予約してから半年近く待ち、ようやく借りられた本。<br /><br />先ずは借りて、面白ければ買うというパターンなのです。<br /><br />小説というよりも、歴史書のよう。<br /><br />よくぞここまで調べあげたものだと感心してしまいました。<br /><br />感動した勢いで観た映画は、イマイチ。<br /><br />やはり、小説は小説のまま、楽しむのが一番だと思うのです。<br /><br />『永遠の0』を読んだ後の靖國神社参拝は、感慨深く。<br /><br /><br /><br />靖國だの、零戦だのを話題にすると、人によっては「右寄り」などと言う人もいらっしゃいますが<br /><br />日本人だから、靖国にも行くし、零戦の造形美にも惹かれる。<br /><br />ただ、それだけのこと。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140416195411a42.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140416195411a42.jpg" alt="20140416195411a42.jpg" border="0" width="300" height="224" /></a><br /><br /><br /><br />とはいえ、<br /><br /><br />零戦だの、蒸気機関車だのを好み、築地自転車を探し回ったり。<br /><br /><br />普段は、鉄馬に跨がっている女子(おなご)は、珍らしいのでは、なかろうか…。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140416195337839.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-70.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140416195337839s.jpg" alt="20140416195337839.jpg" border="0" width="300" height="214" /></a><br /><br /><br />
142

白い悪魔

先週末のこと。ホワイトバレンタイン!なんて浮かれていたのも束の間。ある県に出掛けたところ、大雪の影響で電車は運行見合わせとなり帰宅難民となりました。とはいえ、知人の所にお世話になれたのだけど。2日間、電車は止まり、身動きとれず。ホームには人が溢れ、タクシー待ちの乗客で長蛇の列。閑静な街が一転し、大混乱。3日目に駅に向かうと、強風で二時間遅れとのこと。「これだから地上を走る電車は不便だよね」と思いつつ... <br /><br /><br />先週末のこと。<br /><br />ホワイトバレンタイン!なんて浮かれていたのも束の間。<br /><br />ある県に出掛けたところ、大雪の影響で電車は運行見合わせとなり<br /><br />帰宅難民となりました。とはいえ、知人の所にお世話になれたのだけど。<br /><br />2日間、電車は止まり、身動きとれず。<br /><br />ホームには人が溢れ、タクシー待ちの乗客で長蛇の列。<br /><br />閑静な街が一転し、大混乱。<br /><br /><br />3日目に駅に向かうと、強風で二時間遅れとのこと。<br /><br />「これだから地上を走る電車は不便だよね」<br /><br />と思いつつ、いつ到着するか分からない電車を待つこと10分ほど。<br /><br />タイミング良く電車が到着した。<br /><br />途中、強風の影響でさらに遅れながらも、何とか東京入り。<br /><br />もうすぐ帰れるという安堵感。<br /><br />東京に戻れば、しめたもの!<br /><br />地下鉄は(地上を走る路線は別として)、どんな気象条件であろうと影響は受けない<br /><br />心強い電車なのだ。<br /><br /><br />地下鉄に乗ればあと少し。<br /><br />急ぎ足で、駅に向かうと、改札口前にホワイトボードが。<br /><br /><br />「人心事故により△駅〜◇駅の運転を見合せております」<br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;"><i>なにいいいいーーー!!!</i></span><br /><br /><br />あと少しというところで、何ということだ。<br /><br />駅のアナウンスに耳を傾けると、幸いなことに、自宅駅までは動いているもよう。<br /><br />ほっと胸をなでおろし、電車に乗り3日ぶりに帰宅した。<br /><br /><br />とんでもない週末だったけれど、考えてみれば、屋根のある家で過ごせたし<br /><br />(車内に泊まった人も数千人いたとか)、遅れていた電車にもそう待たずに乗れた。<br /><br />地下鉄の人身事故も、ひとつ前の駅だったのでセーフ。<br /><br /><br />不運だったのか、幸運だったのか?<br /><br /><br />うん!きっと幸運だったに違いない。<br /><br /><br /><br />都会に降る雪は、白い悪魔のよう。<br /><br />雪って、恐いのね。。<br /><br /><br /><br /><a href="http://ironiron.blog.fc2.com/img/20140218212339204.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-57.fc2.com/i/r/o/ironiron/20140218212339204s.jpg" alt="20140218212339204.jpg" border="0" width="300" height="240" /></a><br /><br /><br /><br />
    Return to Pagetop